FC2ブログ

天国に届くといいなぁ 

自分のすむまちでおきた給食アレルギー死亡事故 できることはないか考えています

0

産業医科大学病院の精神科医、齋藤恒祐容疑者 12月24日に児童福祉法違反の罪で起訴されていた

今月の3日に、患者の女子中学生に、わいせつな行為をしたとして逮捕された児童精神科医の齋藤恒祐容疑者ですが、患者の女子中学生に“淫行”で逮捕された齋藤恒祐医師は、児童精神科医で『日本子ども虐待防止学会』会員?逮捕された齋藤恒祐医師と串田誠一議員の国会質問実子への強姦事件、父親に逆転有罪判決! 奥山眞紀子医師の『日本子ども虐待防止学会』はなぜ沈黙するのか?※追記2021.2 アクセスが多いので続きの記事のご案...
0

超低出生体重児(超未熟児)のママ、今井メロさんの決断を絶賛する記事への違和感

●誰も触れようとしない問題 親以外のどこの誰が、高度なケアが必要な超低出生体重児(超未熟児)を育てるのか?私がこのブログをはじめた理由は、18年前に、超低出生体重児(超未熟児)を産んで、日本の育児支援や虐待防止対策に疑問を持ったことがきっかけでした。超低出生体重児(超未熟児)の虐待事件について、長いこと書いてきたので、先日書いた、今井メロさんの記事へのアクセスが爆発的に増えました。今井メロさんの『...
0

【虐待冤罪】奧山眞紀子医師と『日本子ども虐待防止学会』が読むべきインタビュー 「異色の弁護士記者に聞く」(柳原三佳)

●『日本子ども虐待防止学会』のご都合主義 無実の人を犯罪者にしても仕方がないというのに、齋藤恒祐医師が児童福祉法違反の疑いで逮捕された件には沈黙今月3日、『日本子ども虐待防止学会』会員、児童精神科医の齋藤恒祐医師が児童福祉法違反の疑いで逮捕されました。ところが『日本子ども虐待防止学会』は、すでに20日以上が経過しているというのに、公式サイトに何らコメントを出していません。患者の女子中学生に“淫行”で逮...
0

超低出生体重児と虐待 ジャンク・サイエンスを広めたのは『国立成育医療研究センター』と奥山眞紀子医師?

●原因を取り除こうとしない虐待防止対策 超低出生体重児(超未熟児)が虐待されやすいのは、正しい情報が少ないからなのに私は18年前に、日本のナショナルセンター、国立成育医療研究センターで超低出生体重児(超未熟児)を出産しました。成育はちょどその年に新規設立されたばかり。そのため息子は成育で産まれた一番目の24週生まれの超未熟児なんです。ただ私は当時からずっと不思議に思ってきたことがあります。それは、超低出生...
0

実子への強姦事件、父親に逆転有罪判決! 奥山眞紀子医師の『日本子ども虐待防止学会』はなぜ沈黙するのか?

●『フラワーデモ』が逆転判決へと導いた昨日、東京高裁で娘に性暴力を行った父親に、逆転有罪の判決が下されました。娘に性暴力で父親に逆転有罪 被害証言に高い信用性 東京高裁 #nhk_news https://t.co/AbGkjBDkeZ— NHKニュース (@nhk_news) December 21, 2020 娘に性暴力で父親に逆転有罪 被害証言に高い信用性 東京高裁 2020年12月21日 NHK静岡県で父親が長女に性的暴行をした罪に問われ、1審で無罪が言い渡された事件...
0

『アレルギー死亡事故』から8年 ようやく『35人学級』実現へ

●子どもの不登校や自殺を防ぐのに必要なのはスクールカウンセラーよりも、少人数学級や習熟度別教育なのでは?今日、12月20日(事故発生は、2012(平成24)年12月20日木)はブログの副題につけた、アレルギー死亡事故が起きた日です。今年は新型コロナウイルスが流行し、公立学校が長い間休校になるなど学校現場は混乱しました。ただし悪いことばかりではありません。なかなか進まなかったオンライン授業が一気に進むなど、改革が...
0

🎉公立小の全学年「35人学級」に! 超低出生体重児の未来を変えたのは教育効果

●いじめや不登校は、みんな子どもの心の問題なのか? 私はスクールカウンセラーよりも少人数学級!連日新型コロナウイルスの拡大のニュースが続いていますが良いニュースが一つ、ありました。公立小学校の1クラスの人数が、40年ぶりに見直され、35人になるそうです。公立小の全学年「35人学級」に…40人から引き下げ、21年度から5年間で移行https://t.co/rbARx4f805#教育— 読売新聞 教育 (@YOL_kyoiku) December 16, ...
0

国立成育医療研究センターの業績に、奥山眞紀子医師と山田不二子医師と溝口史剛医師のコラボ研究を発見!

●反省する気持ちが全く感じられない、小児科学会の『新たな見解』の不思議『SBS(揺さぶられっ子症候群)』事件で、虐待を疑われた被告人に対する無罪判決が相次いでいる、いわゆる『虐待冤罪問題』。今年多くのメディアが取り上げ、大きな社会問題となりました。もうすぐはじまる、大学入試で、この『虐待冤罪』が、看護系など医薬系の学部の小論文で取り上げられるだろうと予想されています。それだけ社会で注目を集めているのに...
0

超低出生体重児の長期予後 『奈良県医師宅放火殺人』の草薙厚子さんが、『生殖補助医療と先天異常』に関心を持つ理由

●草薙厚子さんといえば、『奈良県医師宅放火殺人』を取材した『僕はパパを殺すことに決めた 奈良エリート少年自宅放火事件の真実』昨日ブログに書いた東洋経済に掲載された、『先天異常と顕微授精との間に因果関係がないとは言い切れない』という特集記事。【不妊治療の保険適用で浮かび上がる「根本問題」】 日本の不妊治療にはまだまだ課題がある#東洋経済オンラインhttps://t.co/WNaTlUagIM— 東洋経済オンライン (@Toyokeiz...
0

超低出生体重児の長期予後 東洋経済『先天異常と顕微授精との間に因果関係がないとは言い切れない』

●不妊治療が、保険適用されてこなかった理由を考えなくていいのか?菅内閣が、少子化対策の柱として『不妊治療の保険適用』を掲げています。でも、私の周りでは不安視する声の方が圧倒的に多いんです。「本当に出生率が上がるのか?」「職場でシングルの人たちに負担がかかるんじゃないか?」「金銭的な負担が軽くなる分、治療を止められなくなってかえって大変かも」などの理由もあるのですが、それよりも「不妊治療は本当に安全...
My profile

Author : サクラ47

2002年に手のひらにのるほど小さな男の子を出産しました。それから11年。医療と教育がもっと連携できないか試行錯誤してきました。コマーシャリズムとどう付き合うか悩み、一時挫折。もう一度がんばってみようと思うようになり、ブログをはじめました。

プロフィール

Author:サクラ47
2002年に手のひらにのるほど小さな男の子を出産しました。それから11年。医療と教育がもっと連携できないか試行錯誤してきました。コマーシャリズムとどう付き合うか悩み、一時挫折。もう一度がんばってみようと思うようになり、ブログをはじめました。

全記事表示リンク

検索フォーム

カレンダー

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: