2014/10/25

政治家の収支報告書の記載 そこが『SMバー』だとどうやって証明するの?

第一報をみた時不思議に思った。今、非常に興味がある話題だから。


宮沢大臣の資金管理団体 SMショー行うクラブに支出(14/10/23) ANNnewsCH

2014-10-23-1.jpg


宮沢経済産業大臣の資金管理団体が、広島市内のSMショーなどを行っているクラブに政­治活動費を支出していたことが明らかになりました


※    ※    ※



政治家の収支報告書を閲覧しても、記載されているのはもっと地味で目立たない名称じゃないの?例えば『スナック愛』などと書いてあるものかしら?いっけんすると『SMバー』だとわからないはず。


そのような店に行ったことがある人に聞いてみた。『SMバー』じゃなくても、新宿二丁目あたりの店だと、やっぱり看板がなかったりするそうだ。「お金を払うといろいろ教えてくれる人がいるんだよ」と言っていた。


でも堂々と店の名前が書いてあったみたい。


SMバーだと…宮沢経産相の政治活動費がおかしい NAVERまとめ Bootanさん

2014-10-24-4.jpg



その人に聞いたことがある。あるクラブがあって、その人の友人が新装オープンのパーティーにママに招待されたそうだ。出かけると、会場には警察関係者と暴力団関係者がいて、仲良く会話していたという。


「社会人になって、不都合な真実にいちいち目くじらを立てていたら、営業の仕事なんかできないよ」と友人はその人に言ったそうだ。


息子のクラスでは、日直が「今日のニュース」を発表する。昨年息子が猪瀬さんのお金の問題を取り上げたら、盛り上がったそうだ。でもこのニュースは・・・。


※    ※    ※



「私はそういう趣味はない」SMバーに政治活動費で宮沢経産相 イザ 産経デジタル 

2014-10-24-3.jpg



宮沢洋一経済産業相の資金管理団体「宮沢会」が平成22年、広島市内のSMバーに政治活動費を支出していた問題で、宮沢氏は経産省で記者団に「初めて知った。支出したのは事実。私自身は行っていない。事務所関係者が誤って政治資金として支出してしまった」として、政治資金収支報告書を訂正する考えを示した。


 この店は、下着姿の女性をロープで縛り、客も参加する形のショーを開催しており、政治資金の支出先として良識が問われる。野党の追及は必至といえそうだ。


 宮沢会の22年分の政治資金収支報告書によると、同年9月6日に「交際費」の目的で広島市の繁華街にあるSMバーに1万8230円を支出していた。


 宮沢氏は23日昼、所属する自民党岸田派総会で「私はそういう趣味はない。収支報告書を見ていたが、店の名前だけでは分からなかった」と釈明した。



※    ※    ※



そしていつの間にか、「利益相反」問題に突入。私が小学校の先生だったら「政治家にお金を使わせてしまう有権者も悪いんじゃないのかな?」と教えるけれど・・・。


※    ※    ※



<宮沢経産相>東電株保有に野党から「利益相反」「致命的」毎日新聞 2014年10月23日 

2014-10-24-2.jpg



 ◇SMバー問題 「あぜん」「あり得ない」と批判相次ぐ


 小渕優子前経済産業相らのダブル辞任に加えて23日、小渕氏の後任の宮沢洋一経産相の不適切な政治活動費計上が発覚した。さらに宮沢氏は同日、毎日新聞などのインタビューで東京電力株600株の保有を認めた。野党は宮沢氏がエネルギー政策を所管していることから「利益相反」と批判を強めており、政治活動費の問題とあわせ、30日の衆院予算委員会集中審議などで追及する方針だ。
 


【SMバー店長】「議員の顔に見覚えない」


 宮沢氏は23日、所属する自民党岸田派の会合で、秘書が自身の資金管理団体から広島市のSMバーに1万8230円の交際費を計上していたと認め、「監督不行き届きで大変反省している」と語った。


 また東電株保有については「東電は福島第1原発の廃炉や賠償という重要な責任を負っている」と指摘。「廃炉や汚染水処理は重要な国策だ。責任者となった私が株を手放すことは理解されないのではないか」とし、保有株式を信託銀などに信託する考えを示した。


 維新の党の江田憲司共同代表は同日の記者会見で、宮沢氏の東電株保有について「利益相反で、株主が東電の問題で適正な判断ができるか疑問だ」と批判。「首相も知らなかったではすまされない」と首相の任命責任に言及した。民主党幹部も「東電株問題は致命的だ」と述べ、辞任は不可避との見方を示した。


 政治活動費を巡っても「あぜんとした。情けない」(枝野幸男民主党幹事長)、「あり得ない」(江田氏)と批判が相次いだ。


 与党内には政治不信が広がることへの懸念が深まる。小渕氏の後任の宮沢氏にスキャンダルが浮上したことについて、公明党の漆原良夫中央幹事会会長は会見で「第1次安倍内閣で農相が3人続けて辞職したことを思い出す」と語った。自民党の大島理森前副総裁は大島派会合で「国民の信頼を忘れた政治は重要な施策を進行できなくなる」と苦言を呈した。【中井正裕、葛西大博、高本耕太】



※    ※    ※



『収支報告』と『利益相反』から目が離せない。





コメント

非公開コメント