2016/12/06

あるジャーナリストの名刺に記載された肩書きと住所の謎 疑惑の『水口病院』 遺族が医師を刑事告発 その3

●亡くなった女性が手術を受けたのは、豪華な設備を売りにした『水口病院』

手術を受けたのは、東京・吉祥寺にある、水口病院で、豪華な設備を売りにした、産婦人科の病院。


2016-12-6-7.png

法律では、医師が中絶手術を行うには、「母体保護法指定医」という、特別な資格が必要となる。

2016-12-6-8.png

当時、病院で、この資格を持っていたのは、A医師、B医師とC医師の3人だった。

2016-12-6-9.png

●執刀した医師は中絶手術をする資格を持っていなかった

しかし、夫が、病院から手に入れた診察記録を見ると、

2016-12-6-11.png

執刀医の名前は、D。

2016-12-6-12.png

法律で定められた、中絶手術をする資格を持たない医師だった。

2016-12-6-10.png

弁護士・医師の平野大輔氏は「『指定医師』という要件を満たさずに(医師が中絶手術を)することに関しては、責任が重く加重されるということです。『業務上堕胎罪』というものにあたる可能性が出てきます」と話した。

2016-12-6-13.png

妻の死亡との因果関係は不明だが、なぜ、資格がない医師が、手術を行ったのか。執刀医・Dを直撃した。女性の手術を行ったD医師は「(D先生ですか?)違う。すみません、時間がないですので。違いますので」と話した。すると、どこかに電話し、その電話の相手には、「D」と名乗った。

2016-12-6-14.png

質問に一切答えず、その場を去った、D医師。

2016-12-6-15.png

一方、病院側が、夫の疑問に回答した報告書には、驚くべき内容が書かれていた。

2016-12-6-16.png

続く

コメント

非公開コメント