2015/12/23

『医療崩壊と報道』 正しいことを声にできなくなったら私たちは何のためにいる? その3


『医療崩壊と報道』 正しいことを声にできなくなったら私たちは何のためにいる? その2 の続き


実際の週刊ポストは、ドラマのように格好良くない!という記事も見つけた。確かに今の時代、ドラマのような編集長がいたら、雑誌はもう少し売れるかもしれないし、テレビの視聴率もあがるかもしれないね。


放送分下町ロケット 第10話 TBS FREE オンデマンド 配信期間:2015年12月27日(日)20時59分まで2015年12月20日(日)


2015-12-23-14.jpg

(ガウディ計画が成功したところ)


私が匿名でブログを書くようになったのだって、こんな編集長やジャーナリストもなかなかいないからだもの・・・。 私は報道、ジャーナリズムの原点とは、命や人権を扱うことなのかと思っていた。


2015-12-23-13.jpg

(ドラマに出てきた「週刊ポスト」のスクープ記事)

◇  ◇  ◇

下町ロケットで佃製作所救った「幻のスクープ記事」全文公開 news-postseven 2015.12.21

 * * *

 医学の進歩に、命の犠牲はつきものだというのか──。アジア医科大学と日本クラインが共同開発している世界最小・最軽量、患者の負担を大幅に軽減できると謳われた画期的な人工心臓コアハート。その最初の臨床治験患者が死亡した。遺族は医療過誤を疑い調査を求めたが、アジア医科大学はそれを突っぱね患者本人の心不全による病死だと発表した。取材を進めると、命を預かる医療の現場にあるまじき不正の数々が見えた。


◆治験患者が死亡…隠蔽された死因

 
先日、最新鋭の人工心臓コアハートの臨床治験で、治験患者である30代男性A氏が死亡した。世界最小・最軽量、患者の負担を大幅に軽減できると謳われた画期的な人工心臓コアハート──その臨床治験が始まったことは医学界で大きな注目を集めていた。


 コアハートは、アジア医科大学の心臓外科部長・貴船恒広教授を中心に日本クライン株式会社と共同開発している医療機器で、血液の逆流を防ぐためのキーパーツとなるバタフライバルブの開発はサヤマ製作所が引き受けている。心臓外科に長い歴史をもつアジア医科大学、精密機器メーカー最大手の日本クライン、NASA出身である椎名直之社長のアメリカ仕込みの高い技術力で急成長を遂げているサヤマ製作所の3社が手を組んでいるということで、医療関係者もその性能に期待を高めていたことだろう。


 その矢先に起きた出来事だった。いくら臨床治験に同意していたとしても、遺族の悔やまれる想いは計り知れない。


 そんな遺族の強い意向を受けて、アジア医科大学内に設置された「緊急院内医療事故対策会議」が事故の詳細を公表した。“死因は、臨床治験患者A氏がもともと患っていた心臓疾患による心不全”。つまり“病死”というものだった。臨床試験のリスクを考えれば納得できなくもないが、そこにはひとつアジア医科大学側の過失があった。


 A氏の容態が急変した際、人工心臓がついていることを知らなかった医師が、心臓マッサージを行なったのだ。人工心臓患者の場合、機器に負荷がかかる心臓マッサージは御法度だ。これによりコアハートは破損。アジア医科大学は初期対応の適切さを欠いたとして病院側の過失を認めたが、その前からA氏は心停止の状態になっており、あくまで死因は心不全。人工心臓コアハートの破損と死因は無関係であるという結論を出した。


 一部の医療関係者の話では、人工心臓は自身の心臓のはたらきで血液が不足している分だけ人工心臓で循環を補助しているため、心不全による心停止が起こることはほとんどないという。それでは、一体どうしてA氏は心停止を起こし死亡してしまったのだろうか。


 そこで考えられるのが、人工心臓コアハートの不具合である。世界最小・最軽量を謳う画期的な人工心臓であるが、その設計に無理はなかったのか。また、設計が充分なものであったとして、何らかの原因でコアハートが動作不良を起こして臨床治験患者が事故死した可能性はないのか。


◆動作保証90日に満たずデータ偽装


 取材を進めるうち、コアハートの設計図とバタフライバルブの実験データを極秘に入手することができた。


 そこでバルブ開発について実績をもつある企業の協力を得て検討を重ねたが、設計・バルブの実験データともに不良な点は認められず、完璧すぎると言っても良いほどの数値がそろっていた。非常に難しい設計を実現したサヤマ製作所の技術力を見せつけられた結果になったが、気になるのは技術者たちがいう“完璧すぎる”という言葉である。やがて、実際にサヤマ製作所で開発現場の間近にいたという人物にたどり着き、証言を得た。そこで浮かび上がったのは、人間の命を預かる医療機器にあるまじき不正の数々であった。


 3年以上前から開発が進められていた、人工心臓コアハート。開発は順調に進み、臨床試験まであと一歩という段階まで来たころ、血液の逆流を防ぐキーパーツであるバタフライバルブに関して、動作保証90日の基準に対して耐久性が足りないという指摘があり、その難しい設計から下請けメーカーを変更して見直される事になった。


 日本クラインから複数のメーカーに依頼するも実現できるだけの技術力を持った企業はなかなか現われず、そこに名乗りをあげたのがサヤマ製作所の椎名直之社長だったという。サヤマ製作所は難しい設計を実現できるどころか、さらに耐久性や動作性を飛躍的に向上させた改良案の設計図を持ち込んだ。アジア医科大学と日本クラインはもちろんこの提案に乗った。


 しかし、実際にはその設計図は他社から不正に入手したもので、サヤマ製作所は設計図通りの製品を実現できず、その性能は動作保証90日の基準には届かないものだった。納期が迫る中、サヤマ製作所は実験データの数値を書き換えてバタフライバルブを納品した。それは、椎名直之社長の指示だったという。臨床治験患者の死亡の真相は、心不全ではない──サヤマ製作所のデータ偽装を背景にした、人工心臓コアハートの動作不良である。


 臨床治験患者が死亡したその時、アジア医科大学の医療知識と日本クラインのノウハウをもってすれば、人工心臓コアハートに何らかの不具合が起きた可能性は充分指摘できたはずだ。臨床治験患者の死亡から充分な調査期間もなくその死因を心不全による病死だと断定して、人工心臓コアハートを無関係だと結論づけたことには、なにか意図があるようにしか思えない。


 自社の実績を積み重ねるために実験データを偽装し、未完成品だとわかっていながらバルブを納品したサヤマ製作所。人工心臓コアハートの臨床治験失敗を恐れて、動作不良を認めず患者の本当の死因を隠蔽したアジア医科大学と日本クライン。医療は、人の命を守る尊いものである。病気と戦いながら、新しい医療機器の開発を待ち望んでいる人の数も計り知れない。しかしそれが欲望や悪意に汚されてしまったとき、医療は人の命を奪う道具にもなり得る。


 * * *


【「ドラマ版週刊ポスト」の作成を担当したADの宮崎萌加さんの話】


「記事は台本と矛盾しないことを前提に、監督がアップにしそうな箇所に重要な単語が並ぶように工夫しています。週刊誌らしい文面にするためにポストのバックナンバーを何冊も読み込みました。一番苦労したのはタイトル。実際のポストのような過激なタイトルは映せませんから(笑い)」

コメント

非公開コメント