FC2ブログ

天国に届くといいなぁ 

自分のすむまちでおきた給食アレルギー死亡事故 できることはないか考えています

0

厚労省がカルテ開示をすすめている??? 厚労省調査 カルテ開示義務浸透せず

6月23日、日経新聞を読んでいたら、目が点になるニュースを発見!!カルテ開示義務、患者の4割「知らない」 厚労省調査 何をいっているんだろう???このブログは厚労省の方もやってくるようだけれど・・・。私はナショナルセンターとよばれる第三次救急にカルテ開示をしたんだよ。開示してくれたけれどこんな感じだったんだよ。ナショナルセンターは厚労省の管轄なんだよね?「患者の権利を守れ」というけれど、私の権利を侵害...
0

津田敏秀先生の『医学者は公害事件で何をしてきたのか』を読んで 『学者ウオッチ』のススメ

津田 敏秀先生の『医学者は公害事件で何をしてきたのか』が文庫化されたとネットで話題になっていたので早速購入した。医学者は公害事件で何をしてきたのか (岩波現代文庫)posted with amazlet at 15.06.23津田 敏秀 岩波書店 売り上げランキング: 69,508Amazon.co.jpで詳細を見るがんばって読んでみたけれど私は科学者ではないから、難しくてよくわからない。でも、日本では水俣病がなぜ、あれほどの甚大な被害を起こしたかという...
0

レセプト開示請求 私が第一号 国民皆保険制度のこれから

大学の健康保険組合でレセプトを開示請求したのは、私が一番最初だったそうだ。担当の方が最後におっしゃってた言葉が印象的だった。 電通健康保険組合ーレセプト開示アサヒグループ健康保険組合 ーレセプト開示「今までレセプトの開示請求というと、医療過誤などネガティブなイメージを持っていましたが、今回の請求をきっかけにいろいろと勉強しました。どこの健康保険組合でも、今は開示請求を積極的に行っていこうと考えている...
2

私の主治医だったB先生へ 『Just The Way You Are(素顔のままで)』をききながら

I want you just the way you are. 僕はそのままの君がいいビリージョエルの『Just The Way You Are(素顔のままで)』ときくたびに思う。女性ならこんな風に「流行を追わなくてもいい。髪の色もかえないでいい。そのままの君でいいんだよ」と言われてみたいだろうな。でも、人生は歌のようには上手くいかない。自分が好きになった男性が自分を好きになるとは限らないし、恋がすぐに冷めてしまうかもしれない。自死遺族のシンポジ...
0

集英社インターナショナル 編集者の松政治仁さん

ちょうど今から一年ぐらい前だったかな?ジャーナリストの斎藤貴男さんの取材を受けた。同席したのが編集者の松政治仁さんだった。BS朝日「鉄道・絶景の旅」番組サイトブログに何度か書いたように、完成した本を読んで嬉しくなったのは私がお願いしたことを、斎藤さんと松政さんがちゃんと覚えていて守ってくれたからだ。本を手にとっていただくとわかるように、著名な医師や政治家など、大勢の方に取材しておられる。 だから私が...
0

骨髄移植を乗り換えた同級生 がんの啓発活動への疑問

ゼミで一緒だった同級生が、指導教官だった夫に連絡してきたのはつい最近だった。彼は、仲のいいもう一人のゼミ生でやはり私の同級生と二人で大学にやってきたそうだ。タイの生命保険会社のコマーシャル。日本のがん保険のコマーシャルのように「お金が大切」などとストレートにいわないことろに好感が持てる。『しゃべれない父さんでごめんな。他の父親みたいに話すことはできないけれど、お前をとても愛している。それをわかって...
0

自衛隊員の自殺増でパソナが儲かる“戦争法案”の利権構造

『こころのケア』の改善を訴えてきた私にとって、黙っていられないようなニュースを発見!私がPTSDという言葉を知ったのは、大学生の時だった。テレビでベトナム戦争の帰還兵のドキュメンタリーをみたからだった。その数年前、ベトナム戦争を描いた映画『ディア・ハンター(The Deer Hunter)』をみたことがあった。ここに動画がある。はじめは、若く未来のある若者達がはしゃぐ様子が映し出される。しかし突然戦場の場面に切り替わ...
0

ふまれても倒れない

超低出生体重児を育ててきた経験について、お話させていだくかもしれない。いつも断ることが多かったけれど、私的な集まりではないことで心が動いた。それに、最近、「ブログを読んでいるよ」と声をかけていただくことも増えてきた。ネットの世界は現実社会とは違うけれど、いよいよ現実社会とつながりだしたようだ。そろそろ話をしてもいいのかもしれないと思うようになった。でも、どんなことを話したらいいんだろう?ずっと考え...
My profile

Author : サクラ47

2002年に手のひらにのるほど小さな男の子を出産しました。それから11年。医療と教育がもっと連携できないか試行錯誤してきました。コマーシャリズムとどう付き合うか悩み、一時挫折。もう一度がんばってみようと思うようになり、ブログをはじめました。

プロフィール

Author:サクラ47
2002年に手のひらにのるほど小さな男の子を出産しました。それから11年。医療と教育がもっと連携できないか試行錯誤してきました。コマーシャリズムとどう付き合うか悩み、一時挫折。もう一度がんばってみようと思うようになり、ブログをはじめました。

全記事表示リンク

検索フォーム

カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: