2014/01/16

アルジェリア人質事件から一年 お礼をいうべき人

あれからもう一年がたった。


アルジェリア人質事件から1年 日揮が犠牲者を追悼しました FNN

2014-01-16-2.jpg


普段ほとんどつけないテレビを、あの日に限ってなぜかつけていた。本当にたまたま、ニュース番組をみていた。急に切迫したアナウンスが入りアルジェリアのプラントで働く邦人が人質になったという第一報が伝えられた。


幼い頃、石油コンビナートなどで大火災が起きると、父と母はニュース番組をいつも食い入るように見つめていた。どこの会社がつくったのか確かめるためだ。もし父の会社だったら大変なことになる。マスメディアはきっと一斉にバッシングするだろうからーーーー


そうした習慣は、いつの間にか私にも身についてしまった。アルジェリアときいて胸騒ぎがした。


不安は的中した。記者が告げた会社名は父が勤めていた日揮だった。


アルジェリア軍が突入する直前、父は夫に電話をかけてきた。「あの中に私の友達がいるんだよ」と言ったそうだ。珍しく取り乱しているようだった。どうして父の友達がいるんだろうか。父の歳から考えて不思議だ。何がなんだかわからない。でも、詳しいことなど今は聞いてはいけないと思った。


父の友人が一人だけ民間機で帰国した日、日経新聞を読んで私は号泣した。本当に何もしらなかった。一部引用させていただく。


「アルジェリア方式」吹き飛んだ安全神話  2013/1/26


太平洋戦争ぼっ発直後、旧日本軍はスマトラ(現インドネシア)の製油所を 真っ先に制圧した。設備の復旧・運営にあたったのが、日本の海外でのプラント建設の源流だ。以来、原油や天然ガスを掘り出したり、石油化学製品を生産したりするプラント建設で、日本企業は存在感を高めていった。


世界で開発が進む液化天然ガス(LNG)の製造設備は日揮と千代田化工建設の日本勢2社を含む4社が世界市場の8割を押さえる。日本企業は膨大な部品を扱い、多くの作業員を動員して納期通りに完成させることを得意とする。 資源国の経済成長を日本勢の「お家芸」が支えている。


その勤務環境は過酷だ。原油や天然ガスの産地は多湿のジャングルや炎熱の砂漠にならざるを得ない。日揮は地元の人間も入らないリビアの砂漠でガス田を開発し、戦争や革命に揺れたイランでは逃げることなくプラント建設を続けた。


資源獲得競争は激しさを増し、産地はより奥地へ、より厳しい場所へと移る。そうした場所でプラント会社の技術者は日本のものづくりの技術を守ってきた。


事件があっても重要性は変わらない。韓国や中国勢が追い上げる中で日本企業が事件から学ぶべきはリスクから逃げることではなく、どう最小化するかだ。


東洋エンジニアリングの永田雄志会長は「安全を追求していかなければな らないが、ひるむわけにはいかない」と語る。



テロ事件が身近で起きたのははじめてではない。テレビをつけた母が急に叫び声をあげたから、今でも脳裏に鮮明に焼き付いている。父が働いていた丸の内で三菱重工ビル爆破事件があった。その頃本社はみなとみらいでなく丸の内にあったのだ。昭和40年代の日本は高度成長期が終わり、公害病など、社会の抱える矛盾に人々の関心が向くようになったのではないか。週刊誌やテレビもさかんにそういった報道をしていたように思う。デモやストライキなど珍しくなかった。

三菱重工ビル爆破事件

2014-1-16.jpg


三菱重工ビル爆破事件 wikipediaから一部引用

1974年8月30日に日本の東京都千代田区丸の内で発生した、東アジア反日武装戦線「狼」による無差別爆弾テロ事件。連続企業爆破事件の一つ。東アジア反日武装戦線の呼称はダイヤモンド作戦。虹作戦で使用する予定であった爆弾を流用した。



小学生の頃図書館に行くのが好きだった。ビル爆破事件から社会への不信を抱くようになった私は、公害病の原点と呼ばれる水俣病について書かれた本に引きつけられていった。小学校の社会科では絶対に教えてくれない企業や官僚、政治家の隠蔽体質が書かれていたからだ。


ところがある時、企業側の弁護士と父は仲がいいと教えられた。目の前が真っ暗になった。「父は絶対に悪いことをしてお金儲けをしている。大人は嘘ばかり言っている」いつしか私はそう思うようになってしまった。結婚してからもそうした不信は変わらなかった。ある事件が起きた時には一年間実家に帰らなかった。


それが徐々に変わっていったのは周産期医療で救命されたからだろう。子供が入院していたNICU(新生児集中治療室)は子供の医療だからあまりお金にならない。驚くことに、ほとんどが善意で行われているような医療なのだ。医師をはじめスタッフは命を削るように働いているし、名だたる大企業も影で支えている。


例えばオムツやミルクなど、小さな子ども達のためにメーカーが採算を度外視してつくっているのだ。周産期医療には高度医療機器がかかせない。ある時、夜遅く、メンテナンスを黙々としているメーカーの社員を見た時、私は間違っていたかもしれないと思った。同じ日本にこんな世界があったなんてショックを受けたのだ。


いつも目にする有名企業が私達を一生懸命支えようとしていることを知ると「がんばらないといけない」と思えてくるから不思議だ。見えないところで手を抜かずに社会を支えることこそ、真の社会貢献だと思った。夫は基礎研究にも関わっているから、私達のために、どれだけ巨額のお金がつぎ込まれているかよくわかる。日本には国民皆保険制度があり、東京都や市町村も私達を助けてくれる。私達が支払うのは全体からするとごくわずかな金額だ。もしこれがアメリカだったら数千万の請求書が届くのではないかーーー。


どうしてこういう良いことを世の中に知らせようとしないんだろう?そう考えると何かせずにはいられなくなった。だから、はじめてシンポジウムに登壇した時の原稿は「お金儲けは悪いことか」をテーマにした。一部引用する。


 医師の皆様、看護師の皆様はじめ、救急搬送をして下さった皆様、転院のための搬送も含め、三度も受け入れて下さった●病院の皆様、ご恩は生涯忘れることはありません。

 同時に、新しいお薬を開発している皆様、それを試して使えるようにしている皆様、未熟児用のミルクを開発していただいた皆様、未熟児用の保育器や監視機器を開発していただいた皆様、小さなオムツを作っていただいた皆様、ありがとうございました。

 私は経営学部出身ですが、企業は決してお金儲けだけをしているのではなく、社会貢献をしているということを知りました。皆様の善意によって私達は苦しい時を助けていただきました。今の時代だからこそ、日本だからこそ、助けられた命だと日々感謝しております。

 周産期医療、救急医療では、未知のリスク、将来の副作用を恐れていては、リターンを得ることができません。この先、どのような未来が待ち受けていようとも、母となる喜びは何物にも代え難い喜びです。

 この、素晴らしい、日本の周産期医療を次世代へ。どうかよろしくお願い申し上げます。がんばる人、努力する人、リスクを負う人が第一に報われる社会でありますように、心より願っております。


日経の記事で、私は生まれてはじめて父が資源開発に関わってきたことを知った。母も詳しくは知らなかったらしい。軍と一緒に仕事をすることもあるから、家族に気軽に話をするようではつとまらないのだろう。日揮にとってアルジェリアは特別な意味を持つ。アルジェリアでの成功をきっかけに大きく躍進したからだ。だから、亡くなった父の友人は会社を大きく発展させた功労者の一人だろう。高度医療には医療機器がなくてはならない。それらを24時間絶え間なく動かすには安定したエネルギーの供給が必要になるーーーー


もしかして、お礼をいうべき方々の中に父や友人だってはいるんじゃないだろうか。そのことに気づいたから涙がとまらなくなったのだ。


このブログを父は知らない。だからこっそり書いておこう。今まで悪いことをしてお金儲けをしていると信じてきたから私は結婚する時も何も言わずに実家を出てしまった。決して仲が悪いわけではないんだけれど、どうしてもこの言葉は言えなかった。


お父さん、今までありがとうございました。亡くなった皆様のご冥福をお祈りいたします。




コメント

非公開コメント