FC2ブログ

天国に届くといいなぁ 

自分のすむまちでおきた給食アレルギー死亡事故 できることはないか考えています

0

再発防止には情報公開を

父はIRと呼ばれる仕事をしていた。事件や事故が起きた時、記者会見などをするのもIRの重要な役割だそうだ。●IRとは「ASCII.jpデジタル用語辞典の解説」から一部引用投資家向けの広報活動のこと。企業を投資対象としてとらえる投資家が増えるとともに、経営判断の妥当性やその根拠を、企業側から投資家に対して広く明確に伝える必要性・責任が高まっている。とりわけ個人投資家が増えている昨今では、こういった企業の迅速かつ正確...
0

国立成育医療センターで起きた虐待通告を巡る『ちくわ事件』 それは本当に『虐待』と呼べるのか? 

●2009年(平成21年)5月 市と国に約9000万円の賠償を求め提訴 そもそも本当に『児童虐待』だったのか?食物アレルギーのお子さんに関して不幸な『事件』があった。はじめに事故の概要と裁判について。損害賠償:「不要な保護で男児死亡」両親が横浜市など提訴毎日新聞 ‎2009年5月23日‎ 横浜市の児童相談所で06年、一時保護中に死亡した男児(当時3歳)の両親=同市=が22日、「入院先の国立病院が『児童虐待だ』とうその...
2

学校栄養士のお仕事とチヂミ

食物アレルギーについて調べていたら学校栄養士さんのブログを見つけた。言い訳しながら報告します現役の学校栄養士が写真とイラストで報告する、言い訳の日々。これだけの決まりがある中で給食をつくらないといけない、ということをどれだけの人が知っているだろうか。報道された時、以前聞いた栄養士さんのお話を思い出した。お皿の数が決まっているから、きっと、一つの料理にいろいろな食材をいれなくてはいけないんだろうなぁ...
0

人は人の善意だけでは立ち直れない

私は亡くなった方のために活動してきた。そのため、死に至るまでの詳細な記録を読む機会があった。手記などに目を通す時、ご遺族の悲しみの深さに圧倒され、何も手につかなくなることもある。それでも感情移入したほうが私はいいと思っている。もし私があの世にいっていたら・・・家族は笑っていただろうか。私は「医療は不確実なものだから亡くなっても仕方がない」などと一般論として語ってはいけないと思っている。一つ一つの事...
0

『副籍交流授業』 もう一人のクラスメート

『副籍交流授業』についてそれは偽善じゃないですか? その1それは偽善じゃないですか? その2 二年生の時の担任の先生と私は意思疎通が決してうまくいっているわけではなかったけれど、それでも先生は『副籍交流授業』を熱心にしてくれた。だから私は学校から手紙を今でも大切にとってある。上に指示されたからやっているわけではないだろうと思えたからだ。授業の前に、この絵本もみんなで読んで、もう一人のクラスメートにど...
0

いつもうつむいていたのに・・・

NICU(新生児集中治療室)に子どもが入院している時、いつもうつむいていた。この先どうなってしまうのか不安だった。先生はやさしかったけれど、近づいてくる時はよいことはあまりない。例えば「感染症にかかっているので危険な状態です」とか、「未熟児網膜症なので、手術しますが目が見えるようになるかわかりません」など、命にかかわることや障害が残るかもしれない、ということしか言わない。気の休まるひまがない。終わりの...
0

それは偽善じゃないですか? その2

それは偽善じゃないですか? その1 の続き校長先生との面談からほどなくして、なぜか支援学校と交流がはじまった。ある日「もう一人、クラスメートがいます」というプリントが配られたのだ。今まで知らなかったが、支援学校に通うお子さんの中には普通学級に籍があるお子さんもいるそうだ。だから交流授業を「副籍交流」と呼ぶらしい。そんなことは初めて知った。ちなみに教員である夫も知らないという。文科省のサイトには以下...
0

それは偽善じゃないですか? その1

小学校に入学して半年がすぎた頃校長先生と面談した。息子は入学当初、算数と国語がついていけないので担任の先生に「宿題を少なくして欲しい」とお願いしたことがあった。そのため、放任主義と勘違いされたようだった。一度校長先生とお話ししようと思った。私の住んでいる市では発達に遅れがある子供は、入学前に書面で申し入れができる制度がある。幼稚園の担任の先生にすすめられ、副校長先生に書類を持参しお話しさせていただ...
0

私が訴えるようになったきっかけ

私は超低出生体重児を育てるうえで医療と教育の連携がないことが悩みだった。以前、NHKで、東京都立墨東病院の取り組みが紹介されていた。NHK福祉 ポータルハートネット 「超低出生体重児の子育て」超低出生体重児の親に対して積極的にサポートを進めている病院もあります。東京都でも最大級のNICUを持つ東京都立墨東病院では、12年前から母親に対するサポート活動「おたまじゃくしの会」を行っています。この会の特徴は、医師や...
0

ブログをはじめた理由

自己紹介は以前書いたけれど、なぜブログをはじめたか書いておこう。クローズアップ現代「続発するアレルギー事故 学校給食で何が?」では、各地の小学校で行われているアレルギーの授業が紹介されていた。番組をみた時私はちょっと驚いた。「どうして私達のまちでは行われていないんだ」と思ってしまったのだ。なぜなら、食物アレルギーは重度になると子どもと保護者や先生がいくら注意しても防げないからだ。子どもの幼稚園で、...
My profile

Author : サクラ47

2002年に手のひらにのるほど小さな男の子を出産しました。それから11年。医療と教育がもっと連携できないか試行錯誤してきました。コマーシャリズムとどう付き合うか悩み、一時挫折。もう一度がんばってみようと思うようになり、ブログをはじめました。

プロフィール

Author:サクラ47
2002年に手のひらにのるほど小さな男の子を出産しました。それから11年。医療と教育がもっと連携できないか試行錯誤してきました。コマーシャリズムとどう付き合うか悩み、一時挫折。もう一度がんばってみようと思うようになり、ブログをはじめました。

全記事表示リンク

検索フォーム

カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: