2016/10/17

村中璃子氏が出廷しなかった理由とブログへのクレーム  その2


●私がブログを書き始めた理由


ふと、私にクレームが来る理由が頭に浮かんだ。私も資料などを送ってもらって、ブログを書いている(書かされている)と思われているのかもしれない。


そうじゃない。


あれは2013年、風疹が大流行した年だった。ワクチンを推進するある医師からメールが突然送られてきた。それも、私がNHKに嘘の情報を流したんじゃないのか、と問いただす内容だった。


私がブログをはじめた本当の理由 クローズアップ現代『“副作用”がわからない? ~信頼できるワクチン行政とは~』をみて その1

私がブログをはじめた本当の理由 クローズアップ現代『“副作用”がわからない? ~信頼できるワクチン行政とは~』をみて その2


理由はよくわからないけれど、私のせいでNHKが報道できなくなる、というようなことが書かれていた。この一件で、NHKに対する不信は今でも大きい。NHKの方々はワクチンに副反応がつきものだといっていた。自分達の報道やキャンペーンが正しいと思うなら、被害があっても、毅然とした態度で活動を続ければいいはずだ。


私は真実が知りたくて調べはじめた。


実際に関係者の方々のところに足を運んで話をきいた。ブログで取り上げてきた疑義に関して「根拠」となる文書や通信記録なども入手した。


しかしそれらをすべて公開するつもりはない。私はジャーナリストじゃないけれど、自分の正しさを主張することで、誰かの名誉を著しく傷つける可能性があることをよく知っているからだ。



村中氏はたぶん本物のジャーナリストじゃないのだろう。


続く

コメント

非公開コメント