FC2ブログ

天国に届くといいなぁ 

自分のすむまちでおきた給食アレルギー死亡事故 できることはないか考えています

0

利益相反を立証するには インチキの見破り方! その2

利益相反を立証するには インチキの見破り方! その1 の続き三葉銀行 柴野「額面総額は1023億1280万円。買い取り価格93億1047万41円」三葉銀行社員「93億ってムチャクチャじゃない。額面総額のね・・・」ホライズン 鷲頭「9,1%ですね」三葉銀行 柴野「どういうことですか、説明して下さい!」ホライズン 鷲頭「わかりました。例えばそのナンバーワン。赤羽の『ホテル・ブルーシャドー』」「2億円の債権で査定額が1 円。部屋の...
0

利益相反を立証するには インチキの見破り方! その1

●インチキを証明するには足でかせぐしかないインチキが何のことなのか、詳しく書かなかったせいか、すごいアクセス数でびっくり!私は企画書のようなものを、何度かかいたけれど、そのたびにダメ出しされ何度もかきなおしてきた。「何が言いたいかよくわからない」「詰めが甘い」など。。その中でも最大の難関は、インチキをインチキだと立証することだった。これまで調査などしたことがない一市民が、証拠を探すのは、とても大変...
0

『ねつ造』記事と『風雪の流布』 

先ほどの補足をかいておこう。私は公文書がなかなか出てこないから、もしかしたら東京都も仲間なの?と疑っていた。でもそうではなったみたい。私が半年がかりで手に入れたこの公文書はとても大きな価値をうむはずだ。このたった一枚の紙切れが、今すすめられているある大きなプロジェクトを吹き飛ばすかもしれないからだ。だってここに並んでいる数字が、あり得ない!!私は不思議だなぁ〜。肩書きだけは立派な人達が大勢いるのに...
0

都庁と都議会へ インチキのカラクリを証明してくれる『公文書』!! その2

●インチキを証明する公文書を手に入れる!!帰りに都庁に再び行き、公文書の閲覧を申請した。製薬企業のロビー活動にメスを入れるには批判しているだけじゃダメ!!証明する証拠を手に入れなければ!と、いうことで今年、これまで何度も申請した。けれど、そのたびにこう言われてがっかり。「提出されているはずですけれど、まだ閲覧にまわってきていません。もう少し待ってくださいね」仕方がないから一ヶ月に1度、髪を切りに行...
0

都庁と都議会へ インチキのカラクリを証明してくれる『公文書』!! その1

●超低出生体重児(未熟児)の『育児相談』が、なぜ『母親の治療』にすり替わったのか?11月のある日。ある都議会議員の方が主催した秘密の会議に出席させていただいた。その議員さんは、これまで私が追ってきた2つの問題に関心があるそうだ。発達が遅れている子ども達の育児・教育支援と製薬企業のロビー活動だ。超低出生体重児(未熟児)の育児支援がなぜ治療にすり替わるのか?その答えるを求めると、やっぱり製薬企業のロビー活...
0

新型出生前診断の問題点 終わりに 神様に生かされた者の使命

いよいよ本格的に動き出した。メディアといっても取り上げるのがテレビなのか雑誌なのかまだよくわからないけれど。でも最後に、私がなぜ、訴えようと思ったのか動機について詳しく書いたおこうと思った。●細川一医師の誠実さはどこから生まれたのか?細川一医師は、当時の水俣市では雲の上の人、神様のような方だったそうだ。当時の水俣市はチッソの企業城下町であり、その水俣市の唯一の総合病院もチッソ付属病院だった。様々な...
0

茨城県教育委員「障害児出産を減らす方向に...」と発言し批判殺到 フジテレビ

ヤフーにフジのニュース動画が配信されている。茨城県教育委員「障害児出産を減らす方向に...」と発言し批判殺到フジテレビ系(FNN) 11月20日(金)21時14分配信 Yahoo!ニュース再生したら、先日のみんなのニュース、新型出生前診断前診断の特集にも出演しておられた、ダウン症の書道家、金沢翔子さんがインタビューにこたえている。あらっ、とうとう一人暮らしをはじめんだ。●茨城県には筑波大学があるのに、なぜ「日動画廊」にお...
0

その時歴史が動いた『わが会社に非あり ~水俣病と向き合った医師の葛藤~』その16

その時歴史が動いた『わが会社に非あり ~水俣病と向き合った医師の葛藤~』その15 の続き●今も続く患者の苦悩第一次訴訟の勝訴から現在まで、患者達はチッソ、そして国や県を相手取り多くの裁判を争ってきました。しかし水俣病は今も新たな問題を生み続けています。国の認定基準でたとえ症状が出ていても、国が定めた2つ以上の症状を満たさなければ、水俣病とは認められません。そして国は、この認定基準を見直そうとはしてい...
0

その時歴史が動いた『わが会社に非あり ~水俣病と向き合った医師の葛藤~』その15

その時歴史が動いた『わが会社に非あり ~水俣病と向き合った医師の葛藤~』その15 松平定知アナウンサーこうやってみますと、細川証言というものは、第一次水俣訴訟の勝訴に非常に大きな影響を与えたという、水俣病研究会 有馬澄雄さんそうですね。当時の法律では、なかなか勝てるような状況になかった。だから非常に難しい裁判だったと思います。会社としては、水俣病なんかが起こるなんて、全く予測がつかなかったと言えば、...
0

その時歴史が動いた『わが会社に非あり ~水俣病と向き合った医師の葛藤~』その14

その時歴史が動いた『わが会社に非あり ~水俣病と向き合った医師の葛藤~』その13 の続き●臨床尋問 昭和45(1970)年7月 4日、癌研究付属病院(東京)————弁護団は裁判長、弁護士がともに入院先の病室に赴き、尋問する臨床尋問を行うことを決めます。しかし細川の体調をかんがみて、病院側からは一度きりの尋問しか許可されませんでした。この唯一の機会に細川の語る真実とは何か————●チッソは水俣病の原因が有機水銀と認識し...
My profile

Author : サクラ47

2002年に手のひらにのるほど小さな男の子を出産しました。それから11年。医療と教育がもっと連携できないか試行錯誤してきました。コマーシャリズムとどう付き合うか悩み、一時挫折。もう一度がんばってみようと思うようになり、ブログをはじめました。

プロフィール

Author:サクラ47
2002年に手のひらにのるほど小さな男の子を出産しました。それから11年。医療と教育がもっと連携できないか試行錯誤してきました。コマーシャリズムとどう付き合うか悩み、一時挫折。もう一度がんばってみようと思うようになり、ブログをはじめました。

全記事表示リンク

検索フォーム

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: