FC2ブログ

天国に届くといいなぁ 

自分のすむまちでおきた給食アレルギー死亡事故 できることはないか考えています

0

おめでとう〜!!

知り合いが素晴らしい業績をあげたそうだ。「『ランセット』って知ってる?」とたずねるから「知ってるよ」と言ったら教えてくれた。私は、長いこと苦労している姿をみてきたから、もう結果が出せないのかな、と内心思っていた。だから自分のことのように嬉しくなっちゃったよ。ヨーロッパのある国のテレビ番組でも紹介されたそうだ。希望のちから [DVD](2009/09/02)エイミー・マディガン、ハリー・コニック・Jr 他商品詳細を見る...
0

『子宮頸がん』ワクチンキャンペーンが女子学生に伝えたこと

昨日、みかりんさんにブログ記事を転載させていただいたお礼を差し上げたら、心温まるお返事をいただいた。被害者がまっていても、国や製薬企業は手をさしのべてくれない。これから自分達でいろいろと行動していかないといけないそうだ。反省の気持ちを込めて書いておこう。夫が講義で子宮頸がんワクチン問題を取り上げたそうだ。大学に進学してきた学生は、進学できたのだから深刻な被害を抱えていない。でも‥‥学生が書いた講義の...
0

一株運動で社会的責任を問う 『社長は逃げなかった』

(夏休みになるので、更新がゆっくりになります)ある会社の株主総会にいったら、異様な光景が広がっていた。会場のホテルの正面玄関から少しはずれたところで、市民団体が株主にマイクで何かを訴えている。「皆さんが株を持っている会社は、不当なことをして利益を得ている」と言っているようだ。弁護士 後藤孝典水俣への関心は68年から。朝日新聞の記者がきて『とんでもない事件が起きている。患者側に立って何かやる気はない...
0

【水俣は問いかける 友よ、法廷では敵だった】 真の友情とは

母が私に私立小学校の受験をさせたのは、幼稚園に馴染めず泣いて家に帰ってくることが多かったからだ。受験勉強は嫌いだったけれど、合格した小学校は素晴らしく居心地が良い。隣の席になった女の子が仲良くしてくれたからだ。その時歴史が動いた 「わが会社に非あり~水俣病と向き合った医師の葛藤~」.白装束姿、黒地に「怨」と「水俣病死民」を染め抜いた旗を掲げる水俣病患者の方々彼女は頭がよくて、明るくて、クラスの人気...
2

斎藤貴男さんは不信を煽る悪いジャーナリストなの? 真実が知りたい!

先月、集英社インターナショナルではじまった「子宮頸がんワクチン問題を追う」という連載が話題だ。取材しているのは、斎藤貴男さんというジャーナリストだ。集英社インターナショナル 「子宮頸がんワクチン問題を追う」 斎藤貴男私は斉藤さんの名前を見た時、「読んでみたい!」と思った。なぜなら斉藤さんは、日本のワクチン行政を20年遅らせたと批判されている、MMR訴訟当時活躍したジャーナリストとして真っ先に名前があ...
0

『免疫療法』では病気がちっとも治らない? がんと教育

夫の知り合いの方が突然がんを宣告されたそうだ。それもステージ4。一度もあったこともないのに悲しくなってしまったよ。家族がいるんだろうか。お子さんは?いろいろと考えてしまう。でも、こんな話をきくのはもう何回目?最近がんが増えているのかと思って尋ねたら、統計にはあらわれていないそうだ。と、いうことはストレスの高い職業だからなんだろうか。「体が資本なんだから、まずは自分の専門の『運動と免疫』をもっと社会...
0

チッソの功罪 『水俣病』と『クロスカップリング反応の応用』そして子宮頸がんワクチン副反応問題

私達よりも上の世代にはチッソといえば「水俣病」という悪いイメージがある。私はこれまでずっと、重い十字架を背負わされて生きてきた気がしてならなかった。チッソ側代理人のお嬢さんとお孫さんにいただいたペンダントしかし、2010年夫が私に教えてくれた。その年のノーベル化学賞を受賞した日本人研究者、鈴木章・北海道大名誉教授の「鈴木クロスカップリング」をいち早く液晶に応用した企業がチッソだったのだ。日本人2氏...
0

私が伝えたこと 免疫学者にとって被害者は『宝物』

厚労省が、ワクチンの成分そのものに問題がある可能性を指摘した信州大学の池田修一教授を排除した、と報道があった。このことで、ワクチン行政への不信が一気に高まったようだ。からだをまもる免疫のふしぎ(2008/05/01)日本免疫学会商品詳細を見る中には、目が見えなくなりつつある恐怖と闘っている被害者もおられるそうだ。時間との闘いではないだろうか。政治家の方に面会する時に、日本免疫学会が編集した絵本をお土産にした。...
0

【 予防接種の拒否、米国で増加 】 たぶんそのうち日本でも‥‥。

市民運動「ワクチン反対の会・神奈川」のFBで活動報告をみて、「私の予想は当たっちゃったな」と思ってしまった‥‥。市民運動「ワクチン反対の会・神奈川」ワクチンの勉強会の写真をみると、若いお母さんと小さなお子さんの姿が多いからだ。若いお母さんの間でワクチンを拒否する方が増えておられるようだ。会では、7月11日に厚労省に交渉に行くと告知している。市民が反発したきっかけは、子宮頸がんワクチンの副反応問題だった...
0

被害者との対話を望みます

副反応検討部会での議論をみていて思うのは、厚労省は責任を問われることを恐れているんだろうな、ということだった。被害者よりの池田修一教授をはずした、ということでその姿勢がより鮮明になったようだ。被害は必ず出るというものの、これでは治療法の確立なんてほど遠い。「子宮頸がんワクチン副作用、治療で7割改善」という報道と、実際に見せてもらった被害者の情報とは、乖離しているようだ。私自身副作用に悩まされたが、...
My profile

Author : サクラ47

2002年に手のひらにのるほど小さな男の子を出産しました。それから11年。医療と教育がもっと連携できないか試行錯誤してきました。コマーシャリズムとどう付き合うか悩み、一時挫折。もう一度がんばってみようと思うようになり、ブログをはじめました。

プロフィール

Author:サクラ47
2002年に手のひらにのるほど小さな男の子を出産しました。それから11年。医療と教育がもっと連携できないか試行錯誤してきました。コマーシャリズムとどう付き合うか悩み、一時挫折。もう一度がんばってみようと思うようになり、ブログをはじめました。

全記事表示リンク

検索フォーム

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: