2017/06/29

昔のフジテレビのニュースは面白かった 須田哲夫さんが悪徳貸金業者と対決 その1 

●フジテレビの社長が交代 ドラマから報道へ



最近、何をやってもダメダメなフジテレビの社長が代わるそうだ。ドラマに力を注いできた亀山千広氏から、報道に力を入れる宮内正喜氏にバトンタッチするという。


私はドラマを最近ほとんどみていない。時代は変わった。もともと男性はドラマがあまり好きじゃないし、今の学生や若い人たちは本当にみない。だから私もフジテレビはもう、ドラマにこだわる必要はないんじゃかと思っていた。テレビ放送の原点は、やっぱり報道だと思うし。


今年の4月、フジテレビで面白い番組を放送していた。安藤優子さんをはじめ、須田哲夫さん、 山中秀樹さん、阿部知代さん、川端健嗣さんというフジテレビの有名キャスターやアナウンサーが勢ぞろいする特番だった。


不思議なのは、報道ステーションの元キャスター、古舘伊知郎さんがポツンと一人出演していらしたことだった。「あれっ古舘さんがどうしてこのメンバーに?」と後で調べたら、古舘さんはゲストじゃなくて、司会!『フルタチさん』という情報番組だそうだ。つまり、ひと昔前のフジテレビの報道は、古舘さんが霞んでしまうくらい力があったんだろう。


●キャスターの須田哲夫さんが悪徳貸金業者と対決

この日は特番で私の年代には懐かしい、フジテレビの黄金期に放送されたニュース映像が放送された。ホテルニュージャパン火災日航機羽田沖墜落事故、 山口組と一和会の山一抗争地下鉄サリン事件和歌山カレー事件本庄保険金殺人事件など、当時の報道を振り返る。最近みた番組の中でダントツに面白かった。文字で書いても伝わらないと思うので、須田哲夫さんが突撃取材した闇金融の帝王との対決をブログで紹介してみよう。

◇  ◇  ◇
フルタチさんの公式サイト
(番組の内容がわかるgooテレビ)
フルタチさん 古舘伊知郎vs安藤優子!取材者が語る!あの取材がスゴかったSP 2017年4月30日(日) 19:00~20:54 


フルタチさん 2017年4月30日 170430 (2/2) 【古舘伊知郎vs安藤優子!取材者が語る!あの取材がスゴかったSP】

1980年代、高利貸しなどの貸金業者が莫大な利益を上げ借金に苦しみ自殺する人まで現れ、大きな社会問題になっていた。こちらは、その中でも、暴力的な取り立てで、世間を騒がせていた消費者金融社長。

2017-6-29-1.png


闇金でお金を返せなくなると、「マグロ漁船で働く」とか「臓器を売れ」と脅されると聞いたことがあるけれど、私はどこかで都市伝説だと思っていたから、「どうする?腎臓を売って金にする?」と電話で追い込みをかける消費者金融の社長の姿にびっくりした!今となっては、貴重な映像だと思う。


2017-6-29-2.png


1985年、当時37歳(入社14年目)の須田哲夫さんは、その事務所にたった一人で乗り込み、単独インタビューに成功した。番組スタッフに「暴言を吐く、有名な社長が新宿にいるから、対決しないか。(悪者を)退治してくれないか」と言われたそうだ。


●ファイルのタイトル 『死亡』『保険金』『一家心中』

初めはおそる、おそるという須田さんだったが…事務所に足を踏み入れた時に、綺麗に整理されたファイルの文字を見て覚悟が決まったようだ。そこには『死亡』『保険金』『殺人』『一家心中』などの文字が並んでいたからだ。


2017-6-29-5.png


こちらは書類に記された、「死亡」という文字。


2017-6-29-6.png


続く

コメント

非公開コメント