2016/06/07

『牧本事件』 刑事告発されるまでの報道を振り返る その1

●何かがおかしい 国立がん研究センターの懲戒解雇『プレスリリース』や『裏帳簿』・・・


先日紹介したように、会員制の医療情報誌『集中』には、牧本敦医師の不正に関する報道が繰り返し掲載されていたようだ。具体的には国立がん研究センターを懲戒解雇された2013年から刑事告発される2014年3月にかけてだ。


◆  ◆  ◆

報道関係者各位 研究費の私的流用に係る職員の懲戒処分について 国立がん研究センター 2013/02/26

2016-6-8-2.png


◆  ◆  ◆


『集中』は一般には出回らない。しかしここにきて、『牧本事件』の真相に注目が集まっているのだろうか。断片的にではあるが、検索結果に表示されるようになった。


ちなみにこちらは、『集中』と同じような会員制の情報誌『選択』のWebサイトに掲載された、国立がん研究センターの『裏帳簿』。2014年2月1日発売号「日本のサンクチュアリシリーズ473 裏金まみれの『国立がん研究センター』 ― 研究費『不正使用』でやりたい放題」という特集を、公式サイトで一部紹介している。写真がバッチリあるということは、内部からリークがあったのだろう。それに発売日が刑事告発直前の『2014年2月1日』。ということは、この記事が告発を後押しした可能性もあるのだろう。


◆  ◆  ◆

≪日本のサンクチュアリ≫ 裏金まみれの「国立がん研究センター」 3万人のための情報誌 選択 2014年2月1日発売号

2016-6-8-1.png

◆  ◆  ◆


牧本医師は、「小児がんの治療に戻りたい」とご自身のブログに書いていらっしゃる。


私は牧本敦医師のブログを拝見した時に、報道されたことのすべてが真実ではないのだと直感した。


だから、こうして当時の報道を辿っているけれど・・・世間の無知・無理解・無関心はつくづく恐ろしいと思う。私が牧本医師だったら思わず目を背けたくなるような厳しい内容が「これでもか!」というほど、書かれていたんだ。しかしいくら「何かがおかしい」と思っても、当事者以外には、どこからどこまでが事実で、どこからどこまでがそうでないか判断できない。


注目も集まっているようだし、いつか、ご本人から私達に説明があるだろうか。今回はあまり気がすすまないけれど、その日のために、会員制の医療情報誌『集中』の検索結果を、記録しておこう。


◆  ◆  ◆

http://www.fujisan.co.jp/zasshi_search/?d=2&t=s&tb=d&st=g&dg=0&qk=%E7%89%A7%E6%9C%AC

2016-6-2-0.png


◆  ◆  ◆


Fujisan.co.jp 雑誌内検索: 集中/MedicalConfidential 2013/03/31発売号  【牧本】の検索結果


(※ 2013/03/31発売号に掲載された記事『「国立がん研究センター」研究費プール問題の深淵』は「研究公正」というブログに転載されているので、全文読むことができます)

この雑誌で「牧本」を含む検索結果:

  1. ..の一掃を企図する。「牧本氏の師である高上氏は依願退職しました。垣添氏に抜擢された『経歴』が問題視された。垣添色の排除が狙いです」(国がん関係者)牧本氏は10年以降、科研費を獲得できていない。仙谷...


  2. ...す」(国がん関係者)牧本氏は10年以降、科研費を獲得できていない。仙谷氏と嘉山氏の手による改革の進展で垣添氏の影響力が著しく低下した時期に重なる。救急医療が地域で完結せざるを得ないのとは対照的に...


  3. ...いることだ。例えば、牧本氏の更迭後も診療は継続されるのか。国がんからはまともな説明すらない。厚労官僚の恣意的な運用。従順な子分だけを優遇。世論による批判逃れの意図。見せ掛けの「実績」を作る──。...


  4. ...な掘田氏「中央病院の牧本敦・小児腫瘍科長が国の研究費、約2570万円を不正にプールしていた。一部を家電製品の購入などに私的流用した。?も、いずれは減らしていく。パイ全体が急速に収縮している環境な...


  5. ...につく国がんは異常。牧本氏の最大の特徴は業績がゼロに近いこと。10年間で一流誌への論文掲載は皆無。にもかかわらず、億単位の公的研究費を得ている。これは『大教授』級のランクです」(国がんで勤務経験...


  6. ...勤務経験のある医師)牧本氏を懲戒解雇とする」報道によれば、牧本氏は2007年度から08年度にかけて、厚労省から合わせて約2億2000万円の研究費を受け取っている。物品納入業者に架空発注し、代金を...


  7. ...する」報道によれば、牧本氏は2007年度から08年度にかけて、厚労省から合わせて約2億2000万円の研究費を受け取っている。物品納入業者に架空発注し、代金を過大に払う→その分を不正にプールする手...


  8. ...労省と審査の担当者は牧本氏のどこに可能性を見いだし、血税から億単位の出費を恒常的に認めてきたのか。厚労省による科研費の恣意的な分配。この弊害は本誌でも指摘してきたし、半ば公然の秘密といえる。一例...


  9. ...み門戸を開いている。牧本氏を引き上げたのは高上洋一は総計39課題を採択。22億3000万円を交付している。驚くべきことに、このうち18課題で国がん関係者が主任研究者の任にある。76%に当たる17...


  10. ...島大学医学部の医局で牧本氏の先輩に当たる。この高上氏を抜擢したのが総長として国がんに君臨した垣添忠生氏だ。「『倫理』以前の問題として、研究者は生き残りのために民間からのキャッシュフローに転換して...



◆  ◆  ◆


Fujisan.co.jp 雑誌内検索: 集中/MedicalConfidential 2013/04/30発売号  【牧本】の検索結果

この雑誌で「牧本」を含む検索結果:

  1. ...中央病院小児腫瘍科の牧本敦前科長が「一部を家電製品の購入などに私的流用していた」。だが、実像は少々異なる。「家電」ではなかった使途2000年代末ごろから、牧本氏はプールした研究費を親密な関係?医...


  2. ...00年代末ごろから、牧本氏はプールした研究費を親密な関係?医師であるのは間違いない。確かに論文は少ない。ただ、もともと肉腫は患者の数が限られている。世界中を見渡しても、エビデンスがないんです。む...


  3. ...る。肉腫系に関しては牧本氏のいた診療科が全国トップ。群を抜いている。「独立法人化以前の国がんの状態を知っている人なら、これでうみが出切ったとは思えないでしょう。科研費の不正流用に手を染めているの...


  4. ...は得られなかった。「牧本先生がしたことは論外です。ただ、肉腫に関しては日本有数の?変化は生じ始めている。「東京大学では文部科学省の科研費を堂々と『繰り越そう』とする動きが広がっています。もちろん...



◆  ◆  ◆


続く

コメント

非公開コメント