FC2ブログ

天国に届くといいなぁ 

自分のすむまちでおきた給食アレルギー死亡事故 できることはないか考えています

0

昔のフジテレビのニュースは面白かった 須田哲夫さんが悪徳貸金業者と対決 その2

● 『一家心中』のファイルを見せてください!「死亡」という文字を見つけた須田さんは、社長の「ちょっと見せられないだけどなぁ」という言葉を振り切り、「『一家心中』のファイルを見せてください!」と食い下がった。初めは「金を儲けて何が悪い」という感じで須田さんの「(ここにある札束の山は)いくらぐらいか」などの質問に答えていた社長だったが、次第に表情がこわばる。●あなたがやっていることは、殺人と何が違うんで...
0

昔のフジテレビのニュースは面白かった 須田哲夫さんが悪徳貸金業者と対決 その1 

●フジテレビの社長が交代 ドラマから報道へ最近、何をやってもダメダメなフジテレビの社長が代わるそうだ。ドラマに力を注いできた亀山千広氏から、報道に力を入れる宮内正喜氏にバトンタッチするという。私はドラマを最近ほとんどみていない。時代は変わった。もともと男性はドラマがあまり好きじゃないし、今の学生や若い人たちは本当にみない。だから私もフジテレビはもう、ドラマにこだわる必要はないんじゃかと思っていた。...
0

女性の妊娠・出産 やりすぎの啓発活動が生んだ『生殖ハラスメント』という副作用 後編

●「なるべく早く妊娠した方がいい、出産した方がいい」という啓発ばかりをやりすぎ!(※ 不妊の原因は男性側にもありますが、今回のテーマは「女性の妊娠・出産」なので、女性への啓発活動について書いています)そんな私でも、メッシーに掲載されている研究者の意見には賛成だ。私も今までずっと言いたかった一言がある。「なるべく早く妊娠した方がいい、出産した方がいい」という啓発ばかりをやりすぎ!!例えば、田中准教授が...
0

女性の妊娠・出産 やりすぎの啓発活動が生んだ『生殖ハラスメント』という副作用 前編

●サイゾー系『メッシー』に批判される周産期医療の『啓発活動』…messy (メッシー)という情報サイトを知っていますか?◇  ◇  ◇messyとは美しく、しとやかに、女性らしく……社会で求められる一面的な「理想のイイ女」像  そんなもんどうでもよくないですか?  嫌なものは嫌だ、と大きな声で言ってもいいんです。聖女なんてどこにもいない。 messyは、鼻ほじりながら華麗に反旗を翻し、自由奔放に振る舞う女のコを応援します。...
2

『医療ガバナンス学会』と子宮頸がんワクチンに関する2つの新聞記事についての話題 ヨミドクターが紹介した「先生」にまつわる疑惑 後編

●岩永直子氏は、がんの闘病生活をよくご存知なのに…読売新聞のヨミドクターの編集長だった岩永直子氏の姿勢に私がやりきれなさを感じたのは、お父様のがんの闘病生活をこのように綴っていたからだ。医療を扱う、ヨミドクターの編集長という立場から考えて、民間療法の怖さを知らないはずはないだろう。 【コーディネーターを務めるヨミドクター編集長・岩永直子より】 読売新聞私たちは、それまで、よく死について語り合う家族で...
2

『医療ガバナンス学会』と子宮頸がんワクチンに関する2つの新聞記事についての話題 ヨミドクターが紹介した「先生」にまつわる疑惑 前編

●ヨミドクターの子宮頸がんワクチン特集が紹介した「先生」…今日発売の文春に読者の読売新聞への怒りが掲載されている。。 読売「内部文書」スッパ抜き! 週刊文春デジタル 2017-06-22 05:00加計学園を巡る問題で安倍政権と並んで、国民の信頼を失ったのが、読売新聞ではなかったか。小誌が入手した社内の文書。そこには、読者からの怒りの声が列挙されていた。遂に現役記者たちが重い口を開き、「前次官出会い系バー通い」報道...
4

『医療ガバナンス学会』と子宮頸がんワクチンに関する2つの新聞記事についての話題 (読売新聞編)

●発端となったのは、読売新聞ヨミドクターが掲載した 「【子宮頸がんワクチン特集】打った後の体調不良に苦しんだ立場から」もう1つ話題になっているのは昨年、読売新聞のヨミドクターが掲載した記事だ。こちらも『医療ガバナンス学会』との関係が取り沙汰されている。以前、このことについてブログに書いた時には、ぼんやりしたことしか書けなかったため、「あなたはバカじゃないの」などというコメントをいただいた。ネットに...
2

『医療ガバナンス学会』と子宮頸がんワクチンに関する2つの新聞記事についての話題 (産経新聞編)

●大手新聞が一面で伝えるニュースなのか?先日、村中璃子氏の裁判を傍聴した時に不思議な話を耳にした。いつも熱心に傍聴していらっしゃるジャーナリストの方が、被害者連絡会の方に話しかけていたのが偶然聞こえたのだ。どうやら数日前、産経新聞の一面を飾った『子宮頸がん、ウイルス感染リスク、導入前水準に ワクチン接種勧奨中止から4年』という記事に関してのようだ。子宮頸がん、ウイルス感染リスク、導入前水準に ワク...
2

超低出生体重児の長期予後を決めるもの 親の経済力や学歴は関係しないのか

●子どもが健やかに育つには何が必要か国立成育医療研究センターのチームがまとめた「乳幼児死亡率」の調査結果がYahoo!ニュースに掲載された。◇  ◇  ◇乳幼児死亡率、地域差が拡大=背景に貧困か―成育医療センター 6/19(月) 4:18配信 Yahoo!ニュース◇5歳未満の乳幼児が死亡する確率を都道府県ごとに調べたところ、2000年代に入って地域間の格差が拡大しているとの分析結果を国立成育医療研究センターのチームがまとめた。医療...
3

村中璃子氏の裁判を傍聴して 鍵を握るA氏の証言 『音声反訳』はなぜすぐ出てこなかった?

●強気な態度はどこへ? 作り込まれたコントのような裁判先日13日、昨年から傍聴を続けていた村中璃子氏の裁判を傍聴するために、東京地裁に出かけた。池田修一氏が、Wedgeと大江・村中両氏を提訴 裁判がいよいよはじまる 私が村中氏の記事に興味を持ったのは、上記の記事に書いた通り。村中氏の書いた記事の内容が、会員制情報誌『選択』、2011年2月号に掲載された「医療を亡ぼす薬害訴訟の『濫発』 得をするのは弁護士のみ」...
My profile

Author : サクラ47

2002年に手のひらにのるほど小さな男の子を出産しました。それから11年。医療と教育がもっと連携できないか試行錯誤してきました。コマーシャリズムとどう付き合うか悩み、一時挫折。もう一度がんばってみようと思うようになり、ブログをはじめました。

プロフィール

Author:サクラ47
2002年に手のひらにのるほど小さな男の子を出産しました。それから11年。医療と教育がもっと連携できないか試行錯誤してきました。コマーシャリズムとどう付き合うか悩み、一時挫折。もう一度がんばってみようと思うようになり、ブログをはじめました。

全記事表示リンク

検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: