2016/04/27

東日本への言及が多い点について


●「東日本への言及が多く、ミスリードを招くのでは?」というご指摘に関して


私のブログを訪問していただきありがとうございます。
上記のようなご指摘いただきましたので、ご説明させていただきます。


ご指摘にありました通り『Wedge』(ウェッジ)はJR東海グループが発行している月刊誌で、
私が株主総会に行ったのはJR東日本です。


息子が鉄道ファン(乗り物好き)なので、よく知っています。


小学校3年生の夏の自由研究



私は、そもそも、JRの分割は、会社にとってであり、
乗客にはあまり関係がないと思っています。
新幹線をみてもわかるように、
広範囲を走るからです。
実際に、東海から、東に乗り継ぐ人は多いんじゃないでしょうか。


私が問題だと感じたのは、東海であのような記事が出されたら、
東と何らかの関連があるのでは、と、思われてもしかたがないのでは、ということです。
ウェッジが東海関連の会社でも、
今、問題になっているクリニックがあるのはJR東日本の関連だからです。


「東京大学医科学研究所先端医療社会コミュニケーションシステム社会連携部門」に関する公開質問書

「東京大学医科学研究所先端医療社会コミュ二ケーションシステム社会連携部門」に関する公開質問書(アインホールディングス版)


この後、クローズアップ現代の中で、
JR東日本の常務取締役がこのようにおっしゃっていました。


「いろいろなシステム化が進む中で、落とし穴というか所謂リスクというものが、きちんと洗い出ししきれていなかったという反省です。そこをきちっと洗い出し、つぶしていく作業をきちっとやっていきたいと考えています」


私は今回のウェッジへの批判は、この「洗い出す点」にあたるのではないかと思います。
JRが危惧すべき盲点というべき点だと思ったからです。


我が家には、飛行機の座席におかれている雑誌がたくさんあります。
息子が乗り物好きなのでお土産は機内誌なのです。


2016-4-27.jpg


一方で、ウエッジはありません。


今回、ブログを書くにあたり久しぶりに機内誌を手にとりました。


気づいたことがあります。


私は今まで飛行機の機内誌は、退屈でつまらない、と、どこか物足りなく思ってきました。
しかし、それこそがリスク管理だったのかもしれない、ということです。
飛行機会社はリスクを知っているから、
ウェッジのような特集を組まないのではないでしょうか。


続く


コメント

非公開コメント