2016/08/29

医療不信を生み出すもの 私達を、薬剤の普及活動に利用しないで欲しい その2

●社会への啓発で大切なこと ナショナルセンターには、ネットで暴走する医師の問題も取り上げて欲しい!


でも、私には苦い記憶が蘇る。医療者とともに行う病気の啓発活動がトラウマになってしまった。私や私達家族の善意がいつの間にかワクチンのロビー活動に利用されていったからだ。


HPVワクチン『ロビー活動』から『薬害裁判』へ 市民を利用し『社会運動』をしてきたのは誰なのか? その1 

週刊文春 カリスマ女医宋美玄にも「有名病院留学」詐称疑惑を読んで その1

『Wedge(ウェッジ)』と村中璃子氏に関する話題 その後 その1


私は超低出生体重児の親だから、もちろん感染症の恐怖を知っている。だからワクチンをできるだけ接種して欲しいと思う。でもワクチンの被害を訴えている方々に「醜悪」などと批判することが、私にはどうしても理解できない。被害者に辛くあたることが、なぜ、ワクチンへの理解や感染症撲滅につながるのだろう?

https://twitter.com/KusumiEiji/status/519287168037306369
2016-8-29-1.jpg

むしろ、こうした冷たい言葉を医療者が投げかけることは、医療不信につながると思う。だから私は、成育にはネットで暴走する医師の問題も取り上げて欲しいと考えている。


● 「患者団体のために動いてあげようと思っただけ」という土屋了介氏への疑問 


そしてもう1つ、成育に取り上げて欲しいことがある。社会に働きかける時に、特定の薬剤の推進をしたり、特定の患者さんの声ばかりを取り上げないで欲しいということだ。


子宮頸がんワクチンの啓発活動をみて、私が一番疑問に思ったのは、土屋了介氏のご発言だった。土屋氏はご自身が啓発活動のきっかけをつくったことをメディアで公言していらっしゃる。


◇  ◇  ◇
子宮頸がんワクチン問題を追う ワクチンビジネスの作法 圧倒的な物量作戦 2014年9月16日 ジャーナリスト斎藤貴男

事情を確かめたら、GSKの専務が仕掛けていた。それでもう、僕は辞めると。その幹事長代行に皆さんを引き合わせることはしましたが。だってね、GSKの仕事をやる気はないから。私は患者さんや、患者団体のために動いてあげようと思っただけなんだから
◇  ◇  ◇


患者さんが望んでいるのは土屋氏がおっしゃるように、本当にワクチンを普及させることなんだろうか?少なくとも私は違う。


私ははじめて登壇したシンポジウムの時のことを今でも覚えている。私の発表が終わると、「良かったよ」と声をかけて下さったのが土屋氏だった。「こっちにくるといいよ」というようなことをおっしゃって、手を握って下さった。私は土屋氏が著名な医師だということを知っていたから、大変感激した。


でも、それなのに、実際に活動に参加してみると、熱心にすすめているのは「ワクチン」に関することばかり。救われた人が、救えなかった方のために活動するという「周産期医療の崩壊をくい止める会」の募金活動にいたっては、ご遺族にお金を渡して終わりという感じだった。


続く

コメント

非公開コメント