2017/06/29

昔のフジテレビのニュースは面白かった 須田哲夫さんが悪徳貸金業者と対決 その2

● 『一家心中』のファイルを見せてください!

「死亡」という文字を見つけた須田さんは、社長の「ちょっと見せられないだけどなぁ」という言葉を振り切り、「『一家心中』のファイルを見せてください!」と食い下がった。


2017-6-29-7.png


初めは「金を儲けて何が悪い」という感じで須田さんの「(ここにある札束の山は)いくらぐらいか」などの質問に答えていた社長だったが、次第に表情がこわばる。


2017-6-29-10.png


●あなたがやっていることは、殺人と何が違うんですか?

須田さんが「現金を見て苦しんでいる人の顔が浮かんできませんか?」


2017-6-29-11.png


「もうければもうけるほど人が死んでいくと思いませんか?」と、畳み掛けるように質問を繰り返したからだ。


2017-6-29-12.png


「返せないと初めからわかった上で貸して、その上『命』と引き換えにお金を回収するんだから、人殺しと同じじゃないですか」と、テレビを見ている視聴者だったら、誰もが思うことをズバリ指摘した。


2017-6-29-13.png


すると、社長は一億円の札束をばら撒いて激昂した。「お金が欲しいのか〜」テレビ局にしたら、「やった!」という感じの映像だろう。


2017-6-29-14-1.png

須田さんも一歩も引かず「杉山さんはお金だけが好きなんでしょう?」と痛いとことろをつく。

2017-6-29-15.png
2017-6-29-16.png
2017-6-29-17.png


でもこうやって振り返ると昭和の悪い人たちって、平成の悪人よりも分かりやすかったみたい。漫画ナニワ金融道が吹っ飛ぶぐらい、迫力のある映像に家族で釘付けになった。お金をかけて作ったドラマじゃなくて、実際に起きた事件だからだ。


このあと、国も対策に乗り出し貸金業法の改正が行われたそうだ。須田さんのこのインタビューも、法改正に影響したんじゃないのかな。こういう報道って、興味本位ではなく、物事を良い方向に変えるためにあるんだよね。


●精神科医の野田正彰医師 働き盛りの男性の自死を少なくするために、法改正をさせた

そういえば、精神科医の野田正彰先生が講演会でこの消費者金融の問題を取り上げていた。先生の活動の原点は、この消費者金融の問題だったそうだ。当時、働き盛りの男性の自死が問題になったけれど、死に至る原因は、精神疾患じゃなく借金だ。体を休めることは大事だが、同時に借金を減らさないといけない。本人を説得し借金を減らす努力をしてもらい、国にも働きかけたとおっしゃっていた。そうだよね、どう考えてもこれは個人の心の問題じゃない。消費者金融のあり方を根本的に変えなくては解決できない問題だ。


息子は「『昭和時代』のニュースは今と違う!すごい!」と言っていた。フジテレビが再生できるのかわからないけれど、私はドラマやバラエティ番組よりもドキュメンタリーや報道番組が好きなので楽しみだ。

コメント

非公開コメント