2016/09/21

『子供の生活実態調査』アンケートの回答 インクルーシブ教育を目指す前に、もっと小さなことに目を向けて欲しい  その2

●インクルーシブ教育 日本とカナダの違い

カナダで暮らしたのは、もう20年も前だ。私は空港に着いたその日、日本との差に驚いた。



新居となるコンドミニアムはエルム・ストリートという、オフィスビルが立ち並ぶ一角にあった。お昼ともなると、大勢の会社員の姿を見かける。皆、忙しそうに歩いている。でも、車椅子の人が通りかかると、立ち話をしながら、ごく自然にドアの開け閉めを手伝うのだ。


新居の近くには、世界的に有名な小児病院、トロント小児病院(シックキッズ)があった。一日に何度も、救急搬送のヘリが患者さんを運んでくる。


そしてすぐ隣の大型ショッピングモール(イートン・センター)には、病気や障害を抱えた方が働いていて、「私の病気はねぇ」と買い物客に話しかけていた。


当時私は婚約中で子どももいなかった。インクルーシブという言葉も全く知らなかった。でも、こういう社会はいいなあ、と心の底から思った。私もいつか歳をとる。どんなに気をつけていても、なにかしらの病気になるからだ。


人の命を救うということは、受け入れる社会の温かさがあって、はじめて成り立つのだ。あの時痛烈に感じた。


◇  ◇  ◇
東京都福祉保健局少子社会対策部 『子供の生活実態調査』への回答


中学生になる超低出生体重児(千グラム未満で生まれた早産児)を育てています。超低出生体重児は救命されるようになってから、まだ歴史が浅く、専門家や医師でも、どのように育つのかわからないといいます。


多くの超低出生体重児がそうであるように、我が子にも、発達の遅れがありました。しかし、遅れが僅かなために、療育先などは全くなく、これまで教育支援を受けたことがありません。生まれたばかりの頃、未熟児訪問で保健師さんが2度、訪問いらっしゃいましたが「珍しいものをみにきた」という感じで、がっかりしたことを覚えています。


ご存じのように●市は給食で、食物アレルギーのお子さんが亡くなりました。


事故後、食物アレルギーのお子さんを持つお母さんが私に言っていました。「これまでどんなに学校や行政に訴えても『神経質な母親だ』」というような目で見られてきた。でも、事件後、嘘のように親切に話をきいてくれる」


病気や障害を持つ子どもを育てている親にとったら、そう思うのはある意味当然だと思います。


例えば、我が子の通う中学には、特別支援学級がありますが、普段ほとんど交流がありません。普段から交流がないので、どんなお子さんが勉強しているのか、子ども達は知りません。


昨年知りあいのお子さんが特別支援学級にうつりました。その後、同級生が学期末にうつっていきました。何度か同じような出来事が続いたため、息子はとても怯えるようになりました。自分も成績が悪いために「●組にいきなさい」といつ言われるかわからないからです。


また、この前、ある慢性疾患を抱えるお子さんの保護者の方が不安そうに私に言いました。クラブの合宿で、長い距離を走らされたため、夜中に発作が起きてしまったそうです。「休んでもいい」と言われて入部したものの、顧問の先生は、病気のことをはじめ、発作の恐ろしさを理解していない。だから合宿中、一人だけ見学できる雰囲気ではなかったそうです。


別の保護者の方は、お子さんの健康問題のことで、●学校のスクールカウンセラーに相談したら、後悔したそうです。なぜなら、カウンセラーが守秘義務を守らず、何でも学校に伝えてしまうからです。


数年前学校から配られた手紙に「●市がインクルーシブ教育を目指している」と書いてあり、私は喜びました。


しかし今、そんな大きなことができるのか疑問に思うようになりました。


夫も教員なので、教育現場が疲弊していることもよくわかっているつもりです。ですが、現実問題として、人手も足りないのに、そのような大きな目標が目指せるのでしょうか?


せっかくこのような機会をいただいたので、正直に意見を書かせていただきました。


大きな理想を目指す前に、子ども達の抱える病気を知ることや、守秘義務を守るなど、もっと基本的なことに目を向けて欲しいと思います。まずは小さなことに目を向け改善しなければ、再び大きな事故が起きるのではないでしょうか。

◇  ◇  ◇

コメント

非公開コメント