2016/12/09

疑惑の『水口病院』 中絶女性死亡 医師3人が違法手術か 東京都が刑事告発

『水口病院』 に関する報道。夕方、続報が入ってきた。

◇  ◇  ◇
フジテレビの『みんなのニュース』

2016-12-9-5.png

小池百合子東京都知事

「指定医師資格のない医師が人工妊娠中絶を行っていたことは極めて遺憾。(水口病院は)かなり問題の多いところであり、類似のことが起きないように、都としてもしっかりみていきたい」


この問題は今年7月、東京武蔵野市の水口病院で、人工妊娠中絶資格を持たない医師から中絶手術を受けた23歳の女性が、6日後に死亡したものです。手術との因果関係はわかっていませんが、女性は胎児が育っていないという診断で、やむを得ず手術を受けたということです。



この問題を受け、東京都は業務上堕胎と、死亡した女性を生存しているように装い都に書類を提出した、有印私文書偽造などの疑いで昨日この医師らを警視庁に刑事告発しました。


2016-12-9-6.png
2016-12-9-7.png

◇  ◇  ◇

中絶女性死亡 同病院の医師3人が違法手術か NHK Web NEWS 12月9日 17時41分

東京・武蔵野市の産婦人科病院で、手術に必要な指定を受けていなかった医師から人工妊娠中絶の手術を受けた女性がその後死亡した問題で、小池知事は、この病院で指定を受けないまま中絶手術を行っていた医師が3人いたことを明らかにしました。<

2016-12-9-1.png

東京・武蔵野市の水口病院でことし7月、当時23歳の女性が人工妊娠中絶の手術を受けた6日後に自宅で死亡し、執刀した男性医師が中絶手術に必要な都の医師会からの指定を受けていなかったことがわかりました。

2016-12-9-2.png

この問題について、小池知事は9日の定例会見で「極めて遺憾だ」と述べ、法令に基づいて適切に対応するよう担当部局に指示したことを明らかにしました。そのうえで、この病院で指定を受けないまま中絶手術を行っていた医師が3人いたことを明らかにしました。

2016-12-9-3.png

東京都福祉保健局によりますと、都はことし8月から病院に複数回、立ち入り調査を行っていて、今回の問題についても10月に把握し、8日、警視庁に指定を受けずに違法に手術を行った疑いで告発したということです。
◇  ◇  ◇

●舛添要一氏は周産期医療に関心があるとおっしゃっていたけれど・・・


すご〜い。舛添要一氏が知事だったら、こんなに早く市民のために動いてくれたのかな?舛添氏は周産期医療の関心があるといわれていたけれど・・・こんなことになってしまった。


『医療崩壊』と『メディア戦略』 世の中を動かすには『ワイドショーに出ないといけない!』その4

『医療崩壊』と『メディア戦略』 世の中を動かすには『ワイドショーに出ないといけない!』その5


●若い頃の小池百合子氏の思い出


小池百合子氏といえば、エジプトに留学経験があり、中東の事情に詳しい政治家として有名だ。


父が現役の頃、何かのパーティーで小池氏にお目にかかったそうだ。ニュースキャスターから政治家になったばかりの小池氏が父に「お名刺をいただけませんか」とおっしゃって、挨拶をして下さったといっていた。


私はその話を父に聞いて以来、小池氏に注目してきた。


今年の都知事選挙に勝利した時、立派な政治家になったな、と感心した。女性が政治の世界で生きていくのは大変だ。したたかなところが魅力的だと思ったのだ。


それにしても、あの時の小池氏が都知事になり、なかなか動いてくれなかった東京都が動いてくれるなんて・・・感慨深い。


亡くなった女性のご冥福を、お祈りいたします。


コメント

非公開コメント