FC2ブログ

天国に届くといいなぁ 

自分のすむまちでおきた給食アレルギー死亡事故 できることはないか考えています

0

私がブログをはじめた本当の理由 クローズアップ現代『“副作用”がわからない? ~信頼できるワクチン行政とは~』をみて その2

●ワクチンの緊急輸入とNHKへの匿名の情報提供私は緊急輸入という考え方もあっていいと思っていた。ある不条理な出来事が私の身に起きるまでは・・・2013年の夏の終わりだった。NHKの番組にも出演し「輸入した方が良い」とインタビューに答えておられたある医師が、私の夫にメールを送ってきた。なんでもNHKに匿名の情報提供があったということで、酷く慌てているそうだ。「NHKに匿名の情報提供があり、NHKから真実かどうか問い合わせ...
0

私がブログをはじめた本当の理由 クローズアップ現代『“副作用”がわからない? ~信頼できるワクチン行政とは~』をみて その1

●2013年の『風疹大流行 ~遅れる日本の感染症対策~ 』と先日の『“副作用”がわからない? ~信頼できるワクチン行政とは~』の違い ※ 2019年4月 アクセスが増えているので続きを書きました『NHKから国民を守る党』が大躍進… 私もNHKが嫌いだけれど私がNHKが嫌いになった理由 『NHKから国民を守る党』が、なぜ、躍進したのか 先日NHKのクローズアップ現代で「子宮頸がんワクチン」の副反応に関する特集が放送された。私にとっ...
0

もう一人の『ばびろんまつこ』さん

昨年の終わりに自称セレブの詐欺師『ばびろんまつこ』さんのニュースがネットを駆け巡った。あれよあれよという間に本当に詐欺をはたらいていたことだけでなく、愛人契約をしていた過去まで暴露され大騒ぎに・・・私が驚いたのは、彼女がネットの写真そのままとはいかなくても、それなりにかわいく、そして国立大学の法学部を出ていたことだった。ご両親には自慢のお嬢さんだったんだろうなぁ・・・。◆  ◆  ◆「特進クラスの優等生」...
0

『日本信号』と『新日本パブリックアフェアーズ』 企業の社会的責任

●企業の社会的責任、CSRに社会の関心が高まっている?最近、ブログをなかなか更新できなくなっている。どうしてなのかよくわからないけれど、声をかけていただく機会が増えている。先日講演のお話をいただいた時にいわれたのは「最近は、企業の社会的責任、CSRに社会の関心が高まっているから」ということだった。企業が経済活動を行う上で、所謂ステークホルダーとよばれる人達に説明責任を果たすことは、あたり前だと思ってきた...
0

はじめての講演

先週、はじめての講演をした。(講演会場↓)何週間も前からパワーポイントでスライドを用意し、原稿を書いた。人前で話すのが大の苦手だから、今回のようなお話はお断りしてきた。けれどテーマが企業の社会的責任。だからとがんばることにした。お時間は1時間、ということだった。今までは自分の話をするんじゃなく、一例の症例発表というような感じだったから、時間をいただいても10分程度。だからパワーポイントを用意する必要も...
0

噺家さんとお正月

先週、親戚のおじさんの落語をききに行った。今回は、お正月だったので、「色物」としてコマ回しがあったり、お正月らしい出し物があって面白かった。テレビは皆がみなくなって、雑誌も売れないというけれどやっぱりお客さんで会場は一杯だった。いつも楽屋を尋ねるのが楽しみ。今回は、お正月ということで叔父さんに手ぬぐいや飴をいただいた。そういえば、お相撲さんや噺家さんは、贔屓の方に配るものだときいたことがある。いた...
0

企業の社会的責任とは

アルジェリア人質事件から早くも3年がたった。もちろん今年も忘れていなかった。時間がたって忘れたと思ってもたまに思い出す。そのたびに「どうして一生懸命仕事をしてきたのに、あのような最期を迎えないといけなかったんだろう」などと考えてしまう。つい先日、私に話をして欲しいという依頼があった。人前で話をするのは大の苦手で、どうしようかと思ったけれど、お受けすることに。なぜならテーマが「企業の社会貢献」だった...
0

超低出生体重児(早産児・未熟児)の育児 思春期の教育問題 その5 真の国際化とは

※『小さく生まれた子供を社会でどう支えるか「その13」 退院後の子どもの支援を通して考える 真の国際化とは』を化加筆したものです◆  ◆  ◆Consulate-General of Japan in Toronto  在トロント日本国総領事館 太田徳夫氏への平成27年度外務大臣表彰伝達式太田徳夫ヨーク大学言語・文学・言語学学部専任講師◆  ◆  ◆●求めているのは教育支援なのに、どうして教育の専門家ではない医師に相談しないといけないのか退院し...
0

超低出生体重児(早産児・未熟児)の育児 思春期の教育問題 その4 日本と海外の違い

●私の背中を押した太田徳夫先生の表彰昨年の夏の終わりに嬉しいことがあった。カナダのトロントにある日本国総領事館のサイトに、お祝いの写真が掲載されている。◆  ◆  ◆Consulate-General of Japan in Toronto  在トロント日本国総領事館 太田徳夫氏への平成27年度外務大臣表彰伝達式18日、ヨーク大学言語・文学・言語学学部専任講師の太田徳夫氏への平成27年度外務大臣表彰伝達式を、総領事公邸にて行いました。外務...
0

超低出生体重児(早産児・未熟児)の育児 思春期の教育問題 その3 親の経済が予後を左右する 後編

(早産児・未熟児)の育児 思春期の教育問題 その3 親の経済が予後を左右する 前編 の続き●爆発的に伸びる時期を見極めないと、子どもは伸びない いろいろな制度に対する不満はあるけれど、それはさておき、この1ヶ月間、私が毎日、勉強をみてきた。私は職員室とか先生が苦手なの。勉強をみるなんて拷問だな。嫌だな〜と思いながら仕方がなく教えることに。●「もう手遅れですよ」と「まだまだこれからですよ」の違いそれでも...
My profile

Author : サクラ47

2002年に手のひらにのるほど小さな男の子を出産しました。それから11年。医療と教育がもっと連携できないか試行錯誤してきました。コマーシャリズムとどう付き合うか悩み、一時挫折。もう一度がんばってみようと思うようになり、ブログをはじめました。

プロフィール

Author:サクラ47
2002年に手のひらにのるほど小さな男の子を出産しました。それから11年。医療と教育がもっと連携できないか試行錯誤してきました。コマーシャリズムとどう付き合うか悩み、一時挫折。もう一度がんばってみようと思うようになり、ブログをはじめました。

全記事表示リンク

検索フォーム

カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: