FC2ブログ

天国に届くといいなぁ 

自分のすむまちでおきた給食アレルギー死亡事故 できることはないか考えています

0

『ハンセン病患者の家族も被害、国に賠償命令 熊本地裁』というニュースと成育の『須坂モデル』

●熊本地裁が、国に損害賠償の支払いを命じる先ほど、速報が入ってきた。元ハンセン病患者の家族が、隔離政策を行った国に損害賠償と謝罪を求めた集団訴訟の判決が下りたのだ。熊本地裁は、国に損害賠償の支払いを命じた!元ハンセン病患者家族への賠償を国に命じる 熊本地裁過去に #アベプラ では70年もの間、差別や偏見と闘ってきたハンセン病回復者の半生を取材政府黙認の「断種手術」や強制隔離などその壮絶な歴史を語っていた...
0

『NHKから国民を守る党』の 立花孝志党首からもディスられる、『音喜多駿【おときたしゅん】』候補

●『NHKから国民を守る党』が大躍進の話題で盛り上がる!最近、家に遊びにきた人や、地方都市に住んでいる人たちに『NHKから国民を守る党』が大躍進の話をすると、とても盛り上がる!半年前までは、「まぁ、この家には、大学の先生をやっている人がいるんだから、払ったほうがいいと思いますよ」な〜んて言っていた友人が、コロッと変わって、「そういえば、昔、ボクも、官舎の隣の人も、パラボナアンテナを部屋の中にこっそ...
0

「『新出生前診断』拡大見送り 国が待ったをかける」 日本産科婦人科学会は先に進む前に、過去と向き合うべき

●『強制不妊手術』 5月28日に、仙台地裁で「違憲」という判決が下りたばかり何かと反発が多かった、日本産科婦人科学会が進めようとしていた「『新出生前診断』拡大」が、国に待ったをかけられたそうだ。クローズアップ:新出生前診断、拡大見送り 国の介入、日産婦誤算 - 毎日新聞 https://t.co/z76IwMveQR— 須田桃子/Momoko Suda (@MomokoSuda) 2019年6月24日 妊婦の血液から胎児の染色体異常を推定する新型出生前診断...
0

毎日新聞 「『須坂モデル』に注目 妊娠中から切れ目ない支援 産後うつ予防に効果」という記事 記者は独自に取材したの?

※ 2019.8 アクセスが多いので、続きを書きました↓成育が開発した『須坂モデル』に決定的に足りないこと いつまで『性善説』を続けるの? 前編成育が開発した『須坂モデル』と『医療保護入院の闇』 「精神疾患だからと相手にされず」の怖さ超低出生体重児と虐待  もしもお父さんが怖い人だったら 出典 『女児が1人で家の外...度々目撃 暴行死亡事件』 2019年9月3日 FNN鹿児島・出水市(いずみし)で、同居する母親の交際相...
0

超低出生体重児の思春期の成長 子どもの成長を促すのは『親』から『友達』へ

●私が嫌で嫌でたまらなかったこと 何かができないと原因を突き止めることなく、「小さく生まれた」ことと関連づけられること息子は秋から短期の留学に行くことが正式に決定した。先日、高校で留学説明会が行われた。高校の留学といったって、どうせ半分遊びなのかと思っていたけれど、そうじゃないようだ。厳しい決まりがいくつもあって、内心ビックリした。息子は高校に入学して、初めて親友ができた。その友達は、中学時代不登...
0

田中ゆうたろう議員のブログを読んで 私たちの血税の使われ方 グラビアアイドルを輝かせるなら、殺人犯となったお母さんを、スタバに行かせてあげたらいいのに!

●多胎児や未熟児を育てる親は、虐待に走りやすいとわかっていたのに先日、ブログで紹介したように三つ子の虐待死事件で、外部に設置された検証委員会が、事件の経緯などを調査し、報告書にまとめた。私はこのニュースにとても失望した。多胎児や超低出生体重児(未熟児)、障害や病気を抱えた子どもは、育てるのが難しいから虐待されやすい、とこれまで散々指摘されてきたからだ。実際、このブログには『超低出生体重児と虐待』と...
0

大阪府吹田市の拳銃強奪事件 逮捕された飯森裕次郎容疑者は『精神障害者』? 謝罪よりも必要なこと

●逮捕された飯森容疑者 「私のやったことではない。病気がひどくなったせい、周りの人がひどくなったせい」今週日曜日、16日午前5時すぎ、大阪府吹田市、拳銃強奪事件が起きた。警察で勤務していた警察官が刺され拳銃を奪われたのだ。【報ステ】山中で33歳男逮捕 大阪・拳銃強奪(19/06/17)大阪府吹田市の千里山交番で16日、警察官が胸などを包丁で刺され、実弾5発が入った拳銃が奪われた事件で、警察は17日朝、現場から8キロほど...
0

【三つ子の1人死亡「支援不足」】というニュースと成育が開発した『須坂モデル』

●ずっと前から、わかっていたことじゃないのか?愛知県豊田市で、三つ子の1人が虐待死した事件の続報が入ってきた。第三者による検証が行われ「支援が不足していた」という報告がまとめられたそうだ。【三つ子の1人死亡「支援不足」】https://t.co/y8v2480NsC愛知県豊田市で、三つ子の1人が虐待死した事件を受けて、豊田市の検証委が報告をまとめた。報告書は妊娠から事件までを四つの段階に分けて問題点を検証、「支援が不足して...
0

『パリ人肉事件』の犯人、佐川一政氏は超低出生体重児? 『カニバ/パリ人肉事件38年目の真実』が突きつけるもの 後編

●医療支援ではなく、教育支援をネットで検索をすれば、佐川一政氏の幼い頃の写真が出てくる。どの写真も小柄で痩せている。小さい頃は、息子も同じように華奢だった。でも、その後が全く違う。今、ネットには、「(超低出生体重児の予後について)ネガティブな情報には惑わされないようにしましょう」なんて書いてあるけれど、私は違うと思う。「見たくないものは見ない」ということは女性にありがちだ。でも私は、まだハッキリし...
0

『パリ人肉事件』の犯人、佐川一政氏は超低出生体重児? 『カニバ/パリ人肉事件38年目の真実』が突きつけるもの 前編

●70年前に、未熟児として生まれた佐川一政氏 小さく生まれたために病弱で家に籠りがちだった1981年のちょうど今頃、社会を震撼させた『パリ人肉事件』を知ってますか?今年7月、この事件を追ったドキュメンター映画、『カニバ/パリ人肉事件38年目の真実』が上映されるそうだ。その宣伝がネットで配信されている。パリ人肉事件 ウキペディア1981年6月11日、フランスの首都、パリに留学していた日本人留学生佐川一政(当時32歳)...
My profile

Author : サクラ47

2002年に手のひらにのるほど小さな男の子を出産しました。それから11年。医療と教育がもっと連携できないか試行錯誤してきました。コマーシャリズムとどう付き合うか悩み、一時挫折。もう一度がんばってみようと思うようになり、ブログをはじめました。

プロフィール

Author:サクラ47
2002年に手のひらにのるほど小さな男の子を出産しました。それから11年。医療と教育がもっと連携できないか試行錯誤してきました。コマーシャリズムとどう付き合うか悩み、一時挫折。もう一度がんばってみようと思うようになり、ブログをはじめました。

全記事表示リンク

検索フォーム

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: