2016/12/20

給食死亡事故の教訓とは 社会の問題として社会の理解を得るということ

●事故の教訓とは 「『エピペン』を打て」なのか?


今日は給食死亡事故が起きた12月20日だ。すでに忘れている人が大半だと思うけれど、私は意外と命日を忘れない。


なんだか最近思う。私の街はあの事故から、一体何を学んだというのだろうか。


事故後、学校から配られるアレルギーに関する手紙には目を通してきたし、保護者が参加できる説明会に参加したこともある。しかしいつも何かが違う気がした。簡単に言えば『エピペン』さえ打てばいいという感じだからだ。


●なぜ「アレルギー」だけ?


そもそもアレルギー以外の病気や障害を抱えた子ども達だっている。しかも、私の街では「インクルーシブ教育」を目指すそうだ。だったら、なぜ『アレルギー』だけなんだろうーーーー


事故から学ぶ教訓は、もっと別にあると思う。


私は以前NHKで放送されたクローズアップ現代の『小児がん』の特集番組、最近あの番組を思い出す。インタビューに答えていた、イギリスで晩期合併症を抱えながら生きている女性の姿と医師の「子どもが大人になるにつれて、社会の問題になるんです」という言葉を思い出すからだ。


●小児がんの晩期合併症の問題は子どもの問題から、大人の患者が増えるにつれ、社会の問題になる

◇  ◇  ◇
小児がん 新たなリスク - NHK クローズアップ現代 2011年1月31日

(※こちらに番組を文字に起こしてあります)

(イギリスにある小児がん治療の拠点、バーミンガム小児病院の医師)

「晩期合併症の問題は子どもの問題から、大人の患者が増えるにつれ、社会の問題になってきます。小児がんの治療は彼らの未来の扉を開くものです。ですから彼らが社会に貢献しながら、自分らしく生きられるよう国が支えていくべきなのです」


2016-5-12-47.jpg


ロンドンに住む、アレクサンドラさんです。幼い頃に白血病の治療を受けたアレクサンドラさんは、低身長に加えて17歳の時に脳腫瘍を発症しました。放射線治療が原因の晩期合併症でした。腫瘍は定期的な検診により早期発見。さらに専門医のアドバイスを受けることで学校に通いながら治療を受けることができました。アレクサンドラさんは看護学校を卒業。今月から夢だった看護師として小児病院で働きはじめています。


2016-5-11-3.jpg


「私は小児がんの晩期合併症がありますが、上手く付き合っていけていると思います。やりたいことができて、自分の人生を生きています。幸せです」
◇  ◇  ◇

番組の最後に垣添忠生元国立がんセンター総長がおっしゃった「社会の問題として社会の理解を得るということが大切」という言葉もその通りだと思う。


アレルギー死亡事故から学ぶことって、『エピペン』を打て、だけじゃなくて、それこそ「社会の問題として社会の理解を得るということ」じゃないかと思う。さらに言えば、アレルギーだけでなく「どんな病気や障害を抱えていても、生き生きとくらせるように」、そういうことじゃないかと思う。


そもそも、そういった考えが、「インクルーシブ」というものだと思うし。



コメント

非公開コメント