FC2ブログ

天国に届くといいなぁ 

自分のすむまちでおきた給食アレルギー死亡事故 できることはないか考えています

0

『あのとき、大川小学校で何が起きたのか』 を読んで 

『あのとき、大川小学校で何が起きたのか』 を読んでいる。あのとき、大川小学校で何が起きたのか(2012/10/24)池上 正樹、加藤 順子 他商品詳細を見るプロローグを読むと意外なことに著者のお一人、池上正樹氏が取材をはじめたばかりの頃、この悲劇に対する印象はこうだったそうだ。「学校の教師達も子どもを助けようとして一生懸命だっただろうし、裏山への避難は危険だったからやむを得ず三角地帯に向かったという話を聞いている...
0

20年たってまたここに 取材対象者の人権を守るということ

『アンダーグラウンド』を数年ぶりに読んでみたら、大切なことを思い出した。この本に共感したのは、村上春樹さんがサリン事件の被害者の声を表に出そうと決めた理由だった。「はじめに」にかいてある。きっかけは、読者投稿欄に掲載されていた、被害者のご家族の投書を読んだことだったそうだ。読者投稿欄など普段あまり読まないし、気にとめたことがないのに、なぜかいつまでも心に残ったそうだ。そこには、サリン被害への理解が...
0

地下鉄サリン事件から20年  村上春樹さんと勝俣範之先生をつなぐもの

※ 2018年10月 アクセスが多いので新しく書きました。 勝俣医師がPTSDにならなかったのか理由が書いてあります。勝俣範之医師の『地下鉄サリン事件、被害に遭った医師はどう行動したか』を読んで 超低出生体重児の育児に必要なのは『正しい情報』 前編 3月20日、地下鉄サリン事件について書いたら、書いた私がびっくりするほどアクセスしていただいた。 地下鉄サリン事件の被害者です ー 村上さんのところ / 村上春樹 期間限...
0

『アンダーグラウンド』と『こころのケア』 地下鉄サリン事件から20年 

今日はオウム真理教の起こした地下鉄サリン事件のあった日。アンダ-グラウンド(1997/03/13)村上 春樹商品詳細を見る内容紹介1995年3月20日の朝、東京の地下でほんとうに何が起こったのか。同年1月の阪神大震災につづいて日本中を震撼させたオウム真理教団による地下鉄サリン事件。この事件を境に日本人はどこへ行こうとしているのか、62人の関係者にインタビューを重ね、村上春樹が真相に迫るノンフィクション書き下ろし。内容(「...
0

『こころのケア』は誰のためにある 「被害者はお金になるんです」

お休み中なのだが、考えていることがありブログを更新することにした。なぜだかわからないけれど、このブログは、お役所の方や専門家とよばれる方々が読んでくださっているようだ。だから書いておこうと思ったのだ。昨日、あるご遺族と話した。あの大川小学校の「こころのケア」を教えてくれた人だ。「『こころのケア』っていった時点でそれは嘘、偽善なんだ。やっていることは精神科につなぐだけでしょう?そもそも、できるはずが...
0

亡くなった方を忘れずに

今日は、大震災のあった11日。あのとき、大川小学校で何が起きたのか(2012/10/24)池上 正樹、加藤 順子 他商品詳細を見る大川小学校の悲劇が気になり、ダイアモンドオンラインの特集を読んでいる。ご遺族の言葉はどれもが重く、胸が苦しくなることも。『あのとき、大川小学校で何が起きたのか』という本を読んでみたいと思い早速注文した。鍵を握るとされるある人の証言がどうしても気になる。住民の証言からも、私にはその人の証...
0

『こころのケア』と『報道』と

『私の履歴書』の第26回は、「アルジェリア人質事件」に触れていた。やっぱり読みすすめていくうちに、目頭が熱くなってしまう。※    ※    ※第26回『私の履歴書』人命救出の願い届かず 犠牲者の遺志 全社員で継ぐ から引用様々な方が犠牲になった。高い技術力を持ったベテラン、海外現場を知り抜いたスペシャリスト。フットワークのいい若者、そして私と幾度となくアルジェリアの様々な現場に立った同僚。日本人以外の...
2

『こころのケア』は誰のためにあるのか 大川小学校の悲劇

もうすぐ3月11日がまたやってくる。3月11日が近づくにつれ、「悲しみはまだ癒えない」というような報道もきこえてくる。ある人に「最近、被災地の『こころのケア』をめぐってすごいことがあったんだよ」と教えてもらった。「宮城県石巻市にある『大川小学校』のことを知っているでしょう?」とその人は言った。もちろん知っている。自分の息子も小学生だから、忘れたことがない。もしも私が津波に流されたお子さんの親だったら・・...
0

キリン社長もうならせた「よなよなエール」のネット販売術

今日はブログを更新しないつもりだった。けれど、「ヤッホーブルーイング」の快進撃について面白い記事をみつけた!(こちらは以前私が書いた記事↓)ヤッホーブルーイング『よなよなエール』が大出世!私はカナダでくらしていた時に夫に「日本のビールと違って、おいしいぞ」とすすめられ、クラフトビールを飲んだ。確かに、それまで飲んだどのビールよりもおいしい!と思った。こんなおいしいビールは日本にはないだろうな、とあ...
0

『私の履歴書』を読んで その3 日本の医療の素晴らしさ

『私の履歴書』を読んで その2  グローバル化と熾烈な競争 の続き重久さんの『私の履歴書』には繰り返し出てくる言葉がある。「自社の利益だけでなく、社会をよくするために誠実な仕事をするのだ」という言葉だ。私は最終回にかかれていた「利他主義」という言葉を全く知らなかったけれどよい言葉だと心から思う。第27回 人に役立つ仕事 世界で 「利他主義」の心でともに発展 生きる道 より引用最近、中国や東南アジアなど...
My profile

Author : サクラ47

2002年に手のひらにのるほど小さな男の子を出産しました。それから11年。医療と教育がもっと連携できないか試行錯誤してきました。コマーシャリズムとどう付き合うか悩み、一時挫折。もう一度がんばってみようと思うようになり、ブログをはじめました。

プロフィール

Author:サクラ47
2002年に手のひらにのるほど小さな男の子を出産しました。それから11年。医療と教育がもっと連携できないか試行錯誤してきました。コマーシャリズムとどう付き合うか悩み、一時挫折。もう一度がんばってみようと思うようになり、ブログをはじめました。

全記事表示リンク

検索フォーム

カレンダー

02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: