2016/09/15

私と窪田満医師とを結ぶ線  「その先生はもしかして窪田先生ですか?」 その1

●超低出生体重児と総胆管結石 肝臓の数値が高いのはなぜなのか?


息子が今でも国立成育医療研究センターにお世話になっているのは、胆管が若干拡張していることと、肝臓の数値が高いからだ。


まだ1歳の頃、総胆管結石の発作が突然襲い、救急搬送された。それ以来経過観察を続けているが、肝臓の数値がなぜか高いまま。胆管も拡張したまま。主治医も原因がわからないという。


小さく生まれた子供を社会でどう支えるか「その6」 「あなたを一人にしない」という対照的なアメリカの運動

小さく生まれた子供を社会でどう支えるか「その7」 二度の救急搬送と赤ちゃんパンダの死因・・・


ところが今年はじめて「総胆管結石は、そんなに小さい時に起きる病気じゃありません。小さく産まれたことと関係があるのかもしれません」とおっしゃった。


私は小さく産まれたことと関係があるんじゃないかとずっと疑っていた。同じ成育で、同じ時期に産まれた超低出生体重児のお子さんも同じ総胆管結石になったし、誰かのブログにも書いてあった。


そんな時に、声をいただいて参加したワークショップだった。


私が窪田満医師の講演をきいて、「この医師は信頼できる」と感じたのは窪田医師のある一言がきっかけだった。


「僕は50を過ぎているんです。定年まであと、10年ちょっとなんです。その間に、子ども達のために、何か大きなことをやっていきたい」そんなことをおっしゃっていたからだ。


でも、私は国立がん研究センターで起きた『牧本事件』を思い出し、内心複雑だった。何も伏魔殿のような場所に来なくても、、、と思ってしまうからだ。前の病院の患者さん達が、寂しい思いをしているかもしれないし、、、。


家に帰って窪田医師の経歴を調べてみた。


こちらはGoogleで窪田満というお名前を検索した結果だ。


2016-9-16.png


テレビ出演や派手な本の宣伝などがほとんどヒットせず、患者さんと一緒の写真が出てくる。先天性代謝異常や内分泌疾患をご専門にしていらして、埼玉県立小児医療センター総合診療科にいらしたようだ。私の直感は当たっているみたい。


そういえば、、、。窪田医師の経歴を調べるうちに、私は友人の医師の言葉を思い出した。


続く

コメント

非公開コメント