2017/04/26

『女性保育士を薄給でこき使うな』 駒崎弘樹氏と認定NPO法人フローレンスが訴えられている? 

●寄付と補助金で年間約4億円、年間収益で8億もありながら保育士を薄給で働かせている?

社会的企業といえば、NPO法人フローレンスというくらい有名な病児保育を行っているフローレンス。その代表である駒崎弘樹氏は訴えられているようだ。



◇  ◇  ◇
駒崎弘樹及び認定NPO法人フローレンスとの保育士を薄給でこき使うな裁判は次の東京地裁に私の意見陳述書を出します。 公開日: 2017/04/13 モデル、キャバ嬢、風俗嬢、AV女優、家出少女、シングルマザーを幸せにするNPOだいわピュアラブセーフティーネット
2017-4-26.png
駒崎弘樹及び認定NPO法人フローレンスとの保育士を薄給でこき使うな裁判は次の東京地裁に私の意見陳述書を出します。

女性を支援するNPOの代表として、弱者である女性保育士を薄給で雇い働かせている駒崎弘樹・フローレンスを許せないという内容です。


第4回裁判。駒崎弘樹、NPOフローレンスは女性の敵だと思います! 公開日: 2016/09/13
こちらは何度も最初から言っていますが、フローレンス全員が手取り14万だとか言っていたわけではありません!手取り14万で働くような保育士がいるということそれ自体が問題だといったわけです!

こちらが言いたかったのは認定NPOとして税優遇を受け寄付と補助金で年間約4億円、年間収益で8億もありながら保育士を薄給で働かせるな!ということを言いたかったわけです!

フローレンス側の出してきた平均手取り18万8000円だ!どや!というのも都内で生活するには安すぎるものだと思います。しかも駒崎弘樹、フローレンスがやっているのは通常の保育園ではなく、病児保育という病気にかかっている状態の子の保育と通常より過酷なものです。

◇  ◇  ◇

重度の自閉症のお子さんのお父様にも批判されているようだ。




私も何を隠そう、同じようなことをずっと思ってきた。


●社会企業家をもてはやす前に、力のある教員をきちんと評価して欲しい!


だって駒崎氏のような「起業家」にばかり光が当たり、かえって私たちの困難が素通りされてしまうんだもの。


はじめて駒崎氏を知ったのはもう10年以上前。ある研究者に、一冊の本を渡されたのだ。「この人をどう思う?」ときかれた。その本の著者は駒崎氏を何万人に一人の才能の持ち主だというように、手放しで褒めていた。


もちろん私に意見を求めるくらいだから、その研究者はあまり良い印象を持っていなかったのだろう。「彼は保育や教育に関心がある訳じゃないだろう」と言っていた。保育や教育のプロの方々の評価は、そんな感じだったのだろう。



●居酒屋チェーンで有名な「和民」に似ている…


実際、本を読みすすめていくうちに私が思い浮かべたのは居酒屋チェーンで有名な「和民」。まさに今回の裁判の争点のようなことだった。


私は「和民」がメディアに取り上げられはじめた時のことをよく覚えている。「おふくろの味」を強調する社長の主張に違和感を覚えたのだ。「家庭の味を忙しい皆様に安く提供したい。そのために(夕方までしか働けない)主婦に料理を作ってもらっている」というようなことを力説していた。「夕方までしか働けない主婦」と「Win-Win」の関係をつくっているのだそうだ。


ものは言いようだと思ってしまった。「プロの料理人や調理師を何人も雇用すると人件費が高くつく。主婦なら料理をつくれるし、人件費も安く抑えられるから一石二鳥」が本音。穿った見方かもしれないが、女性を安く買い叩いているようにも思えたからだ。


これが当時のことを書いたブログ記事だ。

◇  ◇  ◇
小さく生まれた子供を社会でどう支えるか「その16」 必要なのは教育者の温かな眼差し

これからの日本を取り巻く環境は厳しくなるに違いない。就職した会社の経営者が、ある日突然、中国系やインド系になる、ということだって当然あるだろう。カナダに住んでいた時、中には「母国の戦火から逃れ、難民となってカナダにたどり着いた」というような人もいた。そういう人達は必死に這い上がろうと寝る暇を惜しんで勉強するのだ。親にいわれて勉強するようでは、将来どの道にすすんだとしても、結局生き残っていけないと思ってしまう。


そう考えると、発達が遅れている子どもにとって必要なのは、その子の力を最大限に導き出そうとする教育者の温かな眼差しだと思う。「あれができない。これが足りない」と常に遅れを指摘されたら子どもは「産まれてきて幸せ」と思えるだろうか。何かを一生懸命がんばろうと思うだろうか。


いくら支援が不足しているからといって、その前にやるべきこともあるんじゃないだろうか。力のある教員をきちんと評価することも大切じゃないかと思う。


発達の遅い子供の教育は量より質だ。一時期ブームになった「新しい公共」にだって負の側面がある。私は民間がいいとは必ずしも言えないと思っている。民間のNPO団体も増えたが、中には人件費を安く抑えるために、あるいは効率を優先するために、学生アルバイトに療育を任せる、ということもあるからだ。

◇  ◇  ◇

発達が遅い子ども達は、ただ刺激を与えればいいというわけではない。障害や病気を抱えた子どもがいると親が「働けなくなる」という問題もあるかもしれないが、その先にある「教育の質」は議論されないままだ。


息子のように発達の遅れがわずかな場合、ほとんどの人たちが素通りしていく。走りまわれるし、しゃべれるし、普通に学校にも通えるからだ。だから「預けて働けばいいじゃない」という風潮になったら逆に怖いな、と思っていた。


私だって、私の代わりに勉強をみてくれる人がいたらすぐにでもお願いしたい。でも、そんな人はどこにもいなかったのだ。


お金をもらっても、やりたくない仕事だからじゃない!?


今になって、発達障害のお子さんの親御さん達からも批判が噴出している。「やっと」こういう日がきたようだ。


本当に、本当に長かった。(関連するページです↓)


テレビで人気!音喜多駿都議が「大事な本会議中に居眠りしたワケ!」を読んで 福祉なんだか偽善なんだかよくわからない・・・

官僚のメディア戦略 『もみじの家』の凄いところ その1

コメント

非公開コメント