2017/02/21

ボランティアをする動機 

数ヶ月前からある病院でボランティアをはじめた。


半月ほど前、ある女性と仲良くなった。ほぼ同時期にボランティアををはじめ、同世代で、同じ年頃の子どももいる。自然と話がはずんだ。


私が、ボランティアの休憩室になっている部屋に積んであった小児がんについて書かれている冊子を手に取り、パラパラめくりながら、小児がんについていろいろ話したら、彼女は熱心にきいてくれる。


私が話したのは、原純一医師牧本敦医師が、講演で触れていらしたことだ。


小児がんは大人のがんに比べて治るといわれているけれど、最近になり、晩期合併症があることがわかってきて、退院後も支援が必要、などだ。


彼女が熱心にきいてくれるから私は「やっぱりボランティアをする人は、子どもの病気にも関心があるんだなぁ」なんて思っていた。


帰りも駅まで一緒に歩いて帰った。


2人きりになった時、彼女はなぜボランティアに応募したかを話してくれた。


(小児とは違うけれど)実は同じ病気なのだそうだ。


「ここは病院だから、ウィッグをつけていても気にする人もいないし、社会復帰にはちょうどいいと思って」と教えてくれた。


春先で風が突然強く吹いたりするから、やっぱりドキドキするんだそうだ。


私は彼女の話を聞きながら、息子がNICUに入院していた頃のことを思い出していた。


あの頃いつも思っていた。


「看護師さんの中に『私も超低出生体重児だったんですよ』という人がいたらなぁ」


どんな風に成長するのか想像できないから親は不安になるのだ。いくら大丈夫ですよ、と言われても大人になった「元超低出生体重児」なんて周りには一人もいない。


だからもしも私が親だったら、彼女のように、病気を経験したボランティアさんがいたら嬉しいと思う。


その女性は、体調が悪い時もあって、まだフルタイムの仕事をする自信がないそうだ。でも、家に閉じこもっているんじゃいけないと、病院のボランティアをすることにしたそうだ。


私は「元気になって、社会復帰できたらいいね」と、心の中でお祈りした。


コメント

非公開コメント