2013/11/22

『副籍交流授業』 もう一人のクラスメート

副籍交流授業』について
それは偽善じゃないですか? その1

それは偽善じゃないですか? その2


二年生の時の担任の先生と私は意思疎通が決してうまくいっているわけではなかったけれど、それでも先生は『副籍交流授業』を熱心にしてくれた。


だから私は学校から手紙を今でも大切にとってある。上に指示されたからやっているわけではないだろうと思えたからだ。授業の前に、この絵本もみんなで読んで、もう一人のクラスメートにどうやって接したらいいのか考えたそうだ。


わたしのおとうと、へん…かなあ (児童図書館・文学の部屋)わたしのおとうと、へん…かなあ (児童図書館・文学の部屋)
(2001/09)
マリ=エレーヌ ドルバル

商品詳細を見る



でも残念ながら、『副籍交流』という言葉をネットで検索してもほとんどヒットする情報が出てこない。


文科省から通達が出ても、あまり知られていないようだ。


○ちゃんのお母さんはとても喜んでいたけれど・・・実施率が低いのは、人手がかかるからだろう。コーディネーターを始め、医師、教員、保護者、クラスメートなど、皆が力を合わせないといけないから、躊躇するのだろう。


アレルギー死亡事故後、市はアレルギーの正しい知識を啓発するための授業を提案し、文科省も賛成している。


ただ私はアレルギーへの理解を深めることは大切だけど、それだけでは足りないと思う。担任の先生をはじめ先生方へのケアも本当は必要だと思うからだ。


教員の多くは人ごとではないはずだ。「もし、自分が担任だったら」と皆、思うだろう。


それに、正しい知識を知っても学校現場は忙しい。医療的ケア児を受け入れる先生の不安はなくならないと思う。


だから私は、校長先生が初めてくれた交流授業のような取り組みが、広まればいいと思う。「文科省から通達が出たから、何かやらないといけない」→「でも、色々とわからないことばかりだし、面倒だからNPOにお願いしようか」じゃなく、試行錯誤しながらすすめて行く方がいいと思う。「心」がなければ上手くいかないと思うからだ。


お便り

ようこそ ○くん!

先週の金曜日、○君をむかえて『副交流授業』を行いました。お配りした特別支援学校からのお手紙をお読みいただいたことと思います。


○君を迎えるにあたり、子供たちに「わたしのおとうとへんかな」という絵本の読み聞かせをし、○ちゃんの写真を見せながら金曜日の4時間目に来ることを話しました。そして「特別なことをしようと思わなくていいよ。みんなが『よく来てくれたね』と優しい気持ちでむかえることができれば、○ちゃんにはわかるよ」と言いました。


前日になると「明日くるんだねー。楽しみ−。」「わくわくするね」という声がきかれうれしく思いました。さらに○ちゃんの好きな車の絵を自由帳にかいたり、折り紙をおったり「黒板に絵をはってむかえたい」と言ったり。自分達できることを一生懸命やろうとする姿がみられ感激しました。


当日は○ちゃんの特別支援学校の話をきいたり、一緒に歌や合奏をしたりしました。休み時間には車いすの周りに集まりくしゃみのまねをして○ちゃんを笑わせていました。


ほんの少しの時間でしたが、○ちゃんはもううすっかり自分達の友達になっていました。○ちゃんを自然に受け入れ、仲良くする姿をみて子供達のやさしさをしみじみ感じました。○ちゃんもしじゅうご機嫌で担任の先生もお母さんも喜んでいらっしゃいました。次回の交流が楽しみです。






コメント

非公開コメント