2015/12/13

『下町ロケット』の「ガウディ」開発と新型出生前診断 その1


●心臓の人工弁「ガウディ」開発計画・・・





TBSの人気ドラマ『下町ロケット』は第5話でロケット開発の話が終わり、今は医療がテーマだ。私は第7話のダイジェストと第8話の予告動画をみて、びっくりした。


だって、今、フジテレビのみんなのニュースが追っている、新型出生前診断の臨床研究になんとなく似ているから!特に感じの悪〜い悪役、心臓外科の権威、貴船教授に目が釘付けに・・・


shitamachi4.gif


●「ほくりく健康創造クラスター」とNIPTコンソーシアム


と、いうのも、今田耕司さんが熱演している、心臓病の子ども達を救うために奮闘する医師が「北陸医科大学教授」という設定だから・・・。


新型出生前診断の検査が日本に正式に導入される前にすすめられていたプロジェクト、「ほくりく健康創造クラスター」が頭に浮かぶ。確か研究代表の高林晴夫医師は、金沢医科大学の所属だったはず・・・。


◇  ◇  ◇


文部科学省 地域イノベーション戦略支援プログラム 富山・石川地域 ほくりく健康創造クラスター 研究開発:血液中の有核赤血球の回収・DNA分析システムの開発


2015-10-7-5.gif


◇  


NIPTコンソーシアム NIPTを臨床研究として行う背景 NIPTコンソーシアムメンバー


2015-10-7-1.gif

2015-10-7-2.gif


◇  ◇  ◇


●どうして北陸の医療機関が参加していないのか?


私は「NIPTコンソーシアム」に参加している医療機関のリストをみた時にあることに気づいた。どうして、北陸の医療機関が参加していないのかなぁ?


もしかしたら「ガウディ」と同じような争いがあったのかな?


それではいつものように文字おこししてみよう!!


まず、どんな内容なのかはこちら。


◇  ◇  ◇


日曜劇場「下町ロケット」第8話視聴率20.4% 同作最高視聴率に ねとらぼ 2015年12月07日

第6話からは、心臓手術に使用する人工弁「ガウディ」開発に取り組む佃製作所の奮闘を描く「ガウディ計画編」を放送(関連記事)。第8話のラストで、臨床試験が始まった人工心臓「コアハート」を移植した患者の容体が急変し、アジア医科大学心臓血管外科部長の貴船教授(世良公則)が応急処置室に駆け付けるシーンが関東地瞬間最高視聴率に。


◇  ◇  ◇


続く



コメント

非公開コメント