2014/04/10

サクラさく

ある方にメールをいただいた。いつもお世話になっていた報道関係者の秘書さんからだった。


2014-4-9-2.jpg



お仕事をやめるそうだ。そういえば私が悩んでいた時にメールやお電話があるのも、もしかしたら秘書さんが伝えてくれたからかもしれない。目が回るように忙しいお仕事なのに、私に電話がかかってくるなんて。「おかしいなぁ」と思っていた。「いつかお礼を」と思っていたのになぁ。


お世話になった校長先生もいなくなってしまった。「卒業するまではこの学校にいられない」そうおっしゃっていたけれど・・・。あの時、勇気を出してお礼にうかがってよかった。


2014-4-9-4.jpg



大学の卒業式の日に、ゼミの学生が7人も家に来てくれた。卒業式の日に指導教官の家に遊びに来てくれるなんて私の頃には考えられなかった。体育会に所属している学生が多いから無理に来てくれたのかと思ったら、そうじゃないみたい。とても楽しい時間をすごした。今は警察や消防、そして教員のような人の役に立つ仕事が学生に人気があるようだ。「公務員だから」という理由ではないようだ。


4月になって、なんとなく落ち着かない。「社会人になって大丈夫かなぁ」と思うのだ。


2014-4-9-1.jpg



それからHPVワクチン被害者のお嬢さんが、高校に合格したそうだ。「おめでとうございます」と一言、メールをさしあげた。でも、車椅子で電車に乗るのって大変なんだなあ。小さな子どもをのせるベビーカーでも移動するのは大変なのに。大学の構内なら学生のボランティアがついてくれるけれど、駅や電車は・・・と思ってしまった。もう少しなんとかならないものだろうか。


2014-4-9-3.jpg



春は寂しいような嬉しいような気持ちになる。


ここでとったら、誰でもそれなりの写真がとれる、という場所でサクラの写真をとった。アマチュアカメラマンの叔父様に混じって。


それぞれの新生活が幸せに満ちたものでありますように!


2014-4-9-5.jpg







コメント

非公開コメント