2017/05/26

疑惑の『水口病院』のその後 実名報道とジャーナリズム 

●日本経済新聞に『水口病院』の続報が掲載される


「中絶 違法な手術なくせ 認識不足背景に 無指定医が執刀・入院設備不備」 日本経済新聞2017年5月25日
2017-5-26-0.png


昨日、5月25日の日本経済新聞の朝刊を開いたら、『水口病院』の続報が掲載されていた。警視庁は今年3月、母体保護法に基づく指定医の資格がないのに中絶手術をしたとして、水口病院に勤務していた医師2人を業務上堕胎容疑で書類送検した。あれからどうなったのかが知りたかった。


こちらはネットで配信されている記事だ。

◇  ◇  ◇
違法な中絶手術なくせ 医師の認識不足が背景  2017/5/25 0:43日本経済新聞 電子版

法令などに違反した人工妊娠中絶手術が相次いで表面化している。東京都武蔵野市の病院では母体保護法に基づく資格がない医師が22件の手術をしたことが発覚。横浜市の病院は十分な入院設備がないのに手術をしていた。中絶手術に対する医師の認識不足が背景にあり、日本医師会は講習会などで法令順守の徹底を呼びかける。

◇  ◇  ◇

記事によると、2人は調べに「院長に指定医の資格があれば自分もしていいと思った」と説明したため、捜査幹部が「産婦人科医にもかかわらず、母体保護法に対する理解が乏しすぎる」とあきれているのだそう。それもそのはずで、水口病院の2人の医師が行った違法手術は、2016年5月から9月までの4ヶ月間だけで22件にも上るというから私も驚く。


それでは問題になっている母体保護法とはどんな法律で、何のためにつくられたのだろう?


おさらいのために引用させてもらおう。「中絶について、経済的な理由などで妊娠の継続や出産が困難な場合に限って求められるという規定。担当医は地元医師会から指定を得るよう義務付けている。医療事故や安易な理由で中絶の横行を防ぐ狙い」があるそうだ。


ただ、全国にいる約1万人の産婦人科医のうち、中絶手術ができる指定医は全体の66%にとどまるそうだ。指定医をとらない理由は、「中絶手術をしたくないから」が最も多いという。(昨年12月のフライデーに掲載された、「年間20万件も行われている中絶手術を、1000人足らずの指定でこなせるはずがありません。そんな実態を無視して私どもをスケープゴートにした」という実質上の経営トップ吉田文彦氏の弁明とは食い違う)


●水口病院の問題に関心を持ったきっかけは、医療ジャーナリスト熊田梨恵氏の取材

ところで、私がこの『水口病院』の疑惑に関心を持ったのは、ブログで何度か触れたように、医療ジャーナリストの熊田梨恵氏の取材を受けたからだった。


取材後、熊田氏と何度かやり取りをしていくうちに、なんとなく彼女の姿勢に疑問を持ったのだ。ネットで熊田氏の過去の仕事を調べてみると一枚の写真がヒットした。熊田氏と水口病院の問題の理事長代行が2人で映る写真だ。どうやら熊田氏はかつて水口病院の広報として働いていたらしい…。そこで水口病院について調べていくと疑惑がいろいろある。


あるジャーナリストの名刺に記載された肩書きと住所の謎 疑惑の『水口病院』


●問題の本質は?

しかしネットに書かれている以上のことは私にはわからなかった。


大きく動いたのは昨年12月6日。医療ジャーナリストの伊藤隼也氏とフジテレビ、みんなのニュースが、スクープとして取り上げたのだ。


疑惑の『水口病院』 取材のきっかけは10年前の内部告発


当初はご遺族に同情する声が多くきかれたが、水口病院から抗議声明が出されると一変した。ご遺族や報道に対するバッシングが増えていった。


疑惑の『水口病院』 『エバハート事件』報道とフジテレビ 遺族はお金のために告発するのか? その1


バッシングが続く中で、私の心が痛んだのは、ごく親しい人しか知り得ない情報がネットで拡散された時だった。ネットではもうずいぶん前から、病院が情報操作をしているんだという噂があったが、真実はわからない。ただ、ご遺族の訴えには、反発もつきものだし予想はしていたけれど…、正直「ここまでされないといけないの?」といたたまれなかった。


疑惑の『水口病院』 水口病院のウェブサイトのドメイン登録者の謎 その1


この問題の本質は、記事のタイトルにあるように「(医療側の)認識不足」なのに。「産科の医療崩壊が加速するから」といって本質をみようとしない医療者も少なくない。亡くなった女性の個人的な事情を持ち出してまで、遺族側にも問題があるんだという医療者に、私はさすがについていけなかった。命に向き合うには「ならぬことはならぬ」という厳しさだって必要だと思うからだ。


このまま理事長代行の思惑通り「報道が悪い」「ご遺族は画策グループの手先」でウヤムヤに終わっていくのかなぁ。それでは、亡くなった女性だけでなく、先代の名医だったという院長先生も救われないんじゃないかとがっかりした。


◇  ◇  ◇
疑惑の『水口病院』 フライデー 無資格中絶死事件 水口病院は「死者が理事長だった!」を読んで その1

フライデー 無資格中絶死事件 水口病院は「死者が理事長だった!」 – FRIDAY(フライデー) 2017年 1/6・13合併号 2016年12月22日発売
2016-12-24.png
水口病院の関係者の話

「吉田は創業者の長女の亭主。医者ではなく、司法書士です。それが10年ほど前に2代目が病死したのを機に経営に介入。2代目には医者の息子さんがいましたが、吉田に追い出されたそうです。病院とは無関係の知人を理事長に据えて病院の実権を握った吉田は、待合室をアールデコ調にするなど、院内をゴージャスに造り替えました。歴代院長は誰も理事長と会ったことがないはず」

◇  ◇  ◇

●女性や胎児の命を扱う自覚をしっかり持つよう促したい

だから昨日、日経新聞を最後まで読んだ時、私は嬉しくなった。世の中には命に真摯に向き合う医師達がいるようだ。記事の最後はこのようにまとめられていた。

◇  ◇  ◇
医師会が対策

日本医師会は今年2月、「母体保護法検討委員会」を設置。全ての産婦人科医が指定医の資格を取るよう促す通知を早ければ6月に出す。指定医向けの講習会でも法令遵守の徹底を改めて指導するという。同会の今村定臣・常任理事は「女性や胎児の命を扱う自覚をしっかり持つよう促したい」と話している。

◇  ◇  ◇

●実名報道とジャーナリズム

以前書いたように私は熊田氏の『救児の人々』という本から、自分の章を削除してもらうかギリギリまで悩んだ。削除となると、出版社に負担がかかるからだ。


医療情報誌『集中』出版の不思議 その7 真実が知りたい ワクチンのプロモーションと『牧本事件』


どんな説明でもいいから、私は受け入れるつもりだった。熊田氏にはとにかく利益相反や、実名報道した理由などを説明して欲しかった。それをするのが「ジャーナリスト」だと思うからだ。


でも残念ながら、最後まで説明はなかった。


今でもモヤモヤした気持ちはなくならない。ただいえるのは、この時の経験がなければ、私はブログをはじめなかっただろう。昨日も弁護士さんに会いに行った。こうやってメディアをはじめ、いろいろな所に出かけて、様々な立場の方にお目にかからなかったはずだ。


ブログを書いて良かったと思えることがある。


水口病院の件では、水口病院で以前働いていた方から、先代の院長先生を気づかうコメントが届いた。牧本事件について書いた時には、牧本敦医師と一緒に働いていたという方だけでなく、牧本医師の患者さんのご家族、そしてご友人という方からも、心のこもったコメントが届いた。今もたまに届く。


たぶん、私の中には今でも割り切れぬ思いがあるのだろう。


心のこもったコメントをいただいたり、良い方向に変わっていくんだな、と実感できると、心が癒されるからだ。


実名報道は、社会的インパクトを与えるためだけにあるんじゃないと思う。バッシングされるんだったら、やっぱり世の中が良い方へ変わって欲しい。私は報道やジャーナリズムって、伝えるだけなく、そのためにあるんだと思っているから。


※「水口病院についての報道」というカテゴリーをつくり、一連の報道をまとめました↓

水口病院についての報道
2017/03/31

疑惑の『水口病院』 医師ら3人書類送検へ 無資格中絶手術で妊婦死亡 

●医師ら3人が書類送検

昨年末話題になった、あの『水口病院』の続報があった。

◇  ◇  ◇
フライデー 無資格中絶死事件 水口病院は「死者が理事長だった!」 – FRIDAY(フライデー) 2017年 1/6・13合併号 2016年12月22日発売
2016-12-24.png
◇  ◇  ◇

私が7年近く追い続けてきた問題だ。


あるジャーナリストの名刺に記載された肩書きと住所の謎 疑惑の『水口病院』


昨年末ご遺族が、業務上堕胎容疑で医師を警視庁武蔵野署に告発していたが、結局、書類送検されたそうだ。

◇  ◇  ◇
無資格中絶容疑で医師送検=手術の23歳女性死亡-警視庁 時事ドットコムニュース 2017/03/30-12:12

東京都武蔵野市の産婦人科「水口病院」(1月から休院)で中絶手術を受けた女性=当時(23)=が死亡した問題で、警視庁捜査1課は30日、資格がないのに中絶手術をしたとして、業務上堕胎容疑で、いずれも医師の男(58)と女(34)を書類送検した。2人は「院長が資格を持っていれば、自分も手術できると思った」と供述している。

無資格中絶、医師を告発=23歳女性死亡で遺族-警視庁

送検容疑は2016年5~9月、母体保護法に基づき中絶手術が例外的に許可される「指定医」に都から認定されていないのに、死亡した女性を含む計22人の女性に施術した疑い。

同課によると、死亡した女性以外に体調不良を訴えた人はいなかった。女性は妊娠5週目の16年7月に医師の男から手術を受け、6日後に西東京市の自宅で死亡した。解剖などの結果、死因は急性心機能障害で、手術との因果関係は認められなかった。 

都は同病院に対する立ち入り検査を複数回実施。医師の男は同年10月末で病院を退職し、遺族や都が同12月、警視庁武蔵野署に告発していた。

◇  ◇  ◇

水口病院といえば、フライデーや週刊文春の取材に「(遺族の告発は)結局、画策グループの手先で金銭的に買収された」なんておっしゃってしまう、あのワンマン理事長代行がいらっしゃる。もちろんご遺族の主張を全面的に受け入れているわけではない。


NHKニュースが、ご遺族と『水口病院』の主張を併記して掲載していたので引用する。

◇  ◇  ◇
医師会の指定受けず中絶手術 医師2人書類送検 3月30日 12時47分 NHK

東京・武蔵野市の産婦人科病院の医師2人が人工妊娠中絶の手術に必要な医師会からの指定を受けずに執刀していたとして、警視庁は2人を業務上堕胎の疑いで書類送検しました。この病院をめぐっては、手術を受けた女性が6日後に死亡し遺族が執刀した医師を告発していましたが、警視庁によりますと、死亡と手術との関係は無かったということです。

書類送検されたのは東京・武蔵野市の産婦人科病院、「水口病院」で非常勤として勤務していた58歳の男性医師と34歳の女性医師の2人です。

警視庁の調べによりますと、2人は中絶手術に必要な法律に定められている東京都の医師会からの指定を受けていないにもかかわらず、去年9月までの4か月間に合わせて22件の人工妊娠中絶手術を執刀したとして、業務上堕胎の疑いが持たれています。

この病院をめぐっては、去年7月、この男性医師が執刀した中絶手術を受けた当時23歳の女性が体調が悪化して6日後に自宅で死亡し、遺族や東京都からの告発を受けた警視庁が捜査していました。その結果、2人が指定を受けないまま手術を繰り返していたことがわかり、書類送検したということです。

警視庁によりますと、調べに対し2人はいずれも「院長が資格を持っていたので、手術できると思っていた」などと話しているということです。一方、警視庁は女性の死因についても捜査を進めましたが、警視庁によりますと、死亡と手術との関係は無かったということです。

病院の弁護士「無指定医の手術 申し訳ない」

「水口病院」を運営する医療法人財団の弁護士はNHKの取材に対し、「指定を受けないまま専門医が手術をしたことについては、病院のホームページに掲載しているとおり申し訳ないと思っている。一方で、女性の死亡と手術に関係はないと判断されたことは従来からの主張が認められたと考えている」と話しています。弁護士によりますと、病院はことし1月から診察などを行っておらず、再開の見通しは立っていないということです。

死亡した女性の夫「真相解明を」

手術を受けたあとに死亡した女性の夫は「指定医師ではないと知っていれば、妻も私も中絶手術を承諾するはずがありませんでした。検察官には厳正な捜査のうえ、厳しい処分を下すことを求めます。今でも大切な妻を失った悲しみが消えることはありません。なぜ、こんなことが起きてしまったのか、これからも真相解明に向けて、できるだけのことをやっていきたいと思います」というコメントを出しました。

遺族の弁護士「死亡と手術 関係なしは早計」

「水口病院」の医師らが書類送検されたことについて、手術を受けたあとに死亡した女性の夫の弁護士はNHKの取材に対し、「女性の死亡が手術によるものではないという結論は早計だ。今後は、検察庁の対応を見守るとともに、こちらで女性の死因をきちんと調べる方法を考えていきたい」と話しています。

◇  ◇  ◇

●『水口病院』は組織的に違法な堕胎行為を行っていた?

ご遺族の代理人、中川素充弁護士がツイッターで、報道機関に配られたご遺族のコメントについて解説していらした。『水口病院』の疑惑をズバリ指摘している。


確かに、私も水口病院のホームページをみて時違和感を覚えた。上手く表現できないけれど、中絶がまるで『商品』のようだと思えたからだ。













私が水口病院のサイトをみておかしいと感じたことはもう一つあった。スタッフとして名前が掲載されていた医師数名だ。他のいくつかの産婦人科病院のサイトに「スタッフ」として掲載されていたからだ。もちろん医師が複数の医療機関で働くことは違法ではないし、よくあることだと思う。でも、何かがおかしいと思っていた。


こちらは以前紹介した、水口病院を告発する別のご遺族のサイト。昨年末の報道後、掲示板には投稿が増えていた。以前裁判を起こしたご遺族と思われる方の書き込みで、和解金の金額まで書かれている。


◇  ◇  ◇
水口病院 新生児死亡 
2017-3-31-1.png

まだ、やらかしてるんだね。確か、その時は病院が倒産しそうなので、これしか賠償できないと差し出したのが、1億円でした。当時、病院側に提出した、意見書や裁判記録今でも保管しています。
当時の医院長は日本産婦人科学会の副会長の柳さんで、同業界の有名弁護士がずらりと並んでの裁判でした。カルテの改ざんから恫喝された医師の告白、辞めさせられた看護師、産婆さん。事実は小説よりも奇なりです。
但し、人生万事塞翁が馬。何か良くて何が悪いかは……。なんもいえません。

◇  ◇  ◇

このブログにも、『水口病院』で以前働いていらしたという方から、コメントをいただいたことがある。内部告発が何度かあり、裁判も何度かあったけれど、結局良い方向へとは変わっていかなかったようだ。


一方で、実は今日、ブログで何度か取り上げた別の『事件』に関して、良い知らせがあるときいている。


同じように告発があり、バッシング記事もたくさん書かれたけれど、その後が180度違う。


この違いは何なんだろう?


もちろん、何を言っても聞き入れない、反省しない、ということが根底にあるんだろうが、周りで支えている方々も大きいのかな、と思っている。


2016/12/24

疑惑の『水口病院』 フライデー 無資格中絶死事件 水口病院は「死者が理事長だった!」を読んで その2

●吉田氏の「被害者意識」はどこから来るのか?

吉田氏は「亡くなったことに気付かなかったから」と答えるが、記事によると、診療報酬請求も、亡くなった前理事長名で行っていて、東京都の立ち入り検査があるまで続いていたそうだ。


しかも吉田氏は「故意じゃなければ、詐欺は成立しない」というようなことを口にしたそうだ。そして問題になっている、「指定医を持っていない医師が中絶手術をしていたこと」についてはこのように答えている。


「指定医が、手術に関与していれば(立ち会うか、待機している)指定医じなくても手術をしてもいいじゃないか。全国の産婦人科の常識、実態。そもそも年間20万件も行われている中絶手術を、1000人足らずの指定医でこなせるわけがない。そんな実態を無視して我々はスケープゴートにされたのです」


そこで記者さんが「誰が何のためにスケープゴートにするのか」尋ねるとこのように回答する。


「母体保護法の運用や解釈を厳格化することで、利益や得点になるところでしょうね。例えば東京都医師会、日本医師会、日本産科婦人科学会など指導的な役割を果たすところは、厳格化によって間違いなく評価が高まるでしょう」


文春のインタビューにも感じたが、吉田氏は謝罪を口にする一方で、「私たちこそ被害者だ」というようなことを口にする。なぜか理由がわからないが、強い「被害者」意識があるようだ。


今回、フライデーを読んでそれがどこから来るのかわかる気がした。


先ほどの病院関係者の話を読んで気付いた。吉田氏は、亡くなった2代目院長のご子息を「追い出した」とあった。


2代目院長の水口弘司氏は横浜市立大学医学部附属病院院長で日本産婦人科学会会長を務めていらした、著名な産科医だそうだ。先日の文春の記事では「(遺族の告発は)結局、画策グループの手先で金銭的に買収されたんだろう」と書いてあったが、フライデーには「日本産科婦人科学会」など、具体的な名称が記されていた。吉田氏が批判報道に対して、このように、学会などの権威者を引き合いに出し、逆切れのような対応をするのは、罪悪感の裏返しなのかもしれない。


●写真が物語る吉田氏の10年間


フライデーに掲載された現在の写真も、吉田氏のこの10年間を物語っている。司法書士という法律家らしい面影がなく、別人のようだ。

◇  ◇  ◇
e-doctor HOSPITAL INFO vol.52 医療法人財団緑生会 水口病院の取材記事
女性スタッフによる、女性のための総合医療を提供
医療法人財団緑生会 水口病院


2016-12-5-2.png
◇  ◇  ◇

私は『因果応報』『天網恢恢疎にして漏らさず』という言葉を思い出した。
2016/12/24

疑惑の『水口病院』 フライデー 無資格中絶死事件 水口病院は「死者が理事長だった!」を読んで その1

●都に提出された議事録の「署名人」は、亡くなっている前理事長

「死者が理事長だった!」という推理小説のようなタイトルに惹かれフライデーを買った。『水口病院』の続報が掲載されているからだ。

◇  ◇  ◇
フライデー 無資格中絶死事件 水口病院は「死者が理事長だった!」 – FRIDAY(フライデー) 2017年 1/6・13合併号 2016年12月22日発売
2016-12-24.png
◇  ◇  ◇

今回の一連の報道では、『無資格中絶』がクローズアップされている。でも私は問題の本質はむしろ、フライデーが報じた『死者が理事長』にあるんじゃないかと思ってきた。


開いた瞬間、目に飛び込んできたのは、水口病院が16年5月に都に提出したという議事録。「亡くなって1年弱が経過した山田準子前理事長が署名人」だった。


私は山田医師の名前には見覚えがあったのでハッとした。今までと同じように、匿名掲示番に書いてあった名前だったからだ。


●「2 代目には医師の息子さんがいましたが、吉田氏に追い出された」 「歴代院長は誰も理事長と会ったことがない」


続く病院関係者の話も興味深い。


水口病院の関係者の話

「吉田は創業者の長女の亭主。医者ではなく、司法書士です。それが10年ほど前に2 代目が病死したのを機に経営に介入。2 代目には医者の息子さんがいましたが、吉田に追い出されたそうです。病院とは無関係の知人を理事長に据えて病院の実権を握った吉田は、待合室をアールデコ調にするなど、院内をゴージャスに造り替えました。歴代院長は誰も理事長と会ったことがないはず」



理事長代行は、前理事長が亡くなったにも関わらず代行が代表権を持つという『非常事態』を1年以上も続けていたという。フライデーは週刊文春と同じように水口病院の実質的な経営トップといわれる吉田文彦氏を直撃した。


続く
2016/12/17

疑惑の『水口病院』  遺族はお金のために告発するのか? 週刊文春 中絶死水口病院担当医は「慶応卒で年収7千万円」を読んで

●今までで一番インパクトのある記事 常務理事Y氏のコメントにビックリ!

先ほどの女性セブンと同じ日、週刊文春も水口病院を取り上げた。さすが文春だと思った。今まで読んだ記事の中で、一番インパクトがあるかもしれない。記事に書かれていることが、事実かわからないけれど、とても気になる。

中絶死水口病院担当医は「慶応卒で年収7千万円」 週刊文春 2016年12月22日号

2016-12-15-2.png

●病院関係者の証言「豪華絢爛な院内からは想像もつかないほど、内情は厳しい」


亡くなった女性の担当医が「慶応卒で年収7千万円」というタイトルに心を引かれたが、私が興味を持ったのは、病院関係者の証言だった。


読んだ瞬間、どこかで読んだことがあると思った。2012年頃に某巨大匿名掲示板に書き込まれた、病院関係者と思われる方達の証言と、よく似ているのだ。


豪華絢爛な院内からは想像もつかないほど、院の内情は厳しいという。「現在、常務理事で司法書士のYが、04年から院内のドンとして経営を仕切ってきました。ワンマンのYに不満を抱える者も多い。医師やスタッフの入れ替えが激しく、ここ数年、赤字経営が続いていました」(病院関係者)


●遺族は画策グループの手先?金銭的に買収された?


そのY氏の話が凄い。これではワンマンだと自ら認めているのも同然だ。


(今回の件は)犯罪性は極めて低く、見せしめだと思っています。その背景には、病院内外からの画策があったと思っている。医学会や政治を動かし、私たちを潰したいのです。80年の歴史があり、華やかな展開をしている駅前の病院ということで、ターゲットにされたんじゃないでしょうか。(遺族の告発は)結局、画策グループの手先で金銭的に買収されたんだろうというのが私どもの味方です


まるで「病院こそが被害者だといわんばかりの口ぶり」と、様々な事件を取材している文春の記者さんも呆れている。誰の画策なのか尋ねても、はっきりせず、小池知事の発言については「事実とは違う」と反論しているそうだ。しかも、一番迷惑するのは「患者」だというオチまでついて・・・。


こんなことを堂々と口にするから、師走だというのに、「経営が厳しい」とか「赤字」とハッキリ書かれてしまったんじゃないの?誰かの陰謀などではなく、いくら指導しても改善しようとしないから、行政も手に負えなくて困っていたんじゃないかと思う。


●「ネットの書き込みを監視したり、業者を使って、削除させている」という噂


ところで、これまでの水口病院に関する報道を振り返ると、あの掲示番は意外と侮れないと思う。なにしろ、理事長代行が司法書士だったことも、(フジテレビの報道にあったように)亡くなった理事長が女性というのも、さらにはスタッフがすぐに辞めてしまうということも、どうやら本当みたい。


ということは、ネットの書き込みを監視したり、業者を使って、削除させている、ということも案外本当なのかもしれない。


だって水口病院の公式サイトに掲載されたマスコミへの抗議文もすごい内容だけれど、病院関係者じゃない人が突然現れて(本当に関係ないのかな?)、亡くなった女性に関することを暴露し、それを「拡散して」って呼びかけるんだもの。