FC2ブログ

天国に届くといいなぁ 

自分のすむまちでおきた給食アレルギー死亡事故 できることはないか考えています

0

小児の治験 薬害被害者になって 『子どもは小さな大人ではない』という意味を知る その2

●ナショナルセンターの心の専門家 安易に向精神薬を処方する一方で、断薬の方法を知らないこちらは私も取材に協力した、東京新聞(2012年09月03日 )の記事。産後うつと、中川聡さんを取り上げている。私のような被害者は、断薬するために自分で勉強しなければ行けない。なぜなら、成育のようなナショナルセンターでさえ、精神科医は、患者の同意を得ず、向精神薬を簡単に処方するけれど、断薬の方法を知らないからだ。特に私の主...
0

小児の治験 薬害被害者になって 『子どもは小さな大人ではない』という意味を知る その1

●薬害被害者になってみえてきたこと 小児医療の治験の重要性コメントで紹介していただいた記事を読んで考えた。牧本事件の影響で、困ると思うことが大きくわけて2つある。一つは、牧本敦医師のように、社会への働きかけをしようとする医療者がいなくなってしまうこと。もう一つは、「拠点病院の研究者たちには、何もしなくてもカネが降ってくる」などと批判されたため、小児の治験が誤解されることだ。私は超低出生体重児(1000g...
0

ワクチンの安全性と遺伝子の研究 より安全により確実なものへ

先週の土曜日、息子のインフルエンザの予防接種にいってきた。待合室に貼ってあった価格表をみて「水ぼうそうが無料か〜。息子は自費だったなぁ〜」なんて思ってしまった。ところで今日、「新三種混合接種後の熱性けいれん、関連遺伝子変異を特定研究」という報道があった。こういう研究がどんどんすすめばいいですね。 しかし最近、サプリを販売する某有名化粧品メーカーが遺伝子検査をはじめたという報道があったばかりだ。私が...
0

薬の副作用の解明も『遺伝子革命』 被害者がもっと普通に社会参加できる世の中になって欲しい

今日は朝10時から、神奈川県予防接種研究会で被害者の方々の聞き取りがあるそうだ。一日も早く被害者とご家族が望むような支援がはじまるよう、みかりんさんのシンポジウムの原稿を再度掲載させていただく。最近私は被害者は、本当は『弱者』ではないかもしれないと思うようになった。自分がそうであったように、踏みつけられる度に強くなるからだ。被害者はどんな高い壁もいつか乗り越えるかもしれない。『一株運動』の教訓とは...
0

おめでとう〜!!

知り合いが素晴らしい業績をあげたそうだ。「『ランセット』って知ってる?」とたずねるから「知ってるよ」と言ったら教えてくれた。私は、長いこと苦労している姿をみてきたから、もう結果が出せないのかな、と内心思っていた。だから自分のことのように嬉しくなっちゃったよ。ヨーロッパのある国のテレビ番組でも紹介されたそうだ。希望のちから [DVD](2009/09/02)エイミー・マディガン、ハリー・コニック・Jr 他商品詳細を見る...
My profile

Author : サクラ47

2002年に手のひらにのるほど小さな男の子を出産しました。それから11年。医療と教育がもっと連携できないか試行錯誤してきました。コマーシャリズムとどう付き合うか悩み、一時挫折。もう一度がんばってみようと思うようになり、ブログをはじめました。

プロフィール

Author:サクラ47
2002年に手のひらにのるほど小さな男の子を出産しました。それから11年。医療と教育がもっと連携できないか試行錯誤してきました。コマーシャリズムとどう付き合うか悩み、一時挫折。もう一度がんばってみようと思うようになり、ブログをはじめました。

全記事表示リンク

検索フォーム

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: