2016/01/29

もう一人の『ばびろんまつこ』さん

昨年の終わりに自称セレブの詐欺師『ばびろんまつこ』さんのニュースがネットを駆け巡った。あれよあれよという間に本当に詐欺をはたらいていたことだけでなく、愛人契約をしていた過去まで暴露され大騒ぎに・・・


私が驚いたのは、彼女がネットの写真そのままとはいかなくても、それなりにかわいく、そして国立大学の法学部を出ていたことだった。ご両親には自慢のお嬢さんだったんだろうなぁ・・・。


◆  ◆  ◆

「特進クラスの優等生」が美人詐欺師「ばびろんまつこ」になるまで 元同級生が語る驚きの変貌ぶり「そういえば......」J-CASTニュース 2015/11/21

2016-1-29.jpg

ツイッターで贅沢な生活をひけらかし、「セレブ美女」としてネット上で名を馳せていた彼女。だが、元同級生たちが語った松永容疑者の人物像は、どちらかというと「地味」なものだった。



◆  ◆  ◆


私のすぐそばにいた『ばびろんまつこ』さん


実は私の身近にも『ばびろんまつこ』さんがいた。同じようにネットでセレブ生活をアピールしている。彼女がばびろんさんと違うのは、「こどものため」とか「社会のため」といいながら活動していることろ。


でも私はずっと怪しいと思ってみていた。本当に社会のためなら、なぜ、私を前面に出してアピールするのだろう?まして政治家や著名人と親しく付き合うことを、わざわざアピールする必要はないはず。


知りあいも同様の疑問を口にしていた。「本当に実生活が満たされている人は、あんなアピールはしないよ」


でも、彼女のセレブ生活もどうやら終わりに近づいているようだ。これまで重く口を閉ざしていた人達が一斉に口を開き始めているからだ。そう遠くない日に真実は白日の下にさらされる。そうなったら大騒ぎになるだろうな。特に、騙された教育関係者。


ただ、見方を変えれば、先生や教育委員会には良い教訓になるだろう。だって、子ども達に「差別はやめよう」なんて教えてきた先生達が、人一倍見た目や肩書きに惑わされるということだから。表面的なもので安心し、奥に隠された本質をみようとしないから、彼女が持て囃されてきたのだ。


私が息子に良い点をとれればいい、という教育をしたくないのは彼女が『ばびろんまつこ』さんだと知っているから。彼女は日本の教育の象徴だ。日本の今の教育制度は大切なものが欠落しているんだよ。



コメント

非公開コメント