FC2ブログ

天国に届くといいなぁ 

自分のすむまちでおきた給食アレルギー死亡事故 できることはないか考えています

0

ワクチンよりも大切なこと

幼い頃、いつも遊んでくれた曾祖母が突然病気になった。また一緒に遊んで欲しくて「いつになったら治るの」と尋ねたら「がんだから治らない」と言われた。「治らない」ということは死んじゃうの、と目の前が真っ暗になった。火宅の人 (上巻) (新潮文庫)(1981/07/28)檀 一雄商品詳細を見るそれからまもなくして曾祖母は亡くなった。曾祖父もずっと寝たきりだった。祖母は実の両親である二人の介護をしていた。兄弟もいて資産家でお...
0

ソーシャルワーカーのまる子さん

AERA 2007年の広告が手元にある。AERA だけではない。息子が幼い頃、このような見出しが溢れていたように思う。「光とともに…」という自閉症の男の子のドラマもあったなぁ。あの頃は「発達障害」キャンペーンが展開されていたんだろうか。AERA 2007年11月26日増大号1歳半検診がこわい母親「言葉遅い、他の子よりぐずりがち、指さしできないわが子」に「もしかして・・・」05に整備されたが、自治体まかせの検診「早期発見」され...
0

女性を怒らせると恐い 

数年前ずっとお世話になってきた老舗の山用品店が店をたたんだ。夫ががっかりしていた。手堅く商売をしてきたからどうしてなのか理由を尋ねたら「女性客をあなどっていたから」だそうだ。「うちの店は流行に飛びつくような女性のお客さんにきてもらわなくてもいい」そういう気持ちがあったそうだ。女性のこころをつかむマーケティング(2010/06/29)ブリジット・ブレナン商品詳細を見る妹も登山が好きだが、「女性だから」が通用しな...
0

学校給食アレルギー対策

学校から手紙が二通配られた。「学校給食について」と「学校給食における完全除去食対応の見直しについて」。「学校給食について」には私が説明会に出かけて驚いてしまったことが書かれていたのでブログにもアップしておこうと思った。私のまちの給食はこれだけ一生懸命やっているのだ。「見直し」についてもどのような議論が行われ、その結果何を見直したのかがきちんと書かれている。こういう議論のすすめ方はよいのではないかと...
0

命日

今日はある方のご命日だ。SAPIO (サピオ) 2014年 01月号 [雑誌](2013/12/10)不明商品詳細を見る2010年、私はある本のインタビューに答えた。ところが前回書いたような事態になり・・・落ち込んでしまった。そんな時、ある男性が裁判を起こしたというニュースを目にした。その方の奥様は軽い不眠をきっかけに心療内科を訪れ、数年間かけて多剤大量処方に陥り、最後は「薬物中毒」で亡くなったのだ。これはやっぱり社会問題化し...
0

遺族の気持ちも様々

私が気になっているご遺族の報道があった。昨年、ご遺族の気持ちも様々だと思ったのはこのお母様がたびたび取り上げられていたからだ。会社の対応にどこか満足できない場合、残されたご遺族はどうやってやりきれなさを伝えればいいんだろう。求めているのは「真実」であり「心のケア」や「寄り添う気持ち」というわけではないんだろうと思う。私は、まわりの風景にまったく溶け込んでいない、人工的なプラントがあまり好きではなか...
0

アルジェリア人質事件から一年 お礼をいうべき人

あれからもう一年がたった。アルジェリア人質事件から1年 日揮が犠牲者を追悼しました FNN普段ほとんどつけないテレビを、あの日に限ってなぜかつけていた。本当にたまたま、ニュース番組をみていた。急に切迫したアナウンスが入りアルジェリアのプラントで働く邦人が人質になったという第一報が伝えられた。幼い頃、石油コンビナートなどで大火災が起きると、父と母はニュース番組をいつも食い入るように見つめていた。どこの会...
0

忘れない:世田谷一家殺害事件 遺族を支える女性刑事

こねこのななこちゃんが歌になりました。しばらく一番上に掲載します。ちょっと ちがう(こねこ ななこ)東京新聞に掲載されたお母さんの言葉「クラスのみんなも娘の急死がショックだったと思う。歌で心が癒やされるなら、うれしい」と母親は友だちのことをおもんぱかる。そのクラスメートたちも来春には小学校を卒業する。「それまでに、にしむらさんと一緒に歌える機会ができたら、親としてもうれしいですけど」と話している。年...
0

送られてきた年賀状と松本清張の「波の塔」

こねこのななこちゃんが歌になりました。しばらく一番上に掲載します。ちょっと ちがう(こねこ ななこ)東京新聞に掲載されたお母さんの言葉「クラスのみんなも娘の急死がショックだったと思う。歌で心が癒やされるなら、うれしい」と母親は友だちのことをおもんぱかる。そのクラスメートたちも来春には小学校を卒業する。「それまでに、にしむらさんと一緒に歌える機会ができたら、親としてもうれしいですけど」と話している。元...
0

いのちと心の授業 学校のお便りから

こねこのななこちゃんが歌になりました。しばらく一番上に掲載します。ちょっと ちがう(こねこ ななこ)東京新聞に掲載されたお母さんの言葉「クラスのみんなも娘の急死がショックだったと思う。歌で心が癒やされるなら、うれしい」と母親は友だちのことをおもんぱかる。そのクラスメートたちも来春には小学校を卒業する。「それまでに、にしむらさんと一緒に歌える機会ができたら、親としてもうれしいですけど」と話している。昨...
My profile

Author : サクラ47

2002年に手のひらにのるほど小さな男の子を出産しました。それから11年。医療と教育がもっと連携できないか試行錯誤してきました。コマーシャリズムとどう付き合うか悩み、一時挫折。もう一度がんばってみようと思うようになり、ブログをはじめました。

プロフィール

Author:サクラ47
2002年に手のひらにのるほど小さな男の子を出産しました。それから11年。医療と教育がもっと連携できないか試行錯誤してきました。コマーシャリズムとどう付き合うか悩み、一時挫折。もう一度がんばってみようと思うようになり、ブログをはじめました。

全記事表示リンク

検索フォーム

カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: