FC2ブログ

天国に届くといいなぁ 

自分のすむまちでおきた給食アレルギー死亡事故 できることはないか考えています

0

超低出生体重児と空間認識能力  スキー検定2級にチャレンジ スキーでもいいじゃん!

息子は先週、金曜日の午後、授業が終わった後、新幹線に飛び乗って長野に行き、日曜日に行われたスキー検定2級にチャレンジした。結果は、落第。夫は、もっと緩斜面だったら合格していたかもしれないと言っていた。あと4点足りなかったらしい。スキー検定を受けるのはお金と時間がかかり結構大変。東京に住んでいるから練習時間を確保するのに苦労する。でも今回、チャレンジさせたのは、息子の特技がスキーで、2級に合格したらス...
0

超低出生体重児と『発達性協調運動障害』 本当に早期介入は効果があるの? コクランレビューも「効果の推定はほとんど信用に値しない」

●いくら何でも、もう『発達性協調運動障害だった』とは言えないだろう高校一年生になった息子は、スキー検定2級にもうすぐ届くほどスキーが上達した。2歳の頃からスキーを教えてきた夫は、「スキー検定2級で求められる程度のスキーの技術があれば、さすがに『発達性協調運動障害』とは言えないだろう」言っていた。なぜならスピードのコントロールは、体重移動で微調整しながら、繊細に行わないといけないからだそうだ。●そもそ...
0

超低出生体重児と『発達性協調運動障害』 『早期介入』・『早期支援』に科学的根拠はあるのか? 後編 もっと客観的で科学的なデータを!

●『発達性協調運動障害』の報道が増えたのは『成育基本法』と関係がある?調べてみると、ヤフーに記事が掲載された少し前には、NHKがやはり特集を組んでいた。きっと、昨年末に成立した「成育基本法」と関係があるんだろう。発達性協調運動障害の子どもたち 必要な療育とは? 記事公開日:2018年10月18日  NHK「極端な不器用さ」に悩む発達性協調運動障害(DCD)の子どもたち。まだまだ認知度が低く受診にすら至らないケースも...
0

超低出生体重児と『発達性協調運動障害』 『早期介入』・『早期支援』に科学的根拠はあるのか? 前編 未熟児で生まれた宇野昌磨選手

●これだけいろいろな障害のタイプが出てくると、当てはまる人が増えていくだろう 最近、『発達性協調運動障害』に関する報道が増えている。なんだか怪しい。気になって探したら、「『不器用』じゃなかった――大人の発達性協調運動障害」という記事が、昨年、ヤフーに掲載されていた。「不器用」じゃなかった――大人の発達性協調運動障害  Yahoo!ニュース 2018/11/11(日) 8:10配信見習い事務弁護士のマーク・ロビンソン(Mark Robi...
0

ADHD新薬『ビバンセカプセル』を厚労省が承認へ  私に「あなたがかわいそうだから」とSSRIを勧めた精神科医  後編

●SSRIを服用すれば、修行しなくていい?成育へ通院を辞めた後も、数年間、完全の断薬できるまで苦労が続いた。当時は、精神科という文字を見ただけ動悸が激しくなるほど嫌だった。でも、1日も早く、向精神薬をやめたかった。精神科と縁を切りたかったからだ。そこで重い腰を上げ、駅前の精神科クリニックに断薬の相談をしに行った。するとクリニックの院長の精神科医は、私に「あなたと同じことを言って、『成育のこころの診療部』...
My profile

Author : サクラ47

2002年に手のひらにのるほど小さな男の子を出産しました。それから11年。医療と教育がもっと連携できないか試行錯誤してきました。コマーシャリズムとどう付き合うか悩み、一時挫折。もう一度がんばってみようと思うようになり、ブログをはじめました。

プロフィール

Author:サクラ47
2002年に手のひらにのるほど小さな男の子を出産しました。それから11年。医療と教育がもっと連携できないか試行錯誤してきました。コマーシャリズムとどう付き合うか悩み、一時挫折。もう一度がんばってみようと思うようになり、ブログをはじめました。

全記事表示リンク

検索フォーム

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: