FC2ブログ

天国に届くといいなぁ 

自分のすむまちでおきた給食アレルギー死亡事故 できることはないか考えています

0

下町ロケット『コアハート』と『エバハート事件』 その3

椎名「こんな記事は事実無根だ!勘弁してくださいよ」佃「亡くなった治験患者さんに、心からそう言い切れますか?」椎名「言えますよ」佃「あんたそれでも技術屋か!自分の開発したもので、人々の生活を豊かにする、幸せにする、俺たちの仕事はそういうためにあるんじゃないのか?」椎名「どうしても私のせいにしたいなら、動かぬ証拠を持って来いと言った。だいたいあんた達は姑息なんだよ。ウチから実験データを盗み出して、それ...
0

下町ロケット『コアハート』と『エバハート事件』 その2

下町ロケットをみていて、びっくりしたことがもう一つあった。佃製作所社長の佃公平と、サヤマ製作所社長の椎名直之がデータ偽装を巡って言い合いになるところだ。私がブログに書き続けてきたことを、ドラマの主人公の佃公平が言っているみたいでびっくりしたのだ。私が問題にしているのは、データ偽装とかワクチン云々ではなく、命に対する考え方だ。面白いから二人の台詞をブログに残しておこう。もしかしたら、私達のネット上の...
0

下町ロケット『コアハート』と『エバハート事件』 その1

●東京女子医大で起きた『エバハート事件』がモデル?私が下町ロケットに出てくる医療ジャーナリストが、伊藤隼也さんに似ていると思った理由はもう一つある。『コアハート』の治験患者が死亡するというストーリーが、実際に起きた『エバハート事件』に似ていると思ったからだ。『エバハート事件』に関しては谷直樹弁護士のブログに詳しく書かれている。2008(平成20)年に大阪の国立循環器病研究センターと、東京の東京女子医大病...
0

『医療崩壊と報道』 正しいことを声にできなくなったら私たちは何のためにいる? その3

『医療崩壊と報道』 正しいことを声にできなくなったら私たちは何のためにいる? その2 の続き実際の週刊ポストは、ドラマのように格好良くない!という記事も見つけた。確かに今の時代、ドラマのような編集長がいたら、雑誌はもう少し売れるかもしれないし、テレビの視聴率もあがるかもしれないね。放送分下町ロケット 第10話 TBS FREE オンデマンド 配信期間:2015年12月27日(日)20時59分まで2015年12月20日(日)(ガウ...
0

『医療崩壊と報道』 正しいことを声にできなくなったら私たちは何のためにいる? その2

『医療崩壊と報道』 正しいことを声にできなくなったら私たちは何のためにいる? その1 の続きそこに中里淳がやってくる。中里はもともと佃製作所の技術者だったが、会社に不満があり、コアハートのバルブの改良型アイデアを持ち出しサヤマ製作所に転職していた。中里「山崎部長が作成した設計図を、私がサヤマ製作所の椎名社長に渡しました。もしかしたらそのせいで、コアハートの治験患者が・・・私はとんでもないことを。もうど...
0

『医療崩壊と報道』 正しいことを声にできなくなったら私たちは何のためにいる? その1

『下町ロケット』のガウディ編を紹介しながら、新型出生前診断の臨床研究について書いたら、すごいアクセス数でびっくり!!●国立高度専門医療研究センターには、魔物が住んでいる?本当のことをいうと、私が追っているのは、新型出生前診断の闇ばかりではない。もう一つ、子どもの医療に関わる問題を追っている。なんだか最近思う。億単位のお金が動くことも珍しくない国立高度専門医療研究センターには、魔物が住んでいるみたい...
0

『下町ロケット』の「ガウディ」開発と新型出生前診断 『臨床研究』に注目! その3

『下町ロケット』の「ガウディ」開発と新型出生前診断 『臨床研究』に注目! その2 の続き立花の発言により、風向きが変わる。さらに咲間の協力で、滝川と貴船の癒着を突き止めていた佃はーーー佃「これはあなたと、貴船教授が、月に数回程度あっていた時の証拠の写真です。その時の音声もありますが、今、この場で皆さんにお聞かせしましょうか」滝川「今日、これもう中止」「滝川さん、あなたはPMEAの恥だ。出て行け!」こう...
0

『下町ロケット』の「ガウディ」開発と新型出生前診断 『臨床研究』に注目! その2

『下町ロケット』の「ガウディ」開発と新型出生前診断 『臨床研究』に注目! その1 の続きそんな中、立花(竹内涼真)加納(朝倉あき)鈴木(堀井新太)は動作評価テストをクリア。立花「成功です!」ついにガウディに試作品が完成した。一方北陸医科大学の一村医師はガウディ計画の意義を再確認し、苦渋の決断をする。一村医師「貴船教授に会いに行きます。ガウディを終わらすわけにはいかんのや!」(貴船教授に頭を下げながら...
0

『下町ロケット』の「ガウディ」開発と新型出生前診断 『臨床研究』に注目! その1

とうとう下町ロケットは最終回を迎える。私が追ってきた新型出生前診断の闇は、同じように明らかになるだろうか?ドラマのカギを握る咲間倫子さんと同じように、医療ジャーナリストの伊藤隼也さんとフジテレビ「みんなのニュース」は、情報開示請求をしてくれるのかしら?と、いうことで、また文字に起こしてみよう〜!一人でも、興味を持つ人が増え、明るいほうへ変わるといいな。【下町ロケット】高島彩演じる咲間倫子(医療ジャ...
0

国立高度専門医療研究センターには国民に説明する義務がある 私が10年かけて調べてきたこと その3

●倫理委員会の委員が利益相反を抱えているつまり倫理委員に奥山氏が撰ばれるということは、「こころの診療部」は国の政策医療のために存在し、患者の心に寄り添っているわけじゃない、ということなのだろう。法務局の人権相談窓口の相談員が私に「あなたは人権侵害を受けた被害者です」と認めるような事例だもの。もし、本当に患者のためにあるなら、再発防止に向け、聞き取り調査をするだろう。そもそも奥山氏じたいが利益相反を...
My profile

Author : サクラ47

2002年に手のひらにのるほど小さな男の子を出産しました。それから11年。医療と教育がもっと連携できないか試行錯誤してきました。コマーシャリズムとどう付き合うか悩み、一時挫折。もう一度がんばってみようと思うようになり、ブログをはじめました。

プロフィール

Author:サクラ47
2002年に手のひらにのるほど小さな男の子を出産しました。それから11年。医療と教育がもっと連携できないか試行錯誤してきました。コマーシャリズムとどう付き合うか悩み、一時挫折。もう一度がんばってみようと思うようになり、ブログをはじめました。

全記事表示リンク

検索フォーム

カレンダー

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: