2016/04/02

嘘で塗り固められた経歴の有名人 また大騒ぎになるんだろうな・・・

ブログがなかなか更新できず申し訳ありません。最近メディアに露出しているある人を調査していました。


最近は、私もお手伝いさせていただく機会も増えていろいろな裏事情を知ることも多くなった。もともと父も似たようなことをしていたら「門前の小僧」なのかもしれない。たいてのことには驚かないけれど、久しぶりにびっくり!


どうして今まで誰も気づかなかったのだろう。Googleで検索をするだけでも違うはずなのに・・・。


どこかのテレビ局の社長さんが頭を下げたりと、また大騒ぎになるんだろうな。


日本のメディアは、素人に毛に生えたような人を露出させすぎだ。ギャラが低く押さえられるかもしれないけれど、そのぶんリスクが高い。不祥事が発覚した時のこと考えると、リスキーじゃないかと思っていた。


ちょっと有名になったから「じゃあテレビに!」なんてことを、そろそろやめにすればいいのに。


ご本人のインタビューがネットメディアに掲載されていた。


「同じ仕事をしている偉い人達は忙しいから、私がこうしてメディアに出て代弁することを応援しているみたいです」な〜んて書いてあってびっくり。


勘違いもここまでくると悲劇だ。


怒りをぶつけたら大人げないから、黙っていただけ。あるいは、いつかこんなことになると思うから、何も言わなかったのだ。だって「あなたは間違っている!」と怒るには、怒る側にも体力が必要でしょう?我が子を注意するのは、良い大人になって欲しいから。もしも将来どうなってもいいと思うなら何も言わない。


この人を知れば知るほど、『牧本事件』が頭に浮かぶ。この人は牧本医師と同じことをいっているのに、私の心に響かない。どうしてなのかな、と考えると、牧本医師はそれだけ真摯に生と死に向き合ってきたからなんだろう。


自らの経験に基づく言葉と、そうでない言葉はやっぱり違うんだ。



コメント

非公開コメント