2016/10/26

<大川小訴訟>石巻市と県に14億円賠償命令 先生のいうことを信じてばかりじゃダメ!

東日本大震災の津波の飲み込まれた大川小学校。ご遺族が、市と宮城県に23億円の損害賠償を求め、判を起こした。今日、仙台地裁で判決が言い渡された。

◇  ◇  ◇
<大川小訴訟>石巻市と県に14億円賠償命令 河北新報 10月26日(水)15時16分配信
2016-10-26-1.png

東日本大震災の津波で死亡・行方不明になった宮城県石巻市大川小の児童23人の19遺族が市と宮城県に23億円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、仙台地裁(高宮健二裁判長)は26日、学校の責任を認め、計約14億2660万円を支払うよう市と県に命じた。公立学校教職員の管理監督下で震災の津波で犠牲となった児童生徒を巡る司法判断は初めて。全国の教育現場に大きな影響を与える可能性がある。
◇  ◇  ◇

ニュースをみて当然の判決だと思う。


この裁判は、ネットメディアが真実を伝え続けてことで、応援の輪が広がった。当初の報道とは、あまりにもかけ離れた事実の数々に、憤る人もおおかったんじゃないだろうか?


私もその一人だ。


私はダイアモンド・オンラインに連載された大津波の惨事「大川小学校」~揺らぐ“真実”~という特集記事を読んで、『あのとき、大川小学校で何が起きたのか』(池上正樹、 加藤順子著)という本も購入した。こちらは当時書いた感想。非常にアクセス数の多い記事の一つだ。


『あのとき、大川小学校で何が起きたのか』 を読んで その1


教員である夫にも、もちろん真相を伝えた。「教員がご遺族を支援しないでどうするの!」と思うからだ。


はじめ夫は「学校を訴えるなんて」と思っていたようだった。しかし私が、裁判を起こしたご遺族には、教員もいらっしゃること、裏山で椎茸栽培をしていたことなどを教えたら、考えが180度変わったようだ。



いくら予測できないほど大きな災害だからといって、教員には子どもの命を守る使命や責任があると思う。せめて、役所や教員が真実をもっと早く伝えていたら、結果も違ったかもしれない。唯一の生存者の先生だって被害者だと思う。(ご遺族に対して、何も語らせないという)重い十字架を背負わせるような対応をさせたのだから。


私は、津波に飲み込まれる映像をあえて子どもにみせた。息子は泣いて怖がったけれど、「先生はいつも正しいことを言っているとは限らない!いつも誰かの後をついていくだけじゃダメ!命を守るのは、自分しかいないんだよ」と教えた。


亡くなったお子さん達は、天国で少しは喜んでくれるだろうか?


ご冥福をお祈りします。

コメント

非公開コメント