2016/12/06

あるジャーナリストの名刺に記載された肩書きと住所の謎 疑惑の『水口病院』 遺族が医師を刑事告発 その2

●結婚からわずか8日後、妻が突然亡くなった

人工妊娠中絶手術後に女性死亡 「無資格」の執刀医を直撃 FNNニュース 12/06 00:13

フェイスブックに、「夫婦になりました。いろいろあったけど、信じてついてきてよかったです」と記した女性。笑顔で、婚姻届を手にする、23歳の妻と26歳の夫。2016年7月6日、2人は、交際5年目の記念日に結婚した。


2016-12-6-1.jpg


しかし、結婚から、わずか8日後の7月14日の夜、妻は、自宅で突然、亡くなった。


2016-12-6-3.jpg

●亡くなる6日前、妊娠中の妻は、胎児が育っていないため、なくなく中絶手術を受けていた


夫は「家に着いたのが、(午後)8時すぎぐらいですね。家は、もう真っ暗で、ベッドとかにもいなかったので。で、トイレに入ったのかなと思って捜して。そうしたら、倒れていて」と話した。


解剖の結果、死因は、致死性不整脈による、急性うっ血性心不全。原因不明で、突然、心臓の機能が低下したというものだった。死亡との因果関係はわかっていないが、亡くなる6日前に、妻は、人工妊娠中絶手術を受けていた。


2016-12-6-4.png


夫は「日帰り(手術)だったんですけど、ふらふらのまま帰ってきて、『でも、手術後だから、おなかが痛いのかな』なんて、話をしていて」と話した。夫も妻も、子どもが欲しかったが、医師から「胎児が育っていない」と言われたための、やむを得ない決断だった。


2016-12-6-6.png


続く

コメント

非公開コメント