2016/02/09

NHKクローズアップ現代 『“副作用”がわからない? ~信頼できるワクチン行政とは~』その8


NHKクローズアップ現代 『“副作用”がわからない? ~信頼できるワクチン行政とは~』その7 の続き


●引っ越しをしても、追跡できるシステム


さらにIDを付与して


2016-02-05-174922.png


引っ越しなどをしても追える仕組みになっています。


2016-02-05-175007.png


CDC予防接種安全室 担当者 トム・シマブクロ次長

副作用をより正確に把握するために、しっかりと追跡することがとても重要なのです。


2016-02-05-175014.png


●940万人分の電子カルテからなる大規模なデータベース


ナレーション

想定外の副作用が疑われる場合、ワクチンとの因果関係を迅速に分析する仕組みがあります。


2016-02-05-175027.png


カギを握るのが大規模なデータベース。9つの医療法人、940万人分の電子カルテからなります。


2016-02-05-175036.png


「疾患や予防接種の記録が分かります」


ナレーション

この膨大なデータを分析し、ワクチンを接種したグループとしていないグループで副作用が疑われる症状の発症率を比べます。つまり、いつでもすぐにワクチンと副作用との因果関係を調べる疫学調査が出来るのです。


2016-02-05-175109.jpg


続き

コメント

非公開コメント