2016/04/28

2016/04/27 週刊金曜日「子宮頸がんワクチン被害者に矛先を向ける雑誌『Wedge(ウェッジ)』」にびっくり! JRの危機管理態勢は大丈夫? その8

以上、NHKクローズアップ現代の前半部分を文字におこした。この後、JRだけでなく私鉄の事故についても言及する。


(※こちらの公式サイトに番組の詳しい内容が掲載されています↓)
NHKクローズアップ現代 No.3710 2015年10月1日(木) “世界一の鉄道”に何が ~多発する事件・トラブル~ 


もちろん事故が起きるのも、復旧までに時間がかかるようになってしまったのことも、一概にJRの責任だとはいえない。私達市民が効率を際限まで求めた結果だともいえるからだ。


●世界的にテロの脅威が高まる中で


ただ・・・


世界中でテロの脅威が高まっている今、新幹線がいつ、テロの標的になってもおかしくない。新幹線とは我が国を象徴する乗り物だからだ。自己紹介をご覧になればわかるように、私にとったら、テロは身近な出来事だ。遠い国の出来事だとは思えない。


そういう時代に、「子宮頸がんワクチン被害者に矛先を向ける雑誌『Wedge』
ウソを重ねて被害者接触をはかった元WHO職員」などと記事にされることは、まさに、JR東日本の常務取締役が番組の中でおっしゃった「きちんと洗い出ししきれていなかったリスク」にあたるのではないかと思う。


2016-4-25.png



村中璃子 Wedge』などで検索すれば、わかる。例え、どんなに的外れな批判であってもこれだけ多くの批判があちこちのブログなどに書かれていることは問題だと思う。


●いつかこうした批判が出ると思っていた


これは理化学研究所の笹井秀樹副センター長が亡くなった翌週、東海道新幹線のグリーン車の座席においてあった、ウエッジに掲載されたイラストだ。写真を撮ったのは、あまりにも後味が悪かったから。


2016-8-27-0.jpg


笹井さんは著名な研究者だったから、東海道新幹線のグリーン車には、一緒に仕事をしてきた方だって乗車しただろうと思う。もしかしたらお葬式に参列するために乗車し、このイラストを目にしたかもしれない。


「笹井さんは亡くなっているのに・・・」と考えるとなんとも嫌な気持ちになった。


イラストが掲載されたウエッジを持ち帰ろうかと考えたけれど、読みたい記事は他にない。重いしかさばる。だからこうして写真だけを撮った。もしもアンケートなどがあったら「誰かを痛烈に批判する記事を掲載するのはやめて欲しい」と書こうと考えていたからだ。


ウェッジは月刊誌だ。グリーン車に雑誌を配置したいのなら、私は書店に並んでいる週刊誌の方がいい。週刊誌は一週間でニュースが入れ替わるし、どんな特集が掲載されていても、「週刊誌だから」で、素通りできるかもしれない。


●新幹線は、単に輸送のためだけにあるのか


新幹線のような長距離を走る列車というものは、単に人を運ぶだけじゃないと思っている。


JR東海といえば、いぜんは『クリスマスエクスプレス』や『シンデレラエクスプレス』というCMで有名だったからだ。


◆  ◆  ◆





シンデレラエクスプレス wikipedia
1987年にJR東海が東京発新大阪行の新幹線最終便に対して付けたキャッチフレーズ。21時ちょうど発だったことが、童話シンデレラをイメージさせたことからついたもの。

◆  ◆  ◆


このCMのテーマのように、楽しいとか、悲しいとか、人の気持ちだって運んでいる。


JR東海は大切なものを忘れてしまったのだろうか。


コメント

非公開コメント