2013/11/22

『副籍交流授業』 もう一人のクラスメート

それは偽善じゃないですか? その1

それは偽善じゃないですか? その2


意思疎通が決してうまくいっているわけではなかったけれど、二年生の時の担任の先生が『副籍交流授業』をしてくれた。学校から手紙が配られた時、「よかった」と思ったから今でも大切にとってある。込めるべき心がないと書けないと思った。最近市の教育委員会は頭を下げてばかりだけれど、先生方は良いこともちゃんとしている。

お便り


図書室の先生とも相談したんだろうか。授業の前には絵本もみんなで読んだみたい。いつかこの交流授業が他校のお手本になるといいな。


わたしのおとうと、へん…かなあ (児童図書館・文学の部屋)わたしのおとうと、へん…かなあ (児童図書館・文学の部屋)
(2001/09)
マリ=エレーヌ ドルバル

商品詳細を見る



ちなみに『副籍交流』という言葉をググってもあまりヒットしない。と、いうことは文科省から通達が出ても校長先生が「やってみましょう」と思い、私のように「やって欲しい」と思う保護者がいないとできないみたい。


○ちゃんのお母さんはとても喜んでいたけれど・・・つきそいのお母さんも先生も大変か。実施率の低さはそういうことかもしれないね。コーディネーターの方も一生懸命だったそうだ。皆が力を合わせないといけないから、「文科省から指示されたから」ではこういった交流はダメなんだよね。


市はアレルギーの授業を提案し文科省は賛成している。死亡事故を出してしまったことを、今後どういかすのか。アレルギーへの理解を深めることは大切だけど、今も子ども達は同じ小学生が亡くなったことを話題にしている。私も忘れていないし、先生方もそうだと思う。


今後改善されたとしても、それは、亡くなった女の子がいたからだ。アレルギーだけじゃなくて、亡くなった命を思う、「命の授業」と呼ばれる取り組みも必要なんだろうか。



ようこそ ○くん!


先週の金曜日、○君をむかえて『副交流授業』を行いました。お配りした特別支援学校からのお手紙をお読みいただいたことと思います。


○君を迎えるにあたり、子供たちに「わたしのおとうとへんかな」という絵本の読み聞かせをし、○ちゃんの写真を見せながら金曜日の4時間目に来ることを話しました。そして「特別なことをしようと思わなくていいよ。みんなが『よく来てくれたね』と優しい気持ちでむかえることができれば、○ちゃんにはわかるよ」と言いました。


前日になると「明日くるんだねー。楽しみ−。」「わくわくするね」という声がきかれうれしく思いました。さらに○ちゃんの好きな車の絵を自由帳にかいたり、折り紙をおったり「黒板に絵をはってむかえたい」と言ったり。自分達できることを一生懸命やろうとする姿がみられ感激しました。


当日は○ちゃんの特別支援学校の話をきいたり、一緒に歌や合奏をしたりしました。休み時間には車いすの周りに集まりくしゃみのまねをして○ちゃんを笑わせていました。


ほんの少しの時間でしたが、○ちゃんはもううすっかり自分達の友達になっていました。○ちゃんを自然に受け入れ、仲良くする姿をみて子供達のやさしさをしみじみ感じました。○ちゃんもしじゅうご機嫌で担任の先生もお母さんも喜んでいらっしゃいました。次回の交流が楽しみです。










コメント

非公開コメント