FC2ブログ

天国に届くといいなぁ 

自分のすむまちでおきた給食アレルギー死亡事故 できることはないか考えています

0

とうとう『ナビタスクリニックグループ』として週刊誌に取り上げられる巻  テレビに出まくるコメンテーターは信用できるの?

●テレビに出まくるコメンテーターは信用できるか? 専門医は資格を持っているの?今日、発売の『FLASH』が、上昌広医師をはじめ、久住英二医師、濱木珠恵医師を取り上げているそうだ。それも『ナビタスクリニックグループ』として。本日発売「FLASH」。お求めはコンビニ、書店で。 #モーニングショー 記事本文の「岡田晴恵評」が秀逸。図表の「ナビタスクリニックグループ」ってのも笑った。 pic.twitter.com/BrLD0Ka2t6— ...
0

『コロナへの危機感をもっと持って欲しいです』さんの壮絶な経験を広めてください

●テレビに出て、いい加減なことを言った『専門家』に責任はないの?突然すみません。Twitterを使うのは初めてですがこの話を皆さんに聞いてもらいたいのでアカウントを作りました。どうか、聞いてください。広めてください。お願いします。コロナウイルスについてです。結論から言いますと家族をコロナウイルスで失いました。私含め5人がコロナに感染しました— コロナへの危機感をもっと持って欲しいです (@eH4cDkU7PjLi022)...
0

日本のこれから 日本は封じ込めに成功しているの?

●日本は封じ込めに成功している?これまで日本は感染者と死亡者が他の国に比べ、圧倒的に少なかったため、「日本は封じ込めに成功している」 「日本の医療水準は高いから、死亡者が少ない」という書き込みが、ネットであちこちに見られた。でも、封じ込めに成功したなんて、まだそんなことは言えはず。先週の半ばから、山中伸弥医師をはじめ、本物の専門家や現場の医師が警鐘を鳴らしはじめていた。山中伸弥が、終息まで最低でも1...
0

志村けんさん、天国へ

新型コロナウイルスに感染し、都内の病院に入院していた志村けんさんが、昨日の夜、お亡くなりになったそうです。ご冥福をお祈りいたします。【速報 JUST IN 】コメディアンの志村けんさん死去 新型コロナ感染で肺炎発症 #nhk_news https://t.co/SkK4h89YvD— NHKニュース (@nhk_news) March 30, 2020 【志村けんさん死去 持病なし】https://t.co/SnWxxH6AaW志村けんさんがコロナウイルスによる肺炎のため亡くなったことが30...
0

森友事件で自ら命を絶った赤木俊夫さん 妻が再調査を求めネット署名を開始 NHKは信用できるのか?

●完売で読めないという声に応え、記事をネットで全文公開「週刊文春」3月26日号に掲載された森友問題で自殺した財務省職員赤木俊夫さんの記事が大きな反響を呼んでいる。「すべて佐川局長の指示です」――森友問題で自殺した財務省職員が遺した改ざんの経緯【森友スクープ全文公開#1】 | スクープ速報 #森友事件 #相沢冬樹 #週刊文春 https://t.co/lCE0BKUgzW— 週刊文春 (@shukan_bunshun) March 25, 2020 文春は、発売前日か...
0

超低出生体重児を感染症から守る方法  『ビフィズス菌』の投与と『プロバイオティクスヨーグルト』

●24日、オリンピックの延期がようやく決定3月24日、オリンピックの延期が決まった。【五輪延期がついに決定 課題は】https://t.co/xSAy415fAS安倍首相と国際オリンピック委員会のバッハ会長が電話会談を行い、東京五輪を1年程度延期する方針で一致した。東京五輪は1年で再準備という、かつてないミッションを課されることになった。— Yahoo!ニュース (@YahooNewsTopics) March 24, 2020 すると、予想通りというか案の定、東...
0

超低出生体重児の就学問題  【障害者 高卒後の進学選びたい】もしも特別支援学級に行っていたら

ヤフーニュースに、特別支援学校の高等部を卒業すると、進学できない、というニュースが掲載されていた。【障害者 高卒後の進学選びたい】https://t.co/T2TbQJqxR2一般的な高校を卒業した人と特別支援学校の高等部を卒業した障がい者の進学率には約27倍の差がある。高等部を卒業した障がい者の9割は「就職」か「社会福祉施設などに入所・通所」。この差はなぜ生まれるのか。— Yahoo!ニュース (@YahooNewsTopics) March 24, 2020 待...
0

アイングループの戦略が裏目に スポンサーがつけば、感染症の『専門家』になれるのか?

●スポンサーがつけば、感染症の『専門家』になれるのか?『医療ガバナンス研究所』と『ナビタスクリニック』に所属する、上昌広医師をはじめ、久住英二医師、濱木珠恵医師、山本佳奈医師の皆さんが、ワイドショーや報道番組に連日出演。【医療ガバナンス研究所】メディアに多数出演する「専門家」と名乗る医師(主に上昌広、久住英二、山本佳奈)たちとは?【電話相談5分3000円】でも、本当の『感染症』の専門家ではないから批判が...
0

『重度障害児の地元小通学認めず - 川崎の8歳、横浜地裁』 『インクルーシブ教育』よりも重要なこと

●感染症の脅威にさらされるかもしれない、ということは考えなくていいの?連日コロナウイルスのニュース一色だけれど、今週3月18日、この騒動がなければ間違いなく、もっと大きく報道されていたであろう裁判のニュースがあった。重度障害児の地元小通学認めず - 川崎の8歳、横浜地裁https://t.co/Tozr5EgXnr— 共同通信公式 (@kyodo_official) March 18, 2020 重度障害のために、人工呼吸器をつけている8歳の男の子が、神奈...
0

新型コロナ騒動でテレビが重用する専門家がやってきたこと 村中璃子さんと上昌広医師  後編

●不確実な情報が短期間であっと言う間に拡散される恐怖 名誉毀損で争うにも、証拠を集めるだけで時間がかかるだから仲田医師が指摘するように、村中さんの『不正』だと決めつけるやり方は、上医師がこれまでやってきた『不正』の追求とそっくりだと思う。そして、このやりかたは、#上昌広 さんが当時の内科学会理事長の門脇先生の研究不正をぶち上げた時とそっくりです。https://t.co/v4RYB5IXUP— 仲田洋美 がんと遺伝子...
My profile

Author : サクラ47

2002年に手のひらにのるほど小さな男の子を出産しました。それから11年。医療と教育がもっと連携できないか試行錯誤してきました。コマーシャリズムとどう付き合うか悩み、一時挫折。もう一度がんばってみようと思うようになり、ブログをはじめました。

プロフィール

Author:サクラ47
2002年に手のひらにのるほど小さな男の子を出産しました。それから11年。医療と教育がもっと連携できないか試行錯誤してきました。コマーシャリズムとどう付き合うか悩み、一時挫折。もう一度がんばってみようと思うようになり、ブログをはじめました。

全記事表示リンク

検索フォーム

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: