2016/06/09

『牧本事件』 削除された「家電ではなかった使途 」 内部通報者に関する記述を発見 その2

●削除された時期は、2015年4月28日頃 鍵を握るのは『神奈川県予防接種研究会』か


『集中』はこれまでみたように、牧本敦医師に対して一貫して辛辣な姿勢だった。「社会悪」だと言わんばかりの記事を掲載し続けてきた。具体的には「厚労省と審査の担当者は牧本氏のどこに可能性を見いだし、血税から億単位の出費を恒常的に認めてきたのか」「国がんと牧本氏の間で『刑事告発はしない代わりに取り調べでは黙秘』との取り引きがあったとみています」「大原薬品社長と牧本氏の蜜月ぶりはつとに知られるところ」などーーーーーーー


こうした内容の記事をバンバン出されたら、牧本医師にとったら致命的だ。小児がんの治療から永久追放させられるかもしれない。その一方で内部通報者にはやさしいというか、偏った内容。削除された時期を調べる。


やはり、削除されたのは2015年の4月28日頃


https://web.archive.org/web/20150428011120/http://medical-confidential.com/confidential/2013/05/post-547.html
2016-6-9-3.png


これは「国立がん研究センター」研究費プール問題の深淵」が削除された時と同時期。つまり、『全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会』が記者会見を行い、斎藤貴男さんの『子宮頸がんワクチン事件』が発売されたのと同じ頃。


なぜ削除された時期が重要なのか?もう一度、過去に書いた記事を引用する。


◆  ◆  ◆


医療情報誌『集中』出版の不思議 その4 『国立がん研究センター研究費不正報道』と『神奈川県予防接種研究会』


『集中』に情報提供していると思われる方は、子宮頸がんワクチンの公費助成推進運動にも関わってきた。何か動きがあったかもしれない。


すると面白い事実がわかった。削除される一週間ほど前の昨年4月21 日、『全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会』が、こちらの記者会見を行なっている。ジャーナリストの岩上安身氏のWebサイトに記事がある。タイトルにある「醜悪である」と発言したのは、神奈川県予防接種研究会のメンバーの久住英二氏だ・・・。



◇  ◇ 

2015/04/21 子宮頸がんワクチン推進派による声明は「事実に基づかない」 副反応被害者・弁護士らが抗議 ~推進派医師が被害者らに「醜悪である」などと暴言を浴びせていたことも明るみに


(略)この声明は4月4日付けで医療ガバナンス学会のメールマガジンとしてインターネット上に公開されており、同学会の理事長を務める久住英二氏が、ワクチン接種後に健康障害が起きた患者らに対してTwitterで「醜悪である」などと、医師として不適格極まりない発言を行なっていることも明らかになった。


(問題となっている久住英二氏の発言)



◇  ◇ 


4月24日には、斎藤貴男さんの『子宮頸がんワクチン事件』が発売されている・・・。



子宮頸がんワクチン事件子宮頸がんワクチン事件
(2015/04/24)
斎藤 貴男

商品詳細を見る



●2015年4月21日の記者会見と、『子宮頸がんワクチン事件』に共通すること


『全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会』の記者会見と、斎藤貴男さんの『子宮頸がんワクチン事件』に共通するのは『神奈川県予防接種研究会』と、研究会のメンバー、ナビタスクリニック理事長久住英二氏の『醜悪』発言を取り上げていることだ。斎藤さんの本には『神奈川県予防接種研究会』を傍聴した感想と久住氏のインタビューが掲載されているのだ。


続く


コメント

非公開コメント

No title

一般に「病気を診て人を見ない医師」と聞きますが、それ以前の「人を貶めるペンが武器の医師達」が世の中に存在することを、知れなければならないと存じます。

恣意的に偏ったペンの力が、背景を捉え、言質を取り、正しく発信されますことを切に願っておりました。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

Re: No title

コメントをありがとうございます。お返事が遅くなってごめんなさい。

最近、当時のことをいろいろ教えていただく機会が増え、驚いています。

「集中」がどうしてこうした記事を配信するのかとても不思議でしたが、
調べたらいろいろあったようですね。

この業界の方に、会員制の情報誌についていろいろ教えていただきました。

今は、ノンフィクションなどの本を出版しても、50万円ぐらいにしかならないそうです。
以前は、300万から500万円ぐらいにはなったそうです。

それだけ本が売れないんですね。

だから、会員制でなくても、経営状態によって、
歪んだ記事を書かざるを得ない状況に追い込まれていくこともあるそうです。