2016/01/01

あけましておめでとうございます 『地獄谷野猿公苑』のスノーモンキー


あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします!!



今年はさる年ですね。数年前に長野県の地獄谷温泉でとった写真を探してみました。こちらは世界的に珍しい『スノーモンキー』とよばれる温泉に入るお猿さんです。iPodでパチッととるので、あまり上手くとれませんが、気持ちよさそうに入浴している様子は伝わるんじゃないでしょうか?


2016-1-1-1.jpg

2016-1-1-2.jpg


昨年末、新潟県の赤倉温泉スキー場に家族で出かけた。外国からのお客さんが増えてびっくりした。いつも行く長野県の野沢温泉にも外国からのお客さんが増えている。


野沢温泉や赤倉温泉を訪れる外国の方に人気なのが、このおサルさん達。


●世界的に大人気 長野県『地獄谷野猿公苑』の温泉に入るおサルさん


野沢温泉から車で40分、さらに徒歩30分ほどのところに、世界的に有名な観光地となった『地獄谷野猿公苑』がある。昔は知る人ぞ知る『秘湯』だったのに、温泉に入るニホンザルの写真が海外で紹介されたことで、世界的に知られたのだ。写真の力はすごい。



地獄谷野猿公苑|ようこそ、ニホンザルの世界へ


2016-1-1-3.jpg




●世界的に有名になったきっかけは、職員の方が撮影した写真


人気に火をつけたのは、動物写真家の岩合光昭さんの写真集『スノーモンキー』かと思っていたら、ちょっと違うようだ。



スノーモンキースノーモンキー
(1996/11)
岩合 光昭、岩合 日出子 他

商品詳細を見る



直接のきっかけは、2006年に萩原敏夫さんという地獄谷野猿公苑の職員の方が撮影した写真だそうだ。調べてみると、萩原さんの写真が海外のコンテストでグランプリを受賞したからだと書いてある。岩合さんの写真集も人気があるから、じょじょに、ということかもしれない。


日本の「スノーモンキー」はなぜ外国人に人気なのか?ーNAVER まとめ


●動物写真家 岩合光昭さんの『スノーモンキー』


私は世界的に有名な動物写真家、岩合光昭さんのとった『スノーモンキー』が好きだ。特に写真集の表紙になっている雪玉を抱えているような写真。この写真を一目見て、写真集を買った。


岩合さんはあの『ナショナル ジオグラフィック』が、日本版をつくる以前、表紙をかざった唯一の日本人写真家として有名だ。


今まで動物写真に興味を持たなかった私が好きになったのは、新婚生活をカナダでおくったからだ。夫はもともと大学院を卒業してからアメリカの大学院にすすむつもりだった。アメリカの国立公園でレンジャーとして働きたいと思っていたそうだ。


そのため、カナダでは何度もキャンプに連れていってくれた。真冬にニューファンドランド島にある州立公園にいった時には、道をはずれ遭難しかかったこともあった。


小学生の頃、児童文学作家、戸川幸夫さんの「オーロラの下で」という本に夢中になった。そりをひくオオカミ犬と人間の交流をえがいた作品だった。



オーロラの下で [DVD]オーロラの下で [DVD]
(2008/03/21)
役所広司、桜田淳子 他

商品詳細を見る



しかし大人になるにつれて、冒険小説などにはあまり関心がなくなっていった。それが大人になるということかと思っていた。


再び手にとるようになったのは、結婚してからだった。


●森でクマの親子に出会ってびっくり


カナダの森の中で親子のクマに遭遇したり、遭難しかかってはじめて、夫の本棚にあった植村直己さんの本を手に取った。


今まで平面だった地図が、急に立体になり、奥行きが出てきたような感じがした。時間がたつのを忘れるほど夢中になり、何度も繰り返し読んだ。


その後、新田次郎さんの「八甲田山死の彷徨」も読んでみた。暗闇の中から、雪中行軍をする兵隊さんの足音が聞こえるような気がした。やっぱり一気に読んでしまった。


学生時代、こういった本は絶対に手にとらなかった。


でも、かんじきやスノーシュー、クロスカントリースキーで雪の上を歩くとやっぱり違う。視界がうすれ、方向感覚がなくなるホワイトアウトの恐怖が想像できるからだ。


雪道を歩いたことがない人に、ホワイトアウトの恐怖をいくら伝えてもわからないだろう。自分が自然の中で死ぬかも知れない、いうような体験をしないと、面白さがわからないのだ。


つまり、それだけ私は無謀なことをしてきたということかもしれないけれど。


でも、危ないこともしないと、正しいこともわからない。だから、若い頃は冒険するのもいいんじゃないかと思っている。


年末に東京都の教育委員会が「東京都発達障害教育推進計画(案)」の骨子について意見を募集していたので送った。次回、詳しく書こうと思うけれど、「個性を尊重」なんていいつつも、あれこれ細かい決まりで縛るのが、今の日本の教育なんじゃないの?


ある時、外国の方に「どうして日本の子ども達は、小さい頃から塾に通ったり、勉強する時間は多いのに、外国語がしゃべれないの?私は遊ぶ時間が多かったから、いろいろな国の言葉がしゃべれます」と言われて黙ってしまったことがある。


確かにそうだよね、思ったからだ。それに、私のように自分の意見を曲げず、少々無謀なことをしたら検査を受けろと言われそうだ。


コメント

非公開コメント