2017/08/18

あと5年も待てない

●知りたいのは一般的論ではなく、我が子を伸ばす方法

最近ブログへのアクセスが増えているのは、超低出生体重児の長期的な予後に関心が高まっているからだろう。今まで出された論文などをいくつか読んでみたが、思春期の発達について触れているものがほとんどない。


当事者の一人として正直な意見を言わせていただくと、論文や報告書には、私たちの一番知りたいことがすっぽりと抜け落ちていると思う。


私たちが知りたいのは、一般的論ではない。


論文に書いてあることじゃなくて、このブログに書いてあるようなことだ。


例えば「当事者がどんな日常生活を送っているか」だ。


もっと具体的に言うと「どうしたら数学の成績が向上するのか」「どうしたら、作文が上手く書けるようになるのか」などの「方法」だ。論文や報告書では、具体的に「誰が」「いつ」「どんな」働きかけをしたからキャッチアップしたのかがよくわからない。このギャップはつまり、医療者が良いと考えていることと、私たちが求めていることの間には、大きな隔たりがあるということなんだと思う。


だから私はこんなバカバカしいブログを作ることにしたのだ。


アクセス数も徐々に増えた今振り返ってみると、意外と私の狙いは当たっていたんだと思う。


●「勉強ができない子供を伸ばす方法」に需要がある

アクセス数が増えている理由はもう一つあるだろう。


私は超低出生体重児の親なので超低出生体重児の育児や教育について書いてきたが、ブログの足跡機能を調べると、訪問者してくださるのは学習塾や教育関係のお仕事をしている方が多いことに気づく。



累計で370万部を突破した「英検3級をひとつひとつわかりやすく」の解説をする、人気講師の山田暢彦先生


初めはアフィリエイトのためなのかと思っていたら、どうやらそうではないみたいだ。少子化の影響なのか、超低出生体重児などとは関係なく、勉強ができない子供を伸ばす方法に世間の関心が集まっているようだ。


例えば、書店に行くと今は2通りの参考書が山積みされている。1つは、私が学生時代から変わらない、授業が物足りない学生向けの参考書だ。私が注目したのはもう1つの参考書だった。私が学生時代にはあまり見かけなかった「できない子供の成績を伸ばす」ための参考書が売れていることだ。例えば、今日ブログで紹介した『英検3級をひとつひとつわかりやすく』という参考書。どこの書店でも山積みされていて良く売れている。


私が知りたいのはこうした「実践的なノウハウ」なのだ。


●根拠は「かもしれない」「だとされている」

私には危機感がある。今は、「超低出生体重児」で生まれたというと、「発達障害かもしれない」という疑いの眼差しでみられることだ。勉強ができないからイコール「発達障害」という訳ではないのに、なぜか年々そういう流れが強くなっているようだ。そうされていく理由の一つは、専門家の書いた論文や報告書に、「発達障害が多い」と書かれているからだと思う。


だから転送メールのようなことが起きてしまうんだろう。


今から10年ぐらい前だった。初めて長期予後の論文を読んだ時に私は暗い気持ちになった。「いじめられる」「成績が悪い」「中退」などの文字が並んでいるからだ。その他の報告書などを読んでみたけれど、内容は似たり寄ったり。


その時に私は誓った。


「よ〜し!こんなに悪い、悪い、と書いてあるなら頑張って、変えてみよう!」


私がどうしても納得できなかったのは、友人の医師が、「この子は発達障害ではない」と言い続けてきたからだ。


●私の「嫌悪感」なのか?

そうそう、ある「ジャーナリスト」が、私のブログを読んで以前、意見を送ってきたことがあった。


「あなたの中には、精神医療に対する強い嫌悪感があるんじゃないですか?」


その方は精神障害者の方々の支援活動をしているそうで、「(私の知っている精神障害者の方々が)精神医療の誤診や薬害で精神の病が悪化し混乱した末に、意に反して精神障害者というカテゴリーに入った人々だとしても、その多くは今は、精神障害者であることを受け入れ自分に誇りを持って生きている」と、私の姿勢を批判するメールを送ってきた。


何を言いたいのかぜ〜んぜんわからなかった。私が問題にしているのは病気や障害とする、明確な根拠が「ある」か「ない」かだから。


そこで私が「それではもしも『精神障害』ではなく、『心臓病』ならどうですか?同じことが言えますか?病気じゃないのに、もしも手術をされたらどうですか?誇りを持てるはずなどないでしょう」と言うと沈黙してしまった。


この「発達障害」がもしも「心臓病」や「小児がん」だったら、こんなことは起こらないだろう。


実はある研究者が、息子の症例を英語の論文にまとめると言ってくれている。


超低出生体重児の長期的予後に関しての論文には、キャッチアップについて深く掘り下げたものが見当たらないからだ。その研究者はたとえ1例でも、そこそこのインパクトがあるんじゃないかと言っていた。


でも、書いてくれるのは息子が成人した後…。そうするとあと5年はかかる。


先日、A先生にはそのことを伝えた。


息子はなんとかメドがたってきたけれど、それでいいとはとても思えないからだ。後に続く方々のことを考えると、小児がんの議論のように法律の専門家を交えて子供の人権についても話し合って欲しい。
2017/08/15

超低出生体重児と『空間認知能力(空間認識能力)』 『空間認知能力』が低いから、算数ができない?

●超低出生体重児 算数が苦手なのは『空間認知能力』が低いから? いくら訓練しても、できるようにならない?

今から4、5年前だった。


息子と同い歳の超低出生体重児を育てているお母さんが私にこう言った。


「(超低出生体重児は)算数ができないのは仕方がないんだってね。子供の発達を診ている先生が「『空間認知能力』が低いから、計算ができないんだよ」と言っていたの。いくら訓練しても追いつけないんだってね。だから私は、算数ができないのは仕方がないと最近諦めているんだ」


超低出生体重児の発達(長期的な予後)は一般的に、生まれた週数や体重に左右されると言われている。そのお子さんは、息子よりも週数も体重も上だから私は羨ましく思っていた。


その上そのお母さんは私よりもお子さんの教育にも熱心で、幼児教室にも通わせていた。一度そのお子さんが描いた絵をみたことがあるけれど、息子が描いた絵とは大違い。遠近法を取り入れ、細かな描写も上手で、幼稚園児の描いた絵とは思えないほどだった。


私はその話を聞いた時、いつかみた上手な絵を思い出し、自分が小学校受験をした時のことを思い出した。


その医師がお母さんに言ったという『空間認知能力』という言葉に、思い当たることがあったからだ。私が受験した頃から小学校受験では、絵を描く能力が重視されていたのだ。だからその発達検診医の言ったことは本当だと思った。


●『空間認知能力』と算数の成績

『空間認知能力(空間認識能力)』とは、物体の位置・方向・姿勢・大きさ・形状・間隔など、物体が三次元空間に占めている状態や関係を、すばやく正確に把握、認識する能力のことで、スポーツや芸術の才能に直結すると言われている。突き詰めていくと物事の本質を見抜く能力につながるそうだ。


その頃の息子は何をやっても同級生にかなわなかった。


息子は山歩きをしても、小さな小川すら飛び越えようとしない。私も以前から息子の『空間認知能力』が低いことは気になっていた。


その医師の言葉は、私にも突き刺さった。あんなに上手な絵を描くお子さんのお母さんが「諦めている」と言うんだから、ショックは大きい。「やっぱり、小さく生まれたから諦めないといけないことが色々あるんだ」な〜んて思ってしまった。


ところが、だ。


最近夫に言われた。


●子供の『空間認知能力』は変わる

「超低出生体重児だから『空間認知能力』が低い!?子供の『空間認知能力』は変えられるんだぞ。だいたい『空間認知能力』が低ければ、スキーが滑れるはずがないじゃないか!」


確かに夫の言う通りだった。


息子は最近、中・上級者コースを時速60㎞ぐらいで飛ばすようになった…。夫が危ないから「ちゃんと曲がりなさい!」と注意しても、平気でスピードを出して滑ってしまう。


2017-8-15-1.png


あれっ!?


そう言われてみると確かにおかしい。


●乗り物が好きだから、地図をみるのが好きになる

電車やバスなど、乗り物が好きだから、地図をみるのもいつの間にか得意になっている…。


息子にはお古のパソコンを使わせるが、スマホは持たせていない。だから1人で遠くに出かける時には、地図を印刷し持っていく。バスや電車の路線図や時刻表を調べて、1人で何度か出かけるうちに自然と能力が高まったようだ。最近は、私と2人で出かける時にはあらかじめ下調べをし案内してくれるようになった。


●中学の数学 立方体の展開図が理解できるように

そうそう、中学に入ったばかりの頃は、数学の立方体の展開図がわからなくて四苦八苦していた。


あの時も、「小さく生まれたからできないのか」とがっかりした。


2017-8-15-2.png


でも、その展開図も、最近夫がサイコロキャラメルを買って分解して見せたら、あっという間に理解できるように。


●私が知りたいのは『できるようにする方法』

なんだ。働きかけ次第で、未来は変えられるんだ。


私が知りたいのは『できるようにする方法』。なんで専門家は『方法』を教えてくれないんだろう?



超低出生体重児の予後に関することって、いつもこんな感じ。


なんで『迷信』というか『都市伝説』のようなことが、まかり通っているんだろう!!


こういうことをブログに書くと、今度は「算数をできるようにするには、スキーなどのスポーツをすればいい」という専門家がでてきそうで怖い。超低出生体重児だけでなく、子供の発達や成長とは、そういう短絡的なことではないと思うのだ。



2017/08/13

「『プレ金の経済効果5000億円』と試算のシンクタンクが解散」というニュースを読んで ロビイストには書けない手紙 後編

●『先生は、新日本パブリックアフェアーズという会社をご存じですか?』


とても失礼なことを、私はストレートに尋ねた。失礼だとはわかっていても、誰も本当のことを教えてくれないから、真実を知るにはこの方法しか思いつかなかった。


私がその先生に「先生が関わっていらした、小児がんの啓発活動にもロビイストが関わっていたんですか?」と尋ねると、こうおっしゃった。


「私は知りません」


私は先生に謝罪し、なぜそんな失礼なことを訪ねたのか正直にお話しした。


その先生がA先生だ。

2017-7-12.png

(※ A先生にいただいた名刺の裏側に印刷されていた文字)
Care Children,Cure Cancer !
病気でも〝子供らしく″生きられる社会に !



●ロビイストには、書けない手紙

だから、私のために一生懸命考えて、昔お世話になったB 先生にお手紙を書いてくださったんだと思う。


正直にいうと、今まで、プロのロビイストが関与するがんの啓発活動を羨ましく思ったこともあった。でも、A先生が書いてくださったお手紙を読んだ時にその気持ちは吹き飛んだ。


ロビイストには、絶対に書けない文章だと思ったからだ。



A先生はきっと忙しいお仕事の合間に、私の書いたものすべてに目を通してくださって、考えてくださったのだろう。


たまたま今日、『新日本有限責任監査法人』に関するニュースを見つけた。子宮頸がんワクチンのロビー活動を行なった、『新日本パブリックアフェアーズ』は、『新日本有限責任監査法人』グループの傘下の会社だ。


『新日本有限責任監査法人』は、東芝の不正が発覚する前までは、日本の名だたる大企業をクライアントに抱えていた。それこそ飛ぶ鳥を落とす勢いだった。

◇  ◇  ◇
東芝不正許した新日本監査法人、存亡の危機…顧客が雪崩的に契約解除の動き 東芝級の新たな不正か 2016.04.26 Business Journal
2017-8-12-1.png
◇  ◇  ◇

それなのに、今、新日本有限責任監査法人 新日本パブリックアフェアーズを検索すると、このブログのある記事が上位に表示される。


これはもう、子宮頸がんワクチンのロビー活動が失敗したということじゃないかと思う。怪しまれないようにするのがプロの仕事だと思うからだ。


でもニュースによると『プレミアムフライデー(プレ金)』でもまた同じ失敗をしたようだ。


そろそろこういう方法は、終わりにしたらいいのに。


プレミアムフライデーは何がいけなかったのか (1/3)
プレミアムフライデー(笑)。今となっては、口にするのも恥ずかしい。これほど皆がこの施策にノッてこれないのは筋が悪かったからではないだろうか。いや、そもそもムリゲーだったというのが、私の見解である。



皆の心が離れていることに、気づいたらいいのに、と思う。

◇  ◇  ◇
「プレ金の経済効果5000億円」と試算のシンクタンクが解散 2017.08.07 16:00 ニュースポストセブン

月末の金曜日は仕事を早く切り上げて、豊かな週末を過ごす──。個人の消費拡大と労働時間短縮を狙い、経済産業省の旗振りで2月から始まった「プレミアムフライデー(プレ金)」。

鳴り物入りで始まったキャンペーンに「金曜の15時に退社できるのは公務員くらいしかいない」といった冷ややかな声も出るなかで、開始早々〈経済効果は5000億円超〉という試算を発表したのはシンクタンクの「EY総合研究所」だ。同研究所は新日本有限責任監査法人の傘下で2013年に設立された。

〈消費需要額の増加(1年分)を試算したところ、3253億円となった。それを前提にすると、経済効果(生産誘発額)は5099億円、付加価値誘発額は2534億円となった〉と景気の良い予測をぶち上げていた同研究所は、文部科学省の「スポーツ新事業開拓に関する調査研究事業」や、金融庁の「諸外国における家計の安定的な資産形成の促進に向けた政策的取組みに関する調査研究」といった、官公庁の調査を請け負った実績のある“霞が関御用達”シンクタンクであった。

ところが、プレ金開始から半年、6月末にEY総合研究所は「株主総会の決議により解散」したのだ。“5000億円超の経済効果”のお墨付きはどうなったのか。

「測り方によって何十億か何百億かの経済効果はあったかもしれませんが、そもそもプレ金を導入している企業は1.8%で、98%の企業のサラリーマンには関係ありません。バレンタインやハロウィンのような文化を国民のイベントとして定着させたいという経済界の狙いがあったのでしょうが、働き方改革をイベントにしようとするのは無理がある」(経済評論家の平野和之氏)


全然経済効果がなかったから解散になったわけではあるまいが、念のため新日本有限責任監査法人に取材すると「グループ全体の組織のスリム化を図るため」(広報)というのみ。プレミアムフライデーは半年もしないうちに“死語”になりつつある……。

※週刊ポスト2017年8月18・25日号

◇  ◇  ◇
2017/08/12

「『プレ金の経済効果5000億円』と試算のシンクタンクが解散」というニュースを読んで ロビイストには書けない手紙 前編

●『子宮頸がんワクチンのロビー活動』 周産期の著名な医師よりも、私の方が詳しい!?


パブリック・アフェアーズ戦略パブリック・アフェアーズ戦略
(2013/05/02)
西谷 武夫

商品詳細を見る


先月あるメディア関係の方が教えてくれた。その方は、私のブログ記事を、ある著名な医師に紹介したそうだ。我が国を代表するような、名医であるその先生は、私が何年もかけ調べてきたワクチンなどの『メディア戦略』に関心があるという。


『医療志民の会』について 『がん対策基本法』から『医療志民の会』そして『公費助成運動』『医学部新設推進』へ

『HPVワクチン』を推進した任意団体と『牧本事件』

私が探し続けてきた人は、新日本パブリック・アフェアーズの座間恵美子氏か?


私は少し驚いた。その先生は周産期医療ではとても有名だ。それなのに、子宮頸がんワクチンのロビー活動について詳しいことをご存知ない。驚くことに、私の方がよく知っているというということだった。


なるほど。


だから『パブリックアフェアーズ戦略』は別名『見えないビジネス』なのか、と改めて思う。





私は「騙された感」が未だにぬぐいきれない。

◇  ◇  ◇
「見えないビジネス」を教育から排除しよう
子宮頸がんワクチンの真実!主役はロビイストとPR会社?

寺島
ワクチンの承認とか定期接種化、これはやはりロビイストの活動、これが大きく効果があったということですか?


平井
はい。「大きかった」とは言えると思いますね。働きかけるプロですから。いろいろな市民団体を作ったり、患者団体にお金を出すということも間に入ってコーディネートしたりとかしているらしいですし、勉強会をやったりシンポジウムをやったりとかメディアを使ったりとか、本当に上手い、宣伝のプロであり、黒子でもあるんです。見えないビジネスの一つなんじゃないですかね。

◇  ◇  ◇

そしてもう一つ。偶然なことに、このロビー活動に関係する出来事があった。


かれこれ7、8年以上、知りたくてたまらなかったことを、知るチャンスがとうとう訪れたのだ!


●『子宮頸がん』ワクチンのロビー活動と『小児がん』の啓発活動 どこからどこまでが、プロのロビイストの仕事なのか?

子宮頸がんワクチンのロビー活動が活発に行われていた2009年頃、小児がんの啓発活動も盛んに行われていた。


例えば、小児がんの啓発活動『レモネードスタンド』を、日本のテレビ局が取り上げ出したのも同じ時期だった。





私は夫が研究などのお手伝いをさせていただくこともあったから、もともとがん治療に関心があった。私自身は、患者や家族でもないけれど、『レモネードスタンド』を取り上げたテレビ番組を何度もテレビでみたし、乳がんの治療薬開発をテーマにした『希望のちから』という映画のDVDを買って、今でもiPhoneに入れて持ち歩いている。





NHKのクローズアップ現代で取り上げた『小児がんの晩期合併症』をブログに文字起こししたのも、純粋に関心があったからだ。


だから啓発活動などをお手伝いするようになって、いつのまにかロビー活動に迷い込んでしまったんだろう。


プロのロビイストが考えた『パブリックアフェアーズ戦略』とは、簡単にいうと、私のような市民を利用し、社会運動や社会貢献のようにみせかけ、『ビジネス』を盛り上げていくのだ。社会にとって必要であったとしても、『ビジネス』であることに変わりはないのだ。


しかもロビイストは黒子に徹し仕事をするため、「私はロビイストです」なんて言わない。よ〜く、みていかないと誰がロビイストなのかはわからないのだ。


マスコミの方には、「ロビー活動に詳しい」と紹介していただいた私だけれど、ハッキリと、どこからどこまでがロビー活動だったのか、よくわからない。だから未だに誰かに出会うたびに「この人はロビイスト?」と疑う自分が嫌になる。


でも今年の夏の初めだった。小児がんの治療に関わってきたある先生に、直接尋ねる機会が訪れた。


続く

2017/08/09

『超低出生体重児』と数学 どうすれば数学の成績が向上するのか? 後編

●最後の難関、どうすれば数学の成績が上がるのか? 

でも数学は…。なかなか思うように成績が上がっていかない。私自身、数学が苦手なため、上手く教えられない。テストの成績が悪いと「もしかしたら障害があるのかも」と、思ってしまうことも。


ところが中学2年生の2学期頃からだった。息子は「できるようになりたい」と思い始めたようだ。それまで授業や宿題でわからないところがあると、答えを赤ペンで丸写して提出したり、夫に教えてもらっていたのに、先生に質問しに行くようになった。


●数学ができる人と、できない人の違い

でも最近の中学生はやることが多くて忙しい。(課題などがたくさん出るから)それなのに家で勉強をする時間は限られる…


いちいち質問していると時間がかかりすぎるから私は、「お父さんに教えてもらえばいいじゃない」
と息子に言ってしまった。


すると私たちのやり取りを見ていた夫に怒られた。「数学は時間がかかっても、一つ一つ、理解できるようにすることが大事」だそうだ。「数学ができる人は、そうやって勉強するからできるんだ。できるようになってきているから、問題を解くことが面白いと思い始めているんだろう」と言われた。


そんなことがあるのかと思っていたけれど、春休みに入ると今度は宿題として出された問題集を一生懸命やるようになった。80ページ以上あるので、最後まではできなかったが、ほぼ自力で頑張っていた。今までは途中で投げ出していたのにすごい変化だ。


さらに今回の夏休みの宿題は、休みの前から頑張り、8月の初めに最後まで終わらせた。


私が「英語と同じように、よくわからない問題を、ピックアップしてノートに写して、もう1度か2度、解いてみた方がいいんじゃない?。数学はできなかったから今までほとんど、復習まで手が回らなかったでしょう?だからテストで点が取れないんじゃない?英語のように復習まできちんとしたら、成績も上がるかもしれないよ」と言ったら、本当にやっていた。


試しに、6月の東京都の学力調査テストをもう一度やらせた。すると20点以上点数が上がった。今まで基本的な計算問題が完全に解けなかったから、最低限の点数が取れなかったようだ。


私はなかなか成績が向上しない息子のために、テスト問題などを分析し、研究したのだ。実は、こういった受験者数の大きい数学のテストは点数を取らせるために、工夫されている。応用問題が解けない学生のために、基本的な計算問題で、40点から50点くらい取れるように配慮してあるのだ。(難関校の入試問題を除く)


●『超低出生体重児』には、勉強のアドバイスができる専門家が必要なのでは?

できない時には、ただ勉強時間を増やしたり、応用問題まで手を伸ばしたりしがちだけれど、実は成績を上げるのはその反対で、基本をバッチリ頑張ることなんだと思う。


ちなみに、私がブログに書いた勉強法は、こちらのプロがすすめる指導法とほぼ同じ。


数学を勉強するすべての人へ 中学数学が苦手になる原因と対策

オール5中学生の勉強法 数学の最初の1歩

落ちこぼれの私が、数学を得意になったわけ ダイアモンドオンライン


現在、一般論として『超低出生体重児』は、「勉強ができない傾向にある」と結論付けられているようだ。でも、だからといって、全てのお子さんがそうではないだろう。中には夫がいうように自力で階段を登り始める子供たちがいるだろう。


私が不安に思うのは、子供の可能性を見抜ける専門家ばかりじゃないということだ。そして現実問題として、成績が悪い期間が長く続くと、子供と親も「できない」と思い込んでしまうんじゃないかと思う。チャレンジする前に諦めてしまうかもしれない。


私はやっぱり、『超低出生体重児』は数学ができない傾向にある、ということがわかっているなら、勉強のアドバイスができる専門家が必要だと思う。


●小児がんの専門医A先生から届いたメール

昨日、小児がんの専門医A先生からメールをいただいた。ある大学病院にいらっしゃる新生児科のB先生に、私が書いた文書を送ってくださるという。その時に、A先生が私のために書いてくださったお手紙を「念のため読んでください」ということだった。


小児がんの晩期合併症と、超低出生体重児の長期予後 病気でも〝子供らしく″生きられる社会に


私はお手紙の内容に感激した。先生が私のために言葉を選んで考え、書いてくださったことが伝わってくるからだ。B先生に、と考えた理由にも触れていらした。B先生は私と同じように、小児がんの晩期合併症に心を痛めていらしたそうだ。

◇  ◇  ◇
NHK クローズアップ現代 『~小児がん 新たなリスク~』 その1

●お笑いの道も諦め、仕事もなく人生に絶望する

2016-5-12-32.jpg

骨髄移植を受け、白血病の治療は上手くいきました。しかし、副作用に苦しみ、相方にも迷惑をかけられないからと、お笑いの夢をあきらめました。その後、自分の治療費を稼ごうとアルバイトを探しましたが、病気を抱えた政人さんを受け入れるところはありませんでした。去年8月政人さんは部屋で自ら命を絶ちました。遺書にはこれ以上、家族に負担をかけくないと記されていました。
◇  ◇  ◇

数学のテストの点数1つ取っても侮れない。もしも点数が大幅にアップしたら、進学できる学校の選択の幅がぐんと広がる。つまり将来の可能性も広がるかもしれないのだ。


どうなるかわからないけれど、『超低出生体重児』の就学問題が前進していけばいいと思う。